FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├その他団体

番組ゲスト出演申込

グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.196】
  バックナンバーはこちら
 http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/backnumberlist.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2008/5/30■☆★☆★☆★
中部経済産業局では、新規事業に関する支援団体や行政の施策、イベント情報を
月2回配信しています。詳細情報は、項目ごとに記載した問合先にお尋ねください。 
本メールマガジンの配信先追加・変更、配信停止を希望される方は、メール巻末を
ご覧ください。
====≪トピックス≫===========================================================
●施策情報【新着情報】
---------------------
1.ベンチャー企業の経営危機データベース〜83社に学ぶつまずきの教訓〜
                                《経済産業省》

2.「あいちベンチャーハウス」の入居者を募集します!        《愛知県》

3.事業可能性評価
  〜あなたのビジネスプランを専門家が評価します〜
                        《財団法人あいち産業振興機構》

4.三重県のベンチャー企業向け補助金が募集開始!
                      《財団法人三重県産業支援センター》

●イベント情報【新着情報】
-------------------------
1.「起業家支援セミナー」のご案内
                        《名古屋市新事業支援センター》

2.ベンチャーエクスポ2008イン名古屋開催!
                《(社)中部経済連合会中経連新規事業支援機構》

●施策情報【再掲】
-----------------
1.「平成20年度 試作品開発助成金」公募のお知らせ
                    《財団法人中小企業ベンチャー振興基金》

2.独創的シーズ展開事業「委託開発」課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

3.「平成20年度 産学共同シーズイノベーション化事業」公募のお知らせ
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

4.「平成20年度 事業化助成金募集」のご案内☆
                     《独立行政法人中小企業基盤整備機構》

=============================================================================
●施策情報【新着情報】
===========================
1.ベンチャー企業の経営危機データベース〜83社に学ぶつまずきの教訓〜
                                《経済産業省》
 ■データベースの目的
  多くのベンチャー企業が起業後に、同じような失敗、トラブル、ヒヤリとした
  経験をしており、成長に伸び悩む企業が多いと言われています。そこで、ベン
  チャー企業の経営者が様々な場面で決断を下す際の「転ばぬ先の杖」として、
  将来起こりうるリスクを予見できるような失敗、トラブル、ヒヤリとした経験
  の事例を収集・データベース化しました。
  
  ベンチャー企業の成長に向けた経営判断の材料としてご利用いただければ幸甚に存じます。

 ■データベース概要
  本データベースには、平成19年度にベンチャー企業にインタビュー調査を実施
  して収集した83の失敗、トラブル、ヒヤリとした経験に関する事例を掲載して
  います。事例は、ベンチャー企業の成長ステージや失敗、トラブル、ヒヤリと
  した経験の原因及び結果といった分類項目をもとに検索が可能となっています。

 ■詳細はこちらから
 http://www.meti.go.jp/policy/newbusiness/kikidatabase/index.html

    ------------------------------------------------------------

2.「あいちベンチャーハウス」の入居者を募集します!        《愛知県》

  愛知県では、IT産業の集積・発展を図ることを目的として、創業後
 間もないITベンチャー企業に対し、事業スペースを賃料無料(光熱水費
 等実費相当額のみ負担)で提供するとともに、インキュベーションマネ
 ージャー(IM)を中心とした多様なソフト支援サービスを行う「あい
 ちベンチャーハウス」を運営しています。
  現在若干の空室がございますので、平成20年7月期募集として、平
 成20年7月〜9月の期間に「あいちベンチャーハウス」への入居を開
 始される方を募集します。

  通常の個別オフィスのほか、創業直後など、ひとりで事業を行ってい
 る方を対象にしたブース形式のシェアードオフィス入居希望者も併せて
 募集します。今回の募集期間は平成20年5月21日(水)から6月1
 0日(火)までです。

 ■審査・選定
  応募者から提出された事業計画書等に基づき、インキュベーションマ
  ネージャー(IM)および有識者等で構成するあいちベンチャーハウ
  ス入居者審査委員会において、書類審査及びヒアリングによる審査を
  行い、入居者を選定します。
  ※ヒアリング審査は、6月19日(木)開催予定です。

 ■詳細情報
  http://www.pref.aichi.jp/0000012861.html

 ■問い合わせ先
  ●入居申込みに関すること
  愛知県産業労働部  新産業課 次世代産業育成グループ
  〒460−8501 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
  TEL 052−954−6370(ダイヤルイン)
  FAX 052−954−6977

 ●施設に関すること
  あいちベンチャーハウス事務局
  〒460−0007 愛知県名古屋市中区新栄二丁目2番24号
  TEL/FAX 052−242−6070
  http://aichi.venture-house.jp/

