FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA


COMMUNITY

グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.205】
  バックナンバーはこちら
 http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/backnumberlist.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2008/11/19■☆★☆★☆★
中部経済産業局では、新規事業に関する支援団体や行政の施策、イベント情報を
月2回配信しています。詳細情報は、項目ごとに記載した問合先にお尋ねくださ
い。 
本メールマガジンの配信先追加・変更、配信停止を希望される方は、メール巻末を
ご覧ください。
====≪トピックス≫===========================================================
●施策情報【新着情報】
---------------------
1.☆新たな経済対策「生活対策」における中小企業対策のご案内☆
                              《中部経済産業局》
 
2.「あいちベンチャーハウス 平成21年1月期 入居者募集」のご案内
                                  《愛知県》

3.起業の夢、一緒に実現させよう!
 「岐阜市創業支援ルーム」の入居者募集について           《岐阜市》

●イベント情報【新着情報】
-------------------------
1.地域イノベーションパートナーシップ全国大会について(案内)
                                《経済産業省》

2.私立大学連携による研究シーズ発表会
                 《中部経済産業局、中部研究支援実務者連絡会》


3.中部知財フォーラム2008in北陸 事前申込好評受付中!!
  〜 ブランドを創る、攻める、守る 〜
                  《中部経済産業局(中部知的財産戦略本部)》


4.東海・北陸 コミュニティビジネス推進協議会
  キックオフフォーラムのご案内
         《中部経済産業局、東海・北陸コミュニティビジネス推進協議会》


5.農林水産分野のIT活用説明会の開催について(案内)
                                《東海農政局》


6.「ビジット・グレーター・ナゴヤ キャンペーンシンポジウム」を開催!
  外国人観光客を魅了する秘策をお教えします!〜参加無料〜
          《グレーター・ナゴヤ・イニシアティブセンター(GNIC)》


7.創業ビジネスプラン発表会          《財団法人あいち産業振興機構》


8.「第1回 プラズマ技術産業応用センター(PLACIA) &
  プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)国際シンポジウム」の開催   
  《財団法人名古屋都市産業振興公社、プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)》


●施策情報【再掲】
-----------------
1.「ソーシャルビジネス/コミュニティビジネス先進事例」の募集 《経済産業省》

2.「あいちベンチャーハウス」の運営団体を募集します!       《愛知県》


●イベント情報【再掲】
---------------------
1.新事業チャレンジセミナー(航空・宇宙分野)のご案内
                        《財団法人あいち産業振興機構》

2.新経済成長戦略 2008 改訂版」説明講演会の開催について
  日本経済の将来と今後の経済産業政策が見える!
  〜資源高時代に対応した新成長ビジョン〜         《中部経済産業局》


3.私立大学連携による研究シーズ発表会           《中部経済産業局》

4.☆「IPOサポートセミナー2008in名古屋」開催のお知らせ☆
                《独立行政法人中小企業基盤整備機構 中部支部》

5.中部ものづくりシンポジウム2008
  〜ものづくりの世界で生き残るために〜
                《独立行政法人中小企業基盤整備機構 中部支部》

6.「ニュービジネスシンポジウム名古屋2008」
 未来人の創り方
  〜変わるか、変えられるか。未来の世代のため希望を持って!〜
                         《中部ニュービジネス協議会》

7.名古屋大学 医学・バイオ系特許フェア 11月21日開催   《名古屋大学》

8.KUTLO−NITT国際シンポジウム開催のご案内
                         《金沢大学ティ・エル・オー》

9.多文化共生リソースセンター東海 presents
   連続セミナー 「多文化共生“最前線”2008!!」
                      《多文化共生リソースセンター東海》

=============================================================================
●施策情報【新着情報】
===========================
1.☆新たな経済対策「生活対策」における中小企業対策のご案内☆
                              《中部経済産業局》

 中小企業の皆さんへ
 中小・小規模企業を全力をあげて応援します!

 【資金繰り支援に万全を期します!】
 ○緊急保証の対象業種を、11月14日に73業種を追加し、全国の中小・小規
  模企業者260万企業をカバーする618業種に拡大しました。

 ・この緊急保証制度は、信用保証協会の100%保証です。責任共有制度の適用
  はありません。
 ・対象業種の方は、一般保証8千万円に加えて、別枠で8千万円(担保がある方
  は、一般保証2億円に加えて、別枠で2億円)までの保証を利用できます。

 ※緊急保証制度の対象業種追加については、中小企業庁ホームページ
 (http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081107kinkyuuHoshouSeido.htm)
 でご確認いただけます。

 ※緊急保証制度の内容については、
 (http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081029kikyu_hosho.htm)をご覧くだ
さい。

 ○セーフティネット貸付は、業種を問わず利用可能です。この貸付の枠も3兆円
  から10兆円にまで3倍以上に拡大します。
 ・全業種の方が4億8千万円(中小企業の方)、4.8千万円(小規模企業の方)
  まで利用できます。
 ・特に業況の厳しい方に対する金利の引き下げも行う予定です。
 ・特別貸付は、(株)日本政策金融公庫や沖縄振興開発金融公庫に加え、(株)商工
  組合中央金庫でも行う予定です。

 ※セーフティーネット貸付・保証に関する窓口については、
 (http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_toiawase.htm)もご覧くだ
さい。

【中小・小規模企業への貸し渋り防止に全力で取り組みます!】
 ○中小・小規模企業の、将来における資金需要に応えることができる「予約保証制
  度」が、11月21日から利用可能になります。
 ※詳細は、(http:
//www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081107yoyakuHoshouSeido.htm)
  でご覧いただけます。

 ○金融機関がより柔軟に貸出条件の緩和に応じることができる環境整備のため、金
  融庁は、11月7日付で「金融検査マニュアル別冊〔中小企業融資編〕」等を改
  定しました。

 ※詳細は、金融庁ホームページ(http://www.fsa.go.jp/news/20/20081107-
1.html)
  でご覧いただけます。

 ○各地の経済産業局に「中小企業金融貸し渋り110番」を開設し、中小・小規模
  企業の皆さんからのご相談をうかがっています。

 ※窓口は、ホームページ
 (http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/081104kikyu_hosho.htm)をご覧くだ
さい。

 【お問い合わせ先】
 経済産業省 中部経済産業局 産業部中小企業課
 TEL:052-951-2748(直通)

    ------------------------------------------------------------

2.「あいちベンチャーハウス 平成21年1月期 入居者募集」のご案内
                                  《愛知県》

  愛知県では、IT産業の集積・発展を図ることを目的として、創業
 後5年未満のITベンチャー企業に対し、事業スペースを賃料無料(光
 熱水費等実費相当額のみ負担)で提供するとともに、インキュベーシ
 ョンマネージャー(IM)を中心とした多様なソフト支援サービスを
 行う「あいちベンチャーハウス」を運営しています。

  現在若干の空室がございますので、平成21年1月期募集として、
 平成21年1月〜3月の期間に「あいちベンチャーハウス」への入居
 を開始される方を募集します。

  通常の個別オフィスのほか、創業直後など、ひとりで事業を行って
 いる方を対象にしたブース形式のシェアードオフィス入居希望者も併
 せて募集します。
  挑戦意欲あふれる多くのITベンチャーのご応募をお待ちしており
 ます!

