FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

中総、額田を駆ける

来月9日 来年開催のWRCテストイベント

岡崎市をはじめとする愛知、岐阜両県の8市町で自動車レースの世界選手権「WRC日本ラウンド」(ラリージャパン)が来年11月19〜22日の予定で開催されることがこのほど決まった。これに伴い、今年11月7〜10日にテストイベント「セントラルラリー愛知・岐阜2019」が実施される。岡崎市では9日、岡崎中央総合公園で「おかざきクルまつり」が開かれる。()

テストイベントでは、コース候補地の安全性やスタッフの運営状況などが確認される。9、10日には8市町にまたがる約700キロのコースを最大90台が駆け抜ける。コースは走行タイムを計測する区間「スペシャルステージ」(SS)と、移動区間「リエゾン」で構成。岡崎市内では、中総(1.5キロ)、額田地区(13.58キロ)がSSに選ばれている。

9日には岡崎市の2カ所と豊田市の三河湖(14.95キロ)の3カ所を含むコースで走行。長久手市の愛・地球博記念公園を出発後、新東名高速道路などで岡崎入りし、額田、三河湖、中総の順に巡ってタイム計測する。いったん愛・地球博記念公園に戻った後、午後から東名高速道路で岡崎へ移動し、中総、額田、三河湖の順に巡る。

「おかざきクルまつり」(午前10時〜午後3時30分、雨天決行)では多目的広場や総合体育館周辺でSSを観戦できる。出走予定時間は1走目が午前10時44分、2走目が午後1時35分。車好きで知られるフリーアナウンサーの安東弘樹さんの生実況もある。ほかにも、トヨタ・ガズーレーシングのトミ・マキネン監督のトークショー、安東さんと岡崎出身のタレント橘香恋さんのトークショーなどが予定されている。

入場無料。三菱自動車岡崎製作所(橋目町)、アイシン・エィ・ダブリュ岡崎工場(岡町)、花園工業団地(真福寺町)の4工場の駐車場を開放し、無料シャトルバスを運行。シャトルバス来場者先着3000人にSS特別観戦エリア入場券を兼ねたハンカチがプレゼントされる。

ページ最初へ