    ------------------------------------------------------------

3.事業可能性評価
  〜あなたのビジネスプランを専門家が評価します〜
                        《財団法人あいち産業振興機構》

  事業の成長可能性が高く、将来的に地域経済に大きな波及効果をもた
 らす有望な事業を発掘し、支援するため、専門家が皆さんのビジネスプ
 ランを評価します。
  応募されたビジネスプランのうち実現性が高いプランについて、財団
 法人あいち産業振興機構と県から、そのビジネスプランを広く紹介する
 とともに、経営面、技術面からそれぞれの計画の実現に必要な支援を行
 います。なお、秘密は厳守します。

 ■対象事業
  愛知県内で創業しようとする方、創業後3年未満の中小企業者、あるい
  は新分野に進出しようとする中小企業者の方の新規性、独創性、市場性
  のあるビジネスプラン。業態や業種は問いません。 

 ■募集期間
  平成20年5月14日(水)〜平成20年12月26日(金)まで

 ■評価の方法
  評価は、各分野の専門家で構成する事業可能性評価委員会で行います。
  経営者の事業意欲、経営能力、人材確保、技術の独自性、商品化の可能性、
  販売方法、資金調達、採算性などにより総合的に評価します。 


 ■支援内容
  高い評価を受けたプランは、次のような支援を受けることができます。

 <専門家派遣> 
  販路開拓、経営や技術などの専門家を無料で派遣します。 

 <融資対象となります> 
 「ベンチャー企業等支援資金」(県制度融資)の対象。 

 国民生活金融公庫の「新規開業資金」等(創業5年以内の方)の特別利率の適用対象。 
 ※なお、高い評価を受けたプランであっても融資の実行を保証するものではありません。 

 <事業紹介・PR> 
 当機構及び県の広報紙などで事業が紹介されます。 

 <ビジネスマッチング> 
 有望ビジネスマッチング交流会(資金提供、技術提携、販路開拓などビジネ
 スパートナーとの出会いの場)へ優先的に参加できます。 

 <新事業創出サポート> 
 各分野の専門家による支援チームにより、マーケティングから販路開拓まで
 の一貫した支援を無料で受けることができます。 
 
 ■評価費用 無 料

 ■お問合せ・申込み
  所定の申込書及び事業計画書にご記入の上、下記まで持参いただくか、
  ご郵送ください。
 
 ・「事業可能性評価申込書」、事業計画書等に記入の上、 機構まで郵送
  又は持参してください。(WORD形式 右クリック→「対象をファイルに保存」) 

 ・ 事業計画書記入マニュアル
  (MS-WORD形式 右クリック→「対象をファイルに保存」)
 
【問合せ・申込先】 
 (財)あいち産業振興機構 新事業支援部
 〒460-0002
 名古屋市中区丸の内3-1-6 愛知県産業貿易館本館4階
 電話:052-231-6168 FAX:052-222-0419
 E-Mail:info-shinjigyo@aibsc.jp  

    ------------------------------------------------------------

4.三重県のベンチャー企業向け補助金が募集開始!
                      《財団法人三重県産業支援センター》

 ◇記事の内容
  財団法人 三重県産業支援センターでは、新規性および成長性のある独創
  的なノウハウ・アイデアを活かし、三重県内での研究開発・製品開発を行
  われる方に対し、研究開発・製品開発等に必要な経費を補助する2つの補
  助金を募集し、皆様のご応募をお待ちしています。
 
(1)みえベンチャースタートアップ補助金(研究開発資金向け)
  ◆募集期間:5月12日(月)〜6月13日(金)17時まで【必着】
  ◆補助金 :1件あたりの上限200万円(下限:100万円)
  ◆補助率:補助対象経費の10/10
  ◆主な補助対象経費:機械器具購入費、原材料費・マーケティング費など
  ◆補助期間:交付決定日より平成21年1月末日まで

(2)みえベンチャー事業化支援補助金(製品開発資金向け)
  ◆募集期間:5月12日(月)〜6月13日(金)17時まで【必着】
  ◆補助金:1件あたりの上限1,000万円(下限:500万円)
  ◆補助率:補助対象経費の1/2
  ◆主な補助対象経費:機械器具購入費、原材料費・マーケティング費・人件費など
   補助期間:交付決定日より平成21年2月末日まで

 ◇詳細情報のHPアドレス
  http://www.miesc.or.jp/monozukuri/sbir.htm

 ◇問い合わせ先
  514−0004 三重県津市栄町1丁目891 三重県合同ビル5階
  財団法人 三重県産業支援センター
  ものづくりグループ 担当者:三島 廣田 
  TEL 059−228−3171
  E-MAIL  monozukuri@miesc.or.jp

=============================================================================
●イベント情報【新着情報】
===========================
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。
 また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせください。
=============================================================================