 ■募集期間:平成20年11月7日(金)〜12月10日(水)まで

 ■募集数:○個別オフィス(Sタイプ) 1室。
      ○シェアードオフィス 2ブース。

 ■応募手続き:「入居申込書、事業計画書等」を下記郵送先宛てに郵送
       もしくは持参して下さい。

 ■詳細:愛知県のWEBページをご覧下さい。
     http://www.pref.aichi.jp/0000012861.html
    「募集要項」「入居申込書」等をダウンロードできます。

 ■応募締切:12月10日(水)17時必着。

 ■郵送先:〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
      愛知県産業労働部 新産業課 次世代産業育成グループ
      ? 052-954-6370 (ダイヤルイン)

    ------------------------------------------------------------

3.起業の夢、一緒に実現させよう!
 「岐阜市創業支援ルーム」の入居者募集について           《岐阜市》

  岐阜市では、将来の岐阜市の経済を支える人材と企業を育てるため、市内
 創業や新たな事業展開を目指す人を応援するインキュベーション施設「創業
 支援ルーム」を開設し、インキュベーション・マネージャーによる継続的な
 育成指導を行なっています。
  このチャンスに入居して、夢実現に向けて、着実なステップアップをして
 みませんか。

【募集室数】 27?タイプ 3室

【入居時期】 平成21年4月予定

【募集期間】 平成21年2月20日(金)午後5時(必着)


【対象者】  次のいずれかの要件を満たす人

 1.創業の準備を行っている人または創業して3年を経過していない人で優れた
技術開発力を持つ人

 2.情報通信または繊維分野において先進的な研究開発に積極的に取り組む人

 3.新産業または分野に進出しようとする人

 4.本市の創業者を支援することのできる人

 5.大学と共同開発を行おうとする人

 *なお、市税の納付義務のある人は完納していること

【入居条件】
 原則3年以内

【賃料】
 ○家賃  1・2年目 16,200円(共益費を含む)
        3年目 29,700円(〃)

 ○電気・通信費・コピー代金は別途、実費

 ○保証金 100,000円(退去時、返還)

【付帯設備】
 エアコン・高速インターネット光回線

【入居決定】
 入居審査委員会で書類審査及び面接審査を行い、入居の資格
 があると判断された人の中から入居を承認します。

【所在地】
 岐阜市杉山町24−4(岐阜市役所本庁舎から徒歩3分)

【申込み・問合せ】
 岐阜市創業支援ルーム
 インキュベーション・マネージャー東山 ?265-2311
 ◎まずは、インキュベーション・マネージャーにご相談ください。
  申込書の作成指導や創業に関するアドバイスをします。

 http://www.city.gifu.lg.jp/

=============================================================================
●イベント情報【新着情報】
===========================
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。
 また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせください。
=============================================================================

1.地域イノベーションパートナーシップ全国大会について(案内)
                                《経済産業省》

  経済産業省では、地域の中小企業が、ITの利活用を通じて地域経済の
 担い手として自立的かつ持続的に発展するため、地域のITユーザーと地
 域のIT関連企業の連携強化を図る地域主導型の仕組みとして、「地域イ
 ノベーションパートナーシップ」構想を打ち出すことといたしました。
  そこで、以下のとおり、当該構想を全国展開するためのキックオフとし
 て、全国大会を開催いたします。

 ■日時:平成20年11月26日(水)15:00〜18:30
 
 ■場所:グランドプリンスホテル赤坂(千代田区紀尾井町1−2)
 
 <プログラム>

 15:00〜15:05 開会挨拶 経済産業大臣 二階 俊博

 15:05〜15:10 共催挨拶 全国中小企業団体中央会会長 佐伯 昭雄

 15:10〜15:20 趣旨説明 経済産業省商務情報政策局長 近藤 賢二

 15:20〜16:20 連携事例の紹介
        ?「東北ITクラスタ・イニシアティブ(TIC)の活動と今後の
展開」
          東北大学名誉教授 野口 正一

        ?「官公需適格組合認定の取得に係る困難とメリット」
          中部アイティ協同組合理事長 鈴木 裕紀

        ?「インターンシップを活用した人材確保連携」
          関西電子情報産業協同組合専務理事 青木 隆夫

        ?「IT経営応援隊を活用した地域ITベンダとユーザーの連携」
          IT経営研究所所長 河野 亘

        ?「組込みソフトの高度化を目指した地域連携と地域間連携の
期待」
          九州地域組込みシステム協議会幹事 芦原 秀一


 16:20〜16:40 関連支援施策の紹介
        ?経済産業省による支援策
          経済産業省商務情報政策局審議官 木村 雅昭

        ?独立行政法人中小企業基盤整備機構による支援策
          独立行政法人中小企業基盤整備機構理事 梶田 直揮

        ?株式会社日本政策金融公庫による支援策
          株式会社日本政策金融公庫常務取締役 村瀬 卓男

 16:40〜16:50 意見聴取

 17:00〜18:30 情報交換会

 ※参加お申し込みはこちらから
  http://www.chubu.meti.go.jp/jyoho/index.htm

    ------------------------------------------------------------

2.私立大学連携による研究シーズ発表会
                 《中部経済産業局、中部研究支援実務者連絡会》

  中部経済産業局では、中部地域の私立12大学が組織する中部研究支援実務者
 連絡会と合同で研究シーズ発表会を開催します。

  中部地域の私立大学が連携し、合同で開催する研究シーズ発表会は、各大学の
 研究シーズをより効果的・効率的に技術移転・共同研究等の連携や大学間の技術
 が融合した新事業の創出に結びつけることが期待されます。

  この発表会では、各大学から厳選された研究シーズについて、当地域の特徴で
 あるものづくり分野と次世代のライフサイエンス分野の2つの分野で発表すると
 ともに、各大学の取り組み、研究シーズ等をパネル展示しております。

  複数大学の研究シーズが一同に紹介されるこの機会に、新事業の展開を期待す
 る企業等ご関心のある方の参加をお願い申し上げます。


 ○日 時:平成20年11月26日(水)13:00〜17:00

 ○場 所:メルパルク名古屋 3階 サルビア、シリウス、銀杏
      名古屋市東区葵3-16-16

 ○参加定員:ものづくり分野、ライフサイエンス分野 各60名

 ○参加料:無料

 ○プログラム:

 ・ものづくり分野シーズ発表会(サルビアの間)

 13:10  名城大学理工学部材料機能工学科 岩谷 素顕 准教授
 「GaNが創り出す新世代高耐圧半導体デバイス」

 13:45 大同工業大学工学部電気電子工学科 佐藤 義久 教授
 「地球環境に優しい排熱回収型新発電システムの可能性について」

 14:20 中京大学情報理工学部機械情報工学科 青木 公也 准教授
 「マシンビジョン技術の実用化 −画像処理・ロボット研究における
  産学連携の事例とシーズ紹介−」

