FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

幸田中体育館・町中央公民館 竣工式

文化活動や生涯学習の拠点に

 老朽化に伴い、昨年3月下旬から改築工事が行われてきた幸田町菱池の幸田中学校体育館・町中央公民館の竣工式が3日、同館であった。式には近藤徳光町長や大須賀好夫町議長をはじめ、町議ら約80人が出席した。
 体育館で神事が行われ、公民館の玄関前で近藤町長らがテープカットした。この後の竣工式で町長は「昭和43(1968)年に建造された旧館は、町が大きく発展する時期に社会教育の拠点として建設された。新たな体育館は体育の増進や文化活動に、公民館は生涯学習の拠点として町民らに活用してほしい」と述べた。
 同館は1階が公民館、2、3階が幸田中の体育館となっている。鉄筋コンクリート3階建てで、延べ床面積は約3,543平方メートル。総工費は7億2,500万円。
 体育館と公民館の主な施設は次の通り。
▽体育館=アリーナ、ステージ、クラブ室、教官室、放送室、多目的トイレなど
▽公民館=ホール、講座室、会議室、研修室、相談室、事務室、託児室、防音室、ギャラリー、多目的トイレなど

ページ最初へ