1.「起業家支援セミナー」のご案内
                        《名古屋市新事業支援センター》

 今お持ちのアイデアや技術を「ビジネス」として成功させるため、
 これから独立・開業しようとする皆さんを対象に、ビジネスプラン
 の作成方法等を専門コンサルタントが指導する短期集中研修を開講します。

 ◆日 程 平成20年7月5日、7月12日、19日(いずれも土曜日)全3回

 ◆対 象 起業を目指す方、起業に関心のある方(原則、3日間全部受講できる方)

 ◆講 師 日野 眞明 (中小企業大学校講師、MBA、中小企業診断士、ITコーディネータ)

 ◆受講料 8,000円

 ◆会 場 ナディアパークデザインセンタービル6階
    (7月5日は、デザイン工房、7月12日と19日はプレゼンテーションルーム)
 
 ◆お申込み・お問い合わせ先
(財)名古屋都市産業振興公社 名古屋市新事業支援センター
 TEL 052-735-0808    FAX  052-735-2065
 e-mail  :  shien@u-net.city.nagoya.jp
 ⇒詳細はこちら
 http://www.u-net.city.nagoya.jp/new-biz/

    ------------------------------------------------------------

2.ベンチャーエキスポ2008イン名古屋開催!
        《(社)中部経済連合会中経連新規事業支援機構 他12支援機関》

  中部エリアにおいて、中小・ベンチャー企業に対して支援活動を行う民間
 ベンチャー支援組織が連携・協力し、第6回目となるベンチャービジネスの
 博覧会を、更に内容を充実して開催いたします。
  ベンチャー起業家、企業内ベンチャー、大学発ベンチャーの皆様及びこれ
 らを取り巻く産・学・官に関係している皆様に交流を深めて頂くことにより
 個々の活動の融合と発展を願うものです。皆様の多数のご来場をお待ちして
 おります。

 ■日 時:平成20年7月8日(火)
     11:30〜17:00 (17:10〜18:30 合同ライトパーティー)
 
 ■場 所:名古屋国際センター 3、4、5F http://www.nic-nagoya.or.jp/
     (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号 地下鉄桜通線「国際センター」駅下車すぐ)

 ■参加費:無 料

 ■事務局:(社)中部経済連合会 中経連新規事業支援機構
      TEL 052-950-7855

 ■詳細情報: http://www.vbsc.net/ps/qn/usr/db/d_file1-0000-0000.pdf

=============================================================================
●施策情報【再掲】
===========================
1.「平成20年度 試作品開発助成金」公募のお知らせ
                    《財団法人中小企業ベンチャー振興基金》

  財団法人中小企業ベンチャー振興基金は、東京・名古屋・大阪の3中小
 企業投資育成株式会社が資金を拠出している公益法人です。新しい時代の
 担い手としてのベンチャー企業を支援するために、毎年助成金を交付して
 おり、助成実績は24年間で311件〜944百万円になっております。

  同基金では、平成20年度においても、次の通り応募受付を行います。詳
 しくは、同基金窓口まで、お問い合わせください。

【助成対象】
 (1)対象者
  これまでの研究開発成果をベースとして、新たな製品開発に際しての
  試作品の製作を行うという具体的な計画を有している中小企業(原則
  として創業後10年以内または新事業進出後10年以内の中小企業で、か
  つ資本金3億円以下の未上場企業)、または個人の研究者。

 (2)資金使途
  新技術、独自ノウハウによる製品開発(製品と一体のソフトウエアの
  開発を含む)に際しての試作品開発のために要する資金。
  なお、試作品開発に要するプロジェクトの総額は、1,500万円以内の
  規模のものとします。

【助成金額】
 助成対象額は500万円を限度とします(総費用に対する助成率等の制限はありません)

【公募期間】2008年4月20日(日)〜6月30日(月)

【問合せ先】財団法人中小企業ベンチャー振興基金
      TEL:03-5466-2109

【詳細情報】www.newtec.or.jp/

    ------------------------------------------------------------

2.独創的シーズ展開事業「委託開発」課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

 「委託開発」は大学等の研究成果で、特に開発リスクの高いものについて企業に
 開発費を支出して、実用化を支援します。

 公募期間:第一回 平成20年3月17日(月)〜6月10日(火)
      第二回 平成20年6月11日(水)〜8月20日(木)
 開発期間・開発費 2〜7年程度 1〜20億円/課題
 説明会:3月28日(金)東京ほか、各地開催予定
 詳細情報 → http://www.jst.go.jp/itaku/
 
 ■問い合わせ・連絡先
 科学技術振興機構 開発部 開発計画課
 TEL 03-5214-8994 FAX 03-5214-8999 E-mail project@jst.go.jp 