 15:10 豊田工業大学工学部先端工学基礎学科 上野 明 准教授
 「地球環境にやさしい材料強度 −豊田工業大学サスティナブル小型・
  軽量機械システム開発へ向けた基盤技術研究センターの紹介を兼ねて−」

 15:45 愛知工業大学工学部電気学科電気工学専攻 穂積 直裕 教授
 「生体組織観察用超音波顕微鏡 −愛知工業大学振動・音響工学の代表例として−」



 ・ライフサイエンス分野シーズ発表会(シリウスの間)

 13:10 愛知医科大学分子医科学研究所 杉浦 信夫 准教授
 「遺伝子工学を利用した糖鎖医薬品の創製 −人工コンドロイチン硫酸の合成−」

 13:45 愛知学院大学薬学部製剤学 山本 浩充 准教授
 「生分解性高分子ナノパーティクルシステムの設計と応用」

 14:20 金城学院大学薬学部薬学科 岡 尚男 教授
 「高速向流クロマトグラフィ(HSCCC)の天然有機化合物への応用」

 15:10 中部大学応用生物学部応用生物化学科 堤内 要 准教授
 「生理活性多糖と希少糖の化学合成」

 15:45 日本福祉大学健康科学部 岡川 暁 教授
 「高齢者の健康観から見えるもの −日本・中国の高齢者比較から−」


 ・パネル展示(銀杏の間) 13:00〜17:00
 各大学の代表的な研究シーズをパネル展示

 ○主 催:中部経済産業局
      中部研究支援実務者連絡会(愛知医科大学、愛知学院大学、愛知工
業大学、
      金城学院大学、大同工業大学、中京大学、中部大学、豊田工業大
学、南山大
      学、日本福祉大学、藤田保健衛生大学、名城大学)

 ○共 催:東海ものづくり創生協議会

 ○申込み・問い合せ先:
 (財)名古屋産業科学研究所中部TLO 担当:三浦、羽田
  TEL:052-783-3517  Fax:052788-6012
  E-mail:miura@nisri.jp

 ※申込みは、名前、所属、連絡先(住所、TEL、E-Mail)、聴講を希望する分野
 (ものづくりorライフサイエンス)をE-mail、TEL、FAX、等でご連絡ください。

    ------------------------------------------------------------

3.中部知財フォーラム2008in北陸 事前申込好評受付中!!
  〜 ブランドを創る、攻める、守る 〜
                  《中部経済産業局(中部知的財産戦略本部)》

  御社のブランド戦略、ホントに正しいですか?

  食品偽装や輸入品の安全性低下など諸問題のほか、乱立する類似品など、企業は
 かつてない脅威にさらされています。この厳しい環境下、企業が守り、攻め抜くた
 めには、自社製品及び企業をブランド化することが課題解決の第一歩と考えられま
 す。
  本フォーラムは、製品やサービスのブランド化により成功した企業の関係者をお
 招きし、北陸におけるブランド戦略の方向性や課題を解決するとともに、企業の活
 性化につながる事例紹介など実用性の高い内容となっております。
  製造業はもちろん、伝統産業やサービス業などの経営者や開発・営業戦略ご担当
 者などにご参加いただき、ブランド戦略づくりとその活用法をこのフォーラムを通
 じてご参考いただければ幸いです。

 ■主 催 中部経済産業局(中部知的財産戦略本部)

 ■日 時 平成20年11月26日(水)13:00〜17:10

 ■場 所 ANAクラウンプラザホテル金沢 (住所:石川県金沢市昭和町16-3)
      http://www.anacrowneplaza-kanazawa.jp/

 ■定 員 300名(基調講演パネルディスカッション:200名、分科会:50名×2)


 内  容 13:00〜13:10  オープニング
13:10〜14:10  基調講演? −ブランドを創る
14:10〜15:10  基調講演? −ブランドで攻める
15:15〜16:05  パネルディスカッション −ブランドを創る、攻める、守る
16:20〜17:10  分科会 −北陸のブランドの構築を考える

 12:30 受付開始

 13:00 オープニング

 13:10 基調講演? 〜ブランドを創る(定員/200名)
    『ブランドをつくるということ』
  ●講師
   丸の内ブランドフォーラム代表 東京大学大学院経済学教授片平 秀貴 氏

 14:10
  基調講演? 〜ブランドで攻める  (定員/200名)
  『食によるまちおこしとブランド戦略』
  ●講師
   富士宮やきそば学会会長 渡辺 英彦 氏

 15:10 休憩(5分)

 15:15
  パネルディスカッション 〜ブランドを創る、攻める、守る  (定員/200名)
 『オンリーワンへ! 〜ブランディングによる価値向上と品質保証〜』

 ●コーディネーター
  宮田特許事務所 所長 宮田 正道 氏
 
 ●パネリスト
  富士宮やきそば学会 会長 渡辺 英彦 氏

  北陸先端科学技術大学院大学
  文部科学省産学官連携コーディネーター 山本 外茂男 氏

  株式会社小堀酒造店 代表取締役社長 小堀 幸穂 氏

  ほか、企業2社予定

  16:05 休憩/移動(15分)

 16:20
  分科会 〜北陸のブランドの構築を考える

 分科会A (定員/50名)
 『地域連携によるブランド醸成術 〜白山菊酒呼称統制機構の場合〜』

 ●コーディネーター
 宮田特許事務所 所長 宮田 正道 氏
 株式会社小堀酒造店 代表取締役社長 小堀 幸穂 氏


 分科会B (定員/50名)
 『製品開発における企業戦略の事例』

 ●コーディネーター
  北陸先端科学技術大学院大学
  文部科学省産学官連携コーディネーター 山本 外茂男 氏

  北陸のブランド構築先進企業(2社予定)による事例紹介

17:10 終了

    -----------------------------------------------------------

4.東海・北陸 コミュニティビジネス推進協議会
  キックオフフォーラムのご案内
         《中部経済産業局、東海・北陸コミュニティビジネス推進協議会》

  コミュニティビジネスを通して地域の元気をつくりたいと考える方々が、
 集い、学びあい、交流しあうためのプラットフォームです。

  あらゆる分野・あらゆる地域にコミュニティビジネスが生み出されるた
 めに、コミュニティビジネス事業者・支援者はもちろんのこと、企業・経
 済団体・金融機関・行政などさまざまなセクターをはじめ、ご興味のある
 方はどなたでもご参加いただけます。

■■■まずはキックオフフォーラムへお越しください!(無料)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          11月28日 13:30〜18:00 名古屋国際センター別棟ホール
                     http://www.nic-nagoya.or.jp/
          ?????????????????????????

