FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

各地の踊りで盛り上げ

26日から 岡崎城下家康公夏まつり

岡崎城下家康公夏まつり」が7月26日から8月4日までの10日間、岡崎市内の11会場で開かれる。今回は「郡上おどり」(岐阜県郡上市)、「越中おわら」(富山市)、「阿波おどり」(徳島市)の踊り手らを招き、「岡崎泰平おどり」とともに令和最初のまつりを盛り上げる。()

日程と会場は、

郡上おどりは31日午後7時からイオンモールで、越中おわらは1日午後5時から岡崎公園多目的広場、6時45分から天守閣前で、阿波おどりは2日午後5時15分から伝馬通りと康生通りでそれぞれ披露される。イオンモールと天守閣前では、生演奏の「岡崎泰平おどり」もある。

八丁味噌の醸造桶の底板で造られた「味噌六太鼓」の担ぎ上げは、わんParkで28日午後1時30分と籠田公園・伝馬通りで2日午後8時の2回実施。2日には五万石みこしや長持ち練り込みもある。

3日は花火大会のパブリックビューイングが実施される。岡崎公園多目的広場のほか、中央総合公園が会場に加わる。これに合わせて子ども野球教室、サッカー教室(共に事前申し込みが必要)、玩具花火体験会などもある。

一部関連イベントは、同まつりホームページでの申し込みが必要。問い合わせは、岡崎市観光協会内の実行委員会(64―1637)へ。

ページ最初へ