FMおかざき

番組へのおたより・リクエストはこちら 763@fmokazaki.jp その他 局へのお問い合わせはこちら info@fmokazaki.jp

東海愛知新聞

岡崎で28日

希望を与えるモノづくり

加藤さんが体験まじえ講演

 岡崎市牧平町の工房「自助具の館」で、体が不自由な人の自助具を作っている加藤源重さん(71)が28日午後1時から、同市中町の長誉館で「希望を与えるモノづくり」と題して講演する。
 加藤さんは平成3年、利き手の右手を点検中の反毛機械に巻き込まれ、親指の付け根だけを残して五指を失った。義肢会社に自助具の製作を断られたため、自ら発明・工夫を重ねて自助具を作った。欠損した指の代わりとなる「万能ホルダー」とアタッチメントをはじめ、「片手用洗濯ばさみ」「くるくるフォーク」など、その数は改良品を含め60種類以上。
 12年1月、技術ボランティアグループ「福祉工房あいち」を立ち上げ、愛・地球博瀬戸会場に「希望を与えるモノづくり」のプロジェクト名で出展。加藤さんは講演し、自助具の説明をした。
 「手の不自由な方が『ほかの人に手助けをしてもらわずに食事をしたい』と相談に来られた。工夫して道具を作ったら『食事がこんなに楽しいものだとは』と涙ながらにおっしゃった」「障害を持つ人が自分を用具に合わせるのではなく、用具を自分に合わせる。私はそれを作るのです」
 だから「不自由な数だけ自助具が要る」と万博前に語っていた。講演会では、加藤さんが15年の道のりを話す。

 主催は長誉館・志葉会。当日は午前11時から加藤さんを紹介するビデオを見る。昼食後に講演会。参加費は午前からが昼食代を含み一般2,000円、学生1,000円。講演会のみは一般1,500円、学生500円。準備のため、参加希望者は23日までに志葉会主宰の辻本桂子さん(0564―32―1053)へ。

ページ最初へ