 ◇記念講演【コミュニティビジネス推進協議会への期待】
                大塚洋一郎 経済産業省大臣官房審議官

 ◇トークセッション【わたしとコミュニティビジネス】
  東海・北陸の第一線で活躍するコミュニティビジネス五人衆登場

  ○森山奈美 氏 株式会社 御祓川(民間まちづくり会社・石川県七尾市)
  ○佐伯知華子氏 NPO法人ひらすま(富山型福祉事業所・富山県高岡市)
  ○岸川政之 氏 株)相可フードネット「せんぱいの店」多気町役場(三重
県多気町)
  ○山本博子 氏 NPO法人Mama`s Cafe(子育てママのお店・岐阜県多治見市)
  ○木村真樹 氏 コミュニティ・ユース・バンク momo(お金の地産地消・名
古屋市)

  ※コーディネーター:関戸美恵子(NPO法人起業支援ネット)

 ◇CBフリーマーケット【東海・北陸コミュニティビジネス見本市】
  東海北陸各地から、12のコミュニティビジネスがブース出展します。

 ◇18:00〜交流懇親会(軽食実費\2000ご負担ください)


■■■今なぜコミュニティビジネス推進協議会なの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  地域の課題を解決する小さなビジネス「コミュニティビジネス」。コミュ
 ニティビジネスは、身近な地域の課題を解決する新しいツールとして、ある
 一定の成果をあげはじめています。

  しかし、実際にコミュニティビジネスに取組む事業者・支援団体が地域の
 課題解決のために奮闘している一方で、社会一般にコミュニティビジネスと
 いう認識が広がっているわけではありません。また、企業や行政の皆さんが
 コミュニティビジネスを応援しようと思っても、取組む仕組みが整っていな
 いというのが社会の現状ではないかと思います。

  この現状を克服すべく、中部経済産業局の事業として、東海・北陸コミュ
 ニティビジネス推進協議会がスタートします。実際にコミュニティビジネス
 を営む事業者だけでなく、支援団体・(一般)企業・行政・金融機関など、
 コミュニティビジネスの振興を願う人々のプラットフォームを立ち上げ、コ
 ミュニティビジネスをさらに広くにご理解いただき、支援の輪を広げていき
 たいと考えています。

  コミュニティビジネスをがんばる人々を、想いある志縁者たちで支えてい
 きたい。そのネットワークを東海・北陸地域でつくっていきます。

■■■具体的には何をするの?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【  メールマガジン配信 】【 コミュニティビジネス現場見学会 】
【   定期フォーラム  】【    テーマ別分科会活動   】など…

 ■詳細情報・申込はこちらから
  http://blog.canpan.info/magti_cb/

━━━━
主 催:中部経済産業局(平成20年度地域新事業創出発展基盤整備促進事業)
    東海・北陸 コミュニティビジネス推進協議会
後 援:愛知県・石川県・岐阜県・富山県・三重県
事務局:特定非営利活動法人 起業支援ネット
    〒453-0021名古屋市中村区松原町1-24COMBi本陣S102
    TEL052-486-4101 FAX052-486-4103 aile@npo-kigyo.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ------------------------------------------------------------

5.農林水産分野のIT活用説明会の開催について(案内)
                                《東海農政局》

  東海農政局では(共催:中部経済産業局)、当地域に所在する農林水産
 業の経営と生産の向上を目的に、ITを活用した先導的取組事例やIT活用を
 応援する施策等を紹介する説明会を以下のとおり開催します。
  農林漁業者の方はもとより、農林水産分野のIT化に関心をお持ちの方々
 の参加をお待ちしております。

 ■日時:平成20年12月2日(火)13:30〜17:00
 
 ■場所:名古屋能楽堂(名古屋市中区三の丸1−1−1)

 <プログラム>
  農林水産分野におけるIT活用事例紹介
   東海農政局総務部情報推進課

  中部IT経営応援隊について
   中部経済産業局地域経済部情報政策課

  企業的農業の実現に向けて〜異業種連携による農業の6次産業化〜
   富士通株式会社

 ※参加お申し込みはこちらから
  http://www.chubu.meti.go.jp/jyoho/index.htm

    ------------------------------------------------------------

6.「ビジット・グレーター・ナゴヤ キャンペーンシンポジウム」を開催!
  外国人観光客を魅了する秘策をお教えします!〜参加無料〜
          《グレーター・ナゴヤ・イニシアティブセンター(GNIC)》

  GNICでは、観光資源を利用して、グレーター・ナゴヤ地域の魅力を海外
 へどうアピールすべきかを考えるシンポジウムを開催します。
  地域振興の専門家、海外から日本へ送客する現場を熟知した専門家、日
 本で海外観光客を呼び込む専門家達による、最新の情報、実体験に基づく
 アドバイスを提供します。ぜひ、ご参加ください!!

 ●日 時:2008年11月28日(金) 
      セミナー 13:30−17:00
      交流会  17:00−19:00

 ●場 所:名古屋東急ホテル 3階「雅」、4階「ロマネスク」
      (名古屋市中区栄4−6−8)

 ★お申込み、開催内容等はこちら・・・
 http://www.chubu.meti.go.jp/gni/gni_campaign/gni_symposium.htm

 ●主なプログラム:
 ○特別講演 観光と地域振興について(仮題)
       日本政策投資銀行地域振興部参事役 藻谷浩介

 ○パネル・ディスカッション

  モデレータ:日本政策投資銀行地域振興部参事役 藻谷浩介

  パネリスト:台湾市旅行商業同業公会監事、海邦旅行社董事長 林成泰
        ジェイ・マウンテンズグループ(株)旅行事業部マネージャー 
小泉伸太郎
        未来観光戦略会議 会長 松原吉隆
        日本政府観光局(JNTO) 海外プロモーション部次長 平田 真幸
        The Wall Street Journal The Wall Street Journal Asia 
                       東京・ソウル支局長 小野由美子

    ------------------------------------------------------------

7.創業ビジネスプラン発表会  
                        《財団法人あいち産業振興機構》

  財団法人あいち産業振興機構では、「創業プラザあいち」の利用
 者の中で、スタートアップ時期にある起業家や新分野に進出してい
 る企業が、事業のアイデアや商品・技術開発等ビジネスプランをプ
 レゼンや展示をして、新規顧客開拓等を行う「創業ビジネスプラン
 発表会」を開催します。
  販売や技術提携、融資・投資等に新たなビジネスパートナーの開
 拓等に関心のある方は、ぜひご参加ください。

 【開催期間】 平成20年12月4日(木) 13:00〜17:30

 【開催場所】 愛知県産業貿易館 本館5階 特別会議室・ロビー

 【参加料】  無料

 【内 容】
  <講演>
 「創業ビジネスと地域貢献」〜挑戦すれば、夢は必ず実現する〜
  講 師  旅館吉田屋 女将 山根多恵 氏

 <ビジネスプラン発表会>
  「心と体を健康にする食生活デザイン」
  「知られざる名品ワシントンワイン」
  「物流・運送業界に特化した職業紹介事業」
  「御社のブランド・ギャップを埋めます」
  「ワークライフバランスを叶えるライフプラン活用法」
  「現場で動画を活用 パッケージソフト【GENBA∞(エイト)】
  「プライバシーマーク運用管理システム」
  「大規模マンション共用部向けプライベートランドリーの提案」
  「企業のイメージ戦略のためのキャラクターデザイン」
  「子供が賢くなる!親子でおそうじ・お片づけ教材」
 
 ○詳細はこちら
  http://www.aibsc.jp/venture/sougyoubusiness.html

    ------------------------------------------------------------

8.「第1回 プラズマ技術産業応用センター(PLACIA) &
  プラズマが拓くものづくり研究会(PLAM)国際シンポジウム」の開催   
   《財団法人名古屋都市産業振興公社、プラズマが拓くものづくり研究会
(PLAM)》