    ------------------------------------------------------------

3.「平成20年度 産学共同シーズイノベーション化事業」公募のお知らせ
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

  科学技術振興機構では、「平成20年度 産学共同シーズイノベーション化事業」
 の公募を開始しました。

【事業概要】<顕在化ステージ>
       大学等の基礎研究に潜在するシーズ候補を、研究報告会等を通じて
       産業界の視点で見出し、顕在化させようとするシーズ候補に関して
       産と学が共同で提案する研究課題を募集するものです。

      <育成ステージ>
       イノベーション創出に向けて、顕在化されたシーズを育成するプラ
       ンを立案していただきます。このプランに関して産学共同で研究
       (マッチングファンド形式)を行う研究開発課題を募集するものです。

【研 究 費】<顕在化ステージ>
       800万円程度/課題、研究期間 最長1年、採択予定件数 110課題程度

      <育成ステージ>
       5,000万円程度/課題・年(企業からの負担額を上限)、研究期間
       最長4年度、採択予定件数 8課題程度

【公募期間】<顕在化ステージ>
       平成20年2月4日(月)〜平成20年8月4日(月)
       第1回締切/4月7日(月)、第2回締切/6月9日(月)、第3回締切/8月4日(月)

      <育成ステージ>
       平成20年6月2日(月)〜平成20年8月18日(月)

【問合せ先】独立行政法人科学技術振興機構 
       産学連携事業本部 技術展開部 イノベーション創出課
       TEL:03-5214-7995

 ■詳細については下記をご参照ください。
  http://www.jst.go.jp/innovate/

    ------------------------------------------------------------

4.「平成20年度 事業化助成金募集」のご案内☆
                     《独立行政法人中小企業基盤整備機構》

  事業化助成金は、優れた技術シーズ・ビジネスアイデアはあるものの、
 新事業開拓に取り組むことが困難な状況にある創業者または中小企業に
 対して、資金面での助成とともにビジネスプランの具体化・販路開拓等
 に向けたコンサルティングを実施し事業化を支援するものです。

 なお、事業化助成金は、今回の募集をもって終了となります。

 ■募集期間:平成20年5月7日(水)〜6月6日(金)17時
      (期間内の郵送到着分のみの受付となります)

 ■助成対象者:創業者、個人事業者、中小企業者、企業組合、協業組合

 ■詳細・申込方法:下記URLをご覧下さい。
      http://www.smrj.go.jp/venture/grant/034420.html

 ■問合せ先:中小企業基盤整備機構 新事業支援部 資金助成室
       〒105-8453 東京都港区虎ノ門3−5−1 虎ノ門37森ビル
       Tel 03−5470−1539
===============================================================================

=============================================================================
       ============================================☆★☆
         (事務局)中部経済産業局新規事業課
               編集担当者 早水(はやみず) 
               TEL:052-951-2761
               FAX:052-950-1764
            E-mail:qchbns@meti.go.jp
  「ベンチャー広場」会員登録・変更・解除については、こちらまでお願いします
       ☆★☆===========================================
 ……………………………………………………………………………………………
バックナンバー
【Vol.195】
【Vol.194】
【Vol.193】
【Vol.192】
【Vol.191】
【Vol.190】
【Vol.189】
【Vol.188】
【Vol.187】
【Vol.186】
【Vol.185】
【Vol.184】
【Vol.183】
【Vol.182】
【Vol.181】
【Vol.180】
【Vol.179】
【Vol.178】
【Vol.177】
【Vol.176】
【Vol.175】
【Vol.174】
【Vol.173】
【Vol.172】
【Vol.171】
【Vol.169】
【Vol.168】
【Vol.166】
【Vol.165】
【Vol.164】
【Vol.163】
【Vol.162】
【Vol.161】
【Vol.160】
【Vol.159】
【Vol.158】
【Vol.157】
【Vol.156】
【Vol.155】
【Vol.154】
【Vol.147】
【Vol.145】
【Vol.144】
【Vol.143】
【Vol.142】
【Vol.140】
【Vol.139】
【Vol.137】
【Vol.136】
【Vol.135】
【Vol.134】
【Vol.133】
【Vol.132】
【Vol.130】
【Vol.128】
【Vol.127】
【Vol.126】
【Vol.125】
【Vol.124】
【Vol.123】
【Vol.122】
【Vol.121】
【Vol.120】
【号  外】
【Vol.119】
【Vol.118】
【Vol.117】
【Vol.116】
【Vol.115】
【Vol.114】
【Vol.113】
【Vol.112】
【Vol.111】
【Vol.110】
【Vol.109】
【Vol.108】
【Vol.106】
【Vol.105】
【Vol.104】
【Vol.103】
【Vol.102】
【Vol.101】
【Vol.100】
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764