FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

快適で安全な夏に

作業服のハチスカ 空調服のファッションショー

作業服販売業のハチスカ(岡崎市葵町、蜂須賀大社長)は24日、同社で空調服のファッションショーを開いた。熱中症対策として作業現場だけでなくアウトドアを楽しむ一般向けにも「快適で安全な夏」の過ごし方を提案している。()

ショーには市内の業者5社が参加。ファン(小型扇風機)付きの作業着は15年ほど前に開発された。高密度で空気漏れの少ない生地の服の中に、ファンで取り込まれた空気が服と体の間を流れることで汗を瞬時に蒸発させ、適切な冷却ができる。作業現場では既に取り入れられているが、猛暑の昨年は、グラウンドゴルフやウオーキングを行う人の購入も増えたという。

ショーではフルハーネス対応型や製造業向けの制電型、可動域重視の半そで・ハーフパンツ型、屋外運動向きの一般型の4種を披露した。連続使用可能時間は7〜8時間、バッテリーとファン、穴開きウエアのセットで約1万3,000円から。

試着した自動車部品製造業の男性(48)は「服の膨らみは少し気になるが、服の中は涼しくて快適」、蜂須賀社長は「さまざまなデザインがある。猛暑による事故が減る一助になれば」と話した。ショーは6、7月にも行う。問い合わせは、同社(21―0166)へ。

ページ最初へ