  本シンポジウムでは東アジアにおけるプラズマ表面改質の産業応用の動向
 や、日本での大気圧プラズマによるものづくり技術の動向を応用事例を交え
 て紹介します。ぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。

【テーマ】プラズマ表面改質によるものづくりイノベーション

【日 時】平成20年12月4日(木)10:30〜17:20

【会 場】サイエンス交流プラザ大会議室
    (愛知県名古屋市守山区大字下志段味字穴ケ洞2271−129)

【会 費】無料

【定 員】200名

【情報交換会】17:30〜(有料/3,000円)
 
 プログラム内容及び詳細、お申込はこちらから
 http://www.u-net.city.nagoya.jp/

=============================================================================
●施策情報【再掲】
===========================
1.「ソーシャルビジネス/コミュニティビジネス先進事例」の募集
                                《経済産業省》

  経済産業省では、社会的課題・地域課題の解決を目標として事業展開して
 いる企業やNPO等(ソーシャルビジネス/コミュニティビジネス)の先進
 事例集を作成し、事業者の方々の取り組みを広く世の中に紹介することを目
 的に、広く事業者の方々から先進事例を募集します。

 ■先進事例集の位置づけ
  今年度、経済産業省では、中間支援機関の機能強化事業、先進モデル他地域
 移転支援事業、ポータルサイトの作成 など、ソーシャルビジネス/コミュニテ
 ィビジネスに関連する支援策を多数実施(一部実施予定)しています。
 先進事例集もその一環として、社会的課題・地域課題解決の「現場」を取り上
 げ、広く世に広めることで、事業者の方々の活動環境を向上させる役割を担う
 ものと位置づけています。

 ■公募期間:10月21日(火)〜11月20日(木)まで

 ■公募要領等詳しくは経済産業省のページから
  http://www.chubu.meti.go.jp/service/index.htm

 ■お問い合わせ先
  中部経済産業局 産業部 流通サービス産業課サービス産業室
  〒460-8510 名古屋市中区三の丸2−5−2
  TEL:052-951-0598、FAX:052-961-9885
  E-mail:qchbir@meti.go.jp

    ------------------------------------------------------------

2.「あいちベンチャーハウス」の運営団体を募集します!       《愛知県》

  愛知県では、IT産業の集積・発展を図ることを目的として、創業後間
 もないITベンチャー企業に対し、事業スペースを賃料無料(光熱水費等
 実費相当額のみ負担)で提供するとともに、インキュベーションマネージ
 ャーを中心とした多様なソフト支援サービスを行う「あいちベンチャーハ
 ウス」を運営しています。

 この度、現運営団体の委託期間満了に伴い、平成21年度から運営していた
 だける団体を募集します。

 ■応募者の資格
 「ITベンチャー企業の育成」に係るノウハウ・専門的知識を有する公共的団体
 (公益法人、NPO等)

 ■委託条件
 ・あいちベンチャーハウスの運営・管理を行うこと。
 ・県の委託により入居者の支援・育成を行うこと。

 ■委託期間
 ・平成21年4月から1年間(最大2回まで更新可能)

 ■募集期間
 平成20年11月28日(金)まで

 ■詳細情報 http://www.pref.aichi.jp/0000018740.html

 ■問い合わせ先
  愛知県産業労働部新産業課 次世代産業育成グループ
  〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
  電話 052-954-6370 FAX 052-954-6977

=============================================================================
●イベント情報【再掲】
===========================
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。
 また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせください。
=============================================================================
1.新事業チャレンジセミナー(航空・宇宙分野)のご案内
                        《財団法人あいち産業振興機構》

  モノづくりが盛んで日本の航空宇宙産業の約5割のシェアを占める中部地域は、
 さらにそのメッカとしての力を強めようと今動き出そうとしています。
 「航空宇宙産業への参入に当たって〜匠の技術を航空機の世界に活かしてみません
 か〜」をテーマにセミナーを開催します。

 ■日時 平成20年11月28日(金) 午後1時〜午後2時30分

 ■会場 名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)
    (名古屋市港区金城ふ頭2−2)
     交流センター3階 会議ホール
 
 ■プログラム 「航空宇宙シンポジウム2008」と同時開催

  講演? 13:00〜13:45
  テーマ 航空宇宙産業構造の現状〜中小企業の今と未来
  講 師 株式会社和田製作所   代表取締役 和田 典之 氏

  講演? 13:45〜14:30
  テーマ 中堅・中小企業の現状と将来
  講 師 株式会社水野鉄工所 代表取締役社長 水野 辰博 氏

 ■募集定員 300名(先着順)

 ■参加料  入場無料(事前申込みが必要、申込期限11月21日(金))

 ■主 催  財団法人あいち産業振興機構

 ■申込方法 所定の参加申込書によりFAX又は電子メールで申込み
       参加申込書は(社)中部航空宇宙技術センターのホームページか
ら入手できます。

 ■申込先  航空宇宙シンポジウム実行委員会
       〒460−0008 名古屋市中区栄二丁目9−2(ポーラ名古屋
ビル10階)
       (社)中部航空宇宙技術センター内
       電話:052-221-6681 FAX:052-218-8528
       E-mail:c_astec@tcp-ip.or.jp

 ■問合せ先 財団法人あいち産業振興機構 新事業支援部 新事業育成グループ
       〒460-0002 名古屋市中区丸の内三丁目1番6号 愛知県産業貿
易館 本館4階
       電話 : 052-231-6168(ダイヤルイン) FAX : 052-222-0419

    ------------------------------------------------------------

2.新経済成長戦略 2008 改訂版」説明講演会の開催について
  日本経済の将来と今後の経済産業政策が見える!
  〜資源高時代に対応した新成長ビジョン〜         《中部経済産業局》

  現下の我が国経済は、これまで想定できなかった未曾有の資源価格の高騰、
 新興国や資源国の台頭による世界経済の多極化などの課題に直面しています。
  政府は、こうした課題を克服し、「新たな成長」を実現するために強化・
 加速する施策を「新経済成長戦略 2008 改訂版」として閣議決定したところ
 です。地域経済の活性化のために「地域活性化戦略」として、地域資源活用、
 中小小売商業、モノ作り、子規模・零細企業の振興、中小企業の再生支援等
 に加えてサービス産業の革新についても、広く言及しております。

  この度、戦略改訂版の趣旨を御理解いただき、少しでも多くの方々にその
 実現に御協力いただくため、以下の要領で説明講演会を開催させていただき
 ます。この戦略改訂版によって、現下の「ピンチ」を「チャンス」に変える
 「新しい成長」への道筋を広く皆様にお示しできればと考えております。
  多くの皆様の御参加を心よりお待ち申し上げております。

 ■概  要:URL:http://www.chubu.meti.go.jp/somu/seityousenryaku2008.htm

 ■日  時:平成20年11月21日(金)14:00〜15:30

 ■場  所:名古屋商工会議所ビル 2階大ホール
       住所:名古屋市中区栄2-10-19
       アクセス方法は↓をご覧ください。 
       URL:http://www.nagoya-cci.or.jp/meisho/soshiki_access.html

 ■講  師:経済産業省 大臣官房審議官(産業資金担当) 森川 正夫

 ■定  員:200名程度(先着順)

 ■参 加 料:無料

 申込方法:下記URLより申込書をダウンロードしていただき、FAXまたは電子
      メール(※)にてお申し込みください。
      なお、参加人数が定員に達した場合は早めに締め切らせていただくこ
      とがありますのでご了承ください。

 ※いただいた個人情報については今回の受付事務にのみ使用し、他の目的には
一切使
  用いたしません。

  申し込み様式はこちらよりダウンロードいただけます。
  URL:http://www.chubu.meti.go.jp/somu/seityousenryaku2008.htm

 ■〆  切:平成20年11月17日(月)まで

 ■そ の 他:定員に達した場合は、早めに締め切りますのでご容赦下さい。
       申し込まれた方に対して、参加票等は特に発行しません。

 ○新経済成長戦略2008改訂版について 
  http://www.meti.go.jp/press/20080919003/20080919003.html

    ------------------------------------------------------------

3.私立大学連携による研究シーズ発表会           《中部経済産業局》

  中部経済産業局では、中部地域の私立12大学が組織する中部研究支援実務者
 連絡会と合同で研究シーズ発表会を開催します。
 中部地域の私立大学が連携し、合同で開催する研究シーズ発表会は、各大学の研
 究シーズをより効果的・効率的に技術移転・共同研究等の連携や大学間の技術が
 融合した新事業の創出に結びつけることが期待されます。

  この発表会では、各大学から厳選された研究シーズについて、当地域の特徴で
 あるものづくり分野と次世代のライフサイエンス分野の2つの分野で発表すると
 ともに、各大学の取り組み、研究シーズ等をパネル展示しております。
 複数大学の研究シーズが一同に紹介されるこの機会に、新事業の展開を期待する
 企業等ご関心のある方の参加をお願い申し上げます。

 ○日 時:平成20年11月26日(水)13:00〜17:00

 ○場 所:メルパルク名古屋 3階 サルビア、シリウス、銀杏
      (名古屋市東区葵3-16-16)

 ○参加定員:ものづくり分野、ライフサイエンス分野 各60名

 ○参加料:無料

 ○プログラム:

 ◆ものづくり分野シーズ発表会(サルビアの間)

  13:10  名城大学理工学部材料機能工学科 岩谷 素顕 准教授
      「GaNが創り出す新世代高耐圧半導体デバイス」
     
  13:45 大同工業大学工学部電気電子工学科 佐藤 義久 教授
      「地球環境に優しい排熱回収型新発電システムの可能性について」
     
  14:20 中京大学情報理工学部機械情報工学科 青木 公也 准教授
      「マシンビジョン技術の実用化 −画像処理・ロボット研究における
       産学連携の事例とシーズ紹介−」

  15:10 豊田工業大学工学部先端工学基礎学科 上野 明 准教授
      「地球環境にやさしい材料強度 −豊田工業大学サスティナブル小型・
       軽量機械システム開発へ向けた基盤技術研究センターの紹介を兼
ねて−」    

  15:45 愛知工業大学工学部電気学科電気工学専攻 穂積 直裕 教授
      「生体組織観察用超音波顕微鏡 −愛知工業大学振動・音響工学の
代表例として−」
     

 ◆ライフサイエンス分野シーズ発表会(シリウスの間)

  13:10 愛知医科大学分子医科学研究所 杉浦 信夫 准教授
      「遺伝子工学を利用した糖鎖医薬品の創製 −人工コンドロイチン
硫酸の合成−」
     
  13:45 愛知学院大学薬学部製剤学 山本 浩充 准教授
      「生分解性高分子ナノパーティクルシステムの設計と応用」
     
  14:20 金城学院大学薬学部薬学科 岡 尚男 教授
      「高速向流クロマトグラフィ(HSCCC)の天然有機化合物への応用」
     
  15:10 中部大学応用生物学部応用生物化学科 堤内 要 准教授
      「生理活性多糖と希少糖の化学合成」
     
  15:45 日本福祉大学健康科学部 岡川 暁 教授
      「高齢者の健康観から見えるもの −日本・中国の高齢者比較から−」
     

 ◆パネル展示(銀杏の間) 13:00〜17:00
   各大学の代表的な研究シーズをパネル展示

 ○主 催:中部経済産業局
      中部研究支援実務者連絡会(愛知医科大学、愛知学院大学、愛知工
業大学、
      金城学院大学、大同工業大学、中京大学、中部大学、豊田工業大
学、南山大学、
      日本福祉大学、藤田保健衛生大学、名城大学)

 ○共 催:東海ものづくり創生協議会

 ○申込み・問い合せ先:
  (財)名古屋産業科学研究所中部TLO 担当:三浦、羽田
   TEL:052-783-3517  Fax:052788-6012
   E-mail:miura@nisri.jp

 ※申込みは、名前、所属、連絡先(住所、TEL、E-Mail)、聴講を希望する分野
 (ものづくりorライフサイエンス)をE-mail、TEL、FAX、等でご連絡ください。

【同日開催】大学発ベンチャー講演会

 ○日 時:平成20年11月26日(火)午前10時30分から12時

 ○場 所:メルパルク名古屋 3階 サルビアの間

 ○参加費:無料

 ○主 催:財団法人名古屋都市産業振興公社 名古屋市新事業支援センター

 ○講 師:愛知淑徳大学大学院 ビジネス研究科 教授 真田幸光 氏

 ○演 題:「産学連携と地域貢献 −新たな大学の役割−」

 ○問合先:財団法人名古屋都市産業振興公社
      名古屋市新事業支援センター 担当:岩田
      Tel 052-735-0808  Fax 052-735-2065
      e-mail semi-shi@u-net.city.nagoya.jp
      URL  http//www.u-net.city.nagoya.jp/new-biz/index.html/

 ○申込方法 申込書に必要事項をご記入の上、郵便又はファックスでお申込み
下さい。
       ※申込書はインターネットからダウンロードできるようにする予
定です。

    ------------------------------------------------------------

4.☆「IPOサポートセミナー2008in名古屋」開催のお知らせ☆
                《独立行政法人中小企業基盤整備機構 中部支部》

  当支部では、支援事業の一環として、株式公開を目指している中小企業、
 ベンチャー企業を対象に大阪証券取引所と共催セミナーを開催します。
  株式公開をお考えの企業に限らず、関心のある企業にとっても有意義な
 講演内容となっております。お気軽にお申込ください。

 ■日時:平成20年11月28日(金)13:30分〜16:30
                   (開場13時から)
 ■場所:野村證券 名古屋支店 7階ホール
    (名古屋市中区錦2−19−22)

 ■定員:100名(先着順・定員になり次第締切り)

 ■参加料:無料

 ■主催:(株)大阪証券取引所、(独)中小企業基盤整備機構中部支部

 ■協力:野村證券株式会社、監査法人トーマツ

 ■内容:○第一部  テーマ「経営戦略としてのIPO」
      上場された企業より上場に至るまでの苦労話を含めた体験談
    
     ○第二部  テーマ「最近のIPOの現状と課題」
      株式公開に精通されている方々を招いた講演

 ■詳細・申込方法:下記のURLに直接アクセスしてお申し込みください。
     http://www.ose.or.jp/frame.html?news/0810/081003b.shtml

 ■問合せ先:(独)中小企業基盤整備機構 中部支部
        経営支援部 経営支援課
        電 話 : 052−220−0516(平日9時〜17時)
        FAX : 052−220−0517

    ------------------------------------------------------------

5.中部ものづくりシンポジウム2008
  〜ものづくりの世界で生き残るために〜
                 《独立行政法人中小企業基盤整備機構 中部
支部》

 (独)中小機構・中部支部では「中部ものづくりシンポジウム2008」を開催しま
 す。経済評論家・西村晃氏の講演、ジャーナリストの三神万里子氏、(株)デン
 ソー専務・杉光氏等によるパネルディスカッションなど、中小企業の経営者必聴
 のプログラムをご用意。今後のものづくりを考える絶好の機会です! ぜひご参
 加ください!

 ■開催日時:平成20年12月10日(水) 13:00〜18:00

 ■開催場所:キャッスルプラザ(名古屋市中村区名駅4-3-25)
       ※JR名古屋駅より徒歩5分

 ■参 加 費:無料

 ■プログラム :

 13:00 主催者等あいさつ

 13:10 基調講演「未来を見据えたものづくり」
     経済評論家 西村 晃氏

 14:10 事例発表「戦略的基盤技術高度化事業成功事例」
     (株)野口製作所 加藤昌一氏

 14:40 休憩

 15:00 パネルディスカッション「中小企業のあるべき姿とは?」
     コーディネータ:三神万里子(ジャーナリスト、キャスター)
     パネリスト  :(株)デンソー専務取締役 杉光氏
     パネリスト  :(株)前田シェルサービス会長 前田貞夫氏
     パネリスト  :(株)伊藤製作所代表取締役 伊藤澄夫氏
     パネリスト  :滋賀大学経済学部企業経営学科 弘中史子氏

 16:40 閉会

 17:00〜18:00 交流会
        別会場にて参加者の交流を図ります。
        戦略的基盤技術高度化事業を紹介するパネルや製品展示、
        認定企業によるミニプレゼンも実施します。

 ■主催者:(独)中小企業基盤整備機構 中部支部

 ■申込方法:下記HPにて申込書をダウンロードし事務局宛にFAXください
  URL: http://www.smrj.go.jp/chubu/manage/monodukuri/037506.html

 ■問合先:
  「中部ものづくりシンポジウム2008」事務局[(株)スウィッチ内]
   TEL:052-201-6627 FAX:052-201-6624

    ------------------------------------------------------------

6.「ニュービジネスシンポジウム名古屋2008」
 未来人の創り方
  〜変わるか、変えられるか。未来の世代のため希望を持って!〜
                        《中部ニュービジネス協議会》

 中部地区・中部圏の企業経営者、企画担当者に加え起業家を目指す人々が
一堂に会し、新たなビジネスモデルを探求することにより当地域のニュービジネス
振興を図ることを目的として二年に一度「ニュービジネスシンポジウム」を開催
しています。
 第10回という節目を迎えた今回は、『未来人の創り方〜変わるか、変えられ
るか。
未来の世代のため希望を持って!〜』をテーマとして開催します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

 ■日 時  平成20年11月25日(火)
 
 ■場 所  名鉄ニューグランドホテル 7階「椿の間」
      (名古屋市中村区椿町6-9 【TEL】052-452-5511(代))

 ■参加費  中部ニュービジネス協議会会員/名商会員 1,000円
       一般 3,000円

 ■スケジュール  12:30  開場
  <第1部>
	 13:00 開会式
	     「シンポジウム開催にあたって」
         中部ニュービジネス協議会会長 豊島?三
         (豊島株式会社 取締役副会長)

	 13:40 基調講演  
		 演題「リーダーシップとわが校舎」
		 講師:学校法人モード学園 学長 谷まさる 氏

	 15:10 休 憩

	 15:30 分科会
         第一分科会 <おみあいフォーラム>
	     プレゼンテーション1
	      『マーケティングで産学連携 〜東海初の試み〜』
	       株式会社クオリティリサーチ 代表取締役 坂 紀美子氏
	     プレゼンテーション2
	      『“科学的認識法”を身につけるために』
	       蒲郡わくわく科学教室 事務局長 加藤衛治 氏

        第二分科会 <グリーンエネルギーによる環境経営の実践>
	     講演1
	      『グリーン電力証書の活用について〜活用事例の紹介を中心に〜
	       講師:河村えびね 氏
	          日本自然エネルギー株式会社 お客さまサービス部 部
長代理
	     講演2 
	      『グリーンエネルギーの利用拡大に向けて
               〜グリーン電力証書制度等の活用を通じて〜』
	       講師:鉾屋一敏氏
	          経済産業省資源エネルギー庁新エネルギー等電気利用推
進室係長

  <第2部>	17:10 〜 18:30 
        交流会

 ■主  催  中部ニュービジネス協議会

 ■共  催  名古屋商工会議所

 ■後  援  中部経済産業局

 ■申込方法   FAX(052-221-8476)またはメール(cnbc@cnb.gr.jp)にて
        1会社名、2所属/役職名、3氏名、4電話番号、5ファック
ス番号
        6参加希望分科会 7交流会 参加/不参加
        をご記入のうえ送信願います。       

 ■詳細案内  http://www.cnb.gr.jp/08sympo/index.html

 ■問合先   中部ニュービジネス協議会 事務局(担当:福谷、長瀬、大塚)
        名古屋商工会議所 中小企業会員支援部・中小企業フロンティ
アグループ内
        〒460-8422 名古屋市中区栄2-10-19
	    ?052-223-5745 Fax052-221-8476

    ------------------------------------------------------------

7.名古屋大学 医学・バイオ系特許フェア 11月21日開催   《名古屋大学》

  名古屋大学は法人化後、医学・バイオ系特許を250件近く出願しております。
 今回、名古屋大学および近隣の大学の単独出願特許および他大学の特許約50
 件を対象に、企業・公的機関等をお招きし、発明者自らが説明する機会を設け
 ます。
 今後、産学官で連携して共同研究を推進し、製品開発に役立てていただくこと
 を期待するものです。多数のご来場をお待ちしております。

 ◇日時:11月21日(金) 14:00~18:00

 ◇場所:中央診療棟3F講堂

 ◇主催:名古屋大学医学部 共催:産学官連携推進本部

 ◇後援:名古屋市立大学、藤田保健衛生大学、あいち健康長寿産業クラスター
推進協議会、
     中部経済産業局、独立行政法人 科学技術振興機構 JSTイノベー
ションプラザ東海、
     中部TLO、NPOバイオものづくり中部、名古屋大学協力会

 ◇協力:工業所有権情報・研修館

 ◇参加費:無料

 ◇プログラム
 ・講演の部

 14:00~14:05  開会の挨拶・・・・主催者:名古屋大学 理事・副総長 杉
浦康夫

 14:05~14:50  講演?「欧米型産学連携のメディカル分野における成功
例・・・ 
            研究資金、特許戦略、技術移転の観点から」   
            恵泉国際特許事務所 弁理士  矢口太郎 

 14:50~15:35  講演?「バイオ・医療特許の技術移転・・・企業の視点、大
学の視点」
            奈良先端科学技術大学院大学 特任教授  谷 直樹 
           (元アステラス製薬ライセンス部長)

 ・展示の部
 15:35~17:00  展示説明・個別相談

 ・ネットワーキング(交流会) 
 17:00~18:00      

 ・閉会の挨拶    名古屋大学医学部附属病院長 松尾清一 


 ◇お申込み・お問い合わせは、メールまたは電話・FAXで

 連絡先:名古屋大学医学部 
     E-mail:bio@sangaku.nagoya-u.ac.jp
     電話:052-744-1987 FAX:052-744-1987
     http://suishin.jimu.nagoya-u.ac.jp/med-bio.html

    ------------------------------------------------------------

8.KUTLO−NITT国際シンポジウム開催のご案内
                          《金沢大学ティ・エル・オー》

  金沢大学TLOと新潟TLOは「経済産業省創造的産学連携体制整備事業」
 により、「日本海地域大学イノベーション技術移転機能(=KUTLO−NITT)」
 を本年7月1日に展開開始いたしました。その発足を記念して、KUTLO−NITT
 国際シンポジウムを開催いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。

【日時】平成20年11月28日(金)14:00〜17:40

【場所】金沢大学・十全講堂1階ホール(石川県金沢市宝町13番1号)

【参加費】無料

【定員】450名

【プログラム】
 ○ KUTLO-NITTの発足と今後の展開について
  KUTLO-NITT事業説明
  平野武嗣(KUTLO-NITTプロデューサー)
  浜野正一郎(KUTLO-NITTスペシアリスト)

 ○ KUTLO-NITTへの期待など
  谷 明人(経済産業省産業技術環境局大学連携推進課長)
  田口 康(文部科学省研究振興局研究環境・産業連携課長)

 ○ 特別記念講演
  ライフサイエンスに貢献する高速原子間力顕微鏡の発明
  安藤敏夫(金沢大学理工研究域数物科学系教授)

  米国バイオテック・ベンチャーの成功物語
  Lorin K.Johnson, Ph.D.(米国Salix社創始者、チーフサイエンティスト)

 ○交流会(参加費500 円)

【詳細】http://kutlo.incu.kanazawa-u.ac.jp/j/event/pdf/NITT_symposium.pdf

【問い合わせ・申込み】http://kutlo.incu.kanazawa-u.ac.jp/j/event/050101.html

 ※KUTLO-NITT提携大学は下記7大学です。
 弘前大学、新潟薬科大学、新潟大学、富山大学、金沢医科大学、金沢大学、石
川県立大学

    ------------------------------------------------------------

9.多文化共生リソースセンター東海 presents
   連続セミナー 「多文化共生“最前線”2008!!」
                       《多文化共生リソースセン
ター東海》

  最近は、街を歩いていても、外国人を見かけることが多くなりました。
  それもそのはず。現在、東海地域には全国の外国人登録者数の約20%
 (42万人)もの人々が生活しているのです!そしてその数は、年々増え
 ています。

  今回のセミナーでは、そんな東海地域において外国人住民がどんな暮ら
 しをしているのか、また彼らに対してこれまでどのような支援がされてき
 たのか、さらに各現場の先進的な活動を紹介し、専門家とともに今後の多
 文化共生社会づくりについて考えます。

 【日時】
  平成20年11月12日〜平成21年1月28日(全6回)
  各回18:30〜20:30

 【場所】
  ウィルあいち
  〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地
  (地下鉄「市役所」駅 2番出口より東へ徒歩約10分
  名鉄瀬戸線「東大手」駅 南へ徒歩約8分)
  地図:http://will-aichi.c-3.jp/map.h tml

 【内容】
  多文化共生リソースセンター東海のブログをご覧ください。
  随時、詳細をアップします。
  http://blog.canpan.info/mrc-t/daily/200810/19

 【対象】
  外国人支援・多文化共生に関心のある方

 【定員】
  第1〜5回 30名/フォーラム 60名 (先着順)

 【参加費】
  各回 一般2,000円 学生1,000円

 【締切】
  各回、開催日の前日まで

 【申込】
  多文化共生リソースセンター東海
  TEL:090-7677-3449(土井)
  FAX:052-486-4130(NPO法人起業支援ネット)
  E−mail:mrc-t@canpan.info

 【主催】
  多文化共生リソースセンター東海

 【後援】
  愛知県
  特定非営利活動法人 起業支援ネット
  特定非営利活動法人 多文化共生センター大阪
  JICA中部
  財団法人名古屋国際センター
  財団法人 愛知県国際交流協会(申請中)、ほか 


===============================================================================
       ============================================☆★☆
         (事務局)中部経済産業局新規事業課
               編集担当者 早水(はやみず) 
               TEL:052-951-2761
               FAX:052-950-1764
            E-mail:qchbns@meti.go.jp
  「ベンチャー広場」会員登録・変更・解除については、こちらまでお願いします
       ☆★☆===========================================
 ……………………………………………………………………………………………
バックナンバー
【Vol.204】
【Vol.203】
【Vol.202】
【Vol.200】
【Vol.196】
【Vol.195】
【Vol.194】
【Vol.193】
【Vol.192】
【Vol.191】
【Vol.190】
【Vol.189】
【Vol.188】
【Vol.187】
【Vol.186】
【Vol.185】
【Vol.184】
【Vol.183】
【Vol.182】
【Vol.181】
【Vol.180】
【Vol.179】
【Vol.178】
【Vol.177】
【Vol.176】
【Vol.175】
【Vol.174】
【Vol.173】
【Vol.172】
【Vol.171】
【Vol.169】
【Vol.168】
【Vol.166】
【Vol.165】
【Vol.164】
【Vol.163】
【Vol.162】
【Vol.161】
【Vol.160】
【Vol.159】
【Vol.158】
【Vol.157】
【Vol.156】
【Vol.155】
【Vol.154】
【Vol.147】
【Vol.145】
【Vol.144】
【Vol.143】
【Vol.142】
【Vol.140】
【Vol.139】
【Vol.137】
【Vol.136】
【Vol.135】
【Vol.134】
【Vol.133】
【Vol.132】
【Vol.130】
【Vol.128】
【Vol.127】
【Vol.126】
【Vol.125】
【Vol.124】
【Vol.123】
【Vol.122】
【Vol.121】
【Vol.120】
【号  外】
【Vol.119】
【Vol.118】
【Vol.117】
【Vol.116】
【Vol.115】
【Vol.114】
【Vol.113】
【Vol.112】
【Vol.111】
【Vol.110】
【Vol.109】
【Vol.108】
【Vol.106】
【Vol.105】
【Vol.104】
【Vol.103】
【Vol.102】
【Vol.101】
【Vol.100】
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764