FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├その他団体

番組ゲスト出演申込

グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.195】
  バックナンバーはこちら
 http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/backnumberlist.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2008/5/16■☆★☆★☆★
中部経済産業局では、新規事業に関する支援団体や行政の施策、イベント情報を
月2回配信しています。詳細情報は、項目ごとに記載した問合先にお尋ねくださ
い。 
本メールマガジンの配信先追加・変更、配信停止を希望される方は、メール巻末を
ご覧ください。
====≪トピックス≫===========================================================
●施策情報【新着情報】
---------------------
1.「愛知県中小企業ものづくり基盤技術開発推進費補助金」公募のご案内☆
                                  《愛知県》

2.「平成20年度 事業化助成金募集」のご案内☆
                     《独立行政法人中小企業基盤整備機構》

3.平成20年度環境保全活動助成金募集
               《社団法人いしかわ環境パートナーシップ県民会議》

●イベント情報【新着情報】
-------------------------
1.「第3回全国大学発ベンチャー北海道フォーラム」を開催
          〜大学発ベンチャーの環境ビジネス創造〜《北海道経済産業局》

2.起業支援ネットワークNICe無料セミナー」in東海
                       《NICe説明会東海実行委員会》

●施策情報【再掲】
-----------------
1.「平成20年度 試作品開発助成金」公募のお知らせ
                    《財団法人中小企業ベンチャー振興基金》

2.独創的シーズ展開事業「委託開発」課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

3.独創的シーズ展開事業「革新的ベンチャー活用開発」
 『一般プログラム・創薬イノベーションプログラム』課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

4.「平成20年度オンリーワン企業育成技術開発支援事業補助金」のご案内☆
                      《財団法人三重県産業支援センター》

5.「平成20年度 研究開発助成金公募開始」のご案内☆
                      《財団法人三菱UFJ技術育成財団》

6.地域資源活用新事業展開支援事業費補助金
   (地域資源活用販路開拓等支援事業)の募集        《中部経済産業局》

7.「平成20年度 産学共同シーズイノベーション化事業」公募のお知らせ
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

8.平成20年度R&D推進・研究助成の募集 《財団法人北陸産業活性化センター》


●イベント情報【再掲】
---------------------
1.名商先端技術セミナー 航空機エンジン編
「第1回」航空エンジンのモノづくり技術〜「第3回」将来航空機エンジン技術
の研究開発
                             《名古屋商工会議所》

2.中部最大級の展示会「メッセナゴヤ2008」
  【環境ベンチャーゾーン】出展企業募集中!!《メッセナゴヤ実行委員会事務局》

=============================================================================
●施策情報【新着情報】
===========================
1.「愛知県中小企業ものづくり基盤技術開発推進費補助金」公募のご案内☆
                                  《愛知県》

  県内の中小企業の方が実施する研究開発を応援するため、研究開発に要
 する経費の一部を助成する補助金制度を設けています。
  県内の中小企業者が主体となって行う次世代産業分野への適用を目指す
 新技術開発、又はものづくり基盤技術の開発を目的とした一般枠とともに
 今年度から新たに新エネルギー分野の実証研究に特化した新エネルギー枠
 を設けました。
  新しい事業展開をめざす中小企業の方々の応募をお待ちしています。

 ■補助対象事業:
  (一般枠)
   県内の中小企業者が行う次世代産業分野への適用をめざす
   新技術開発、又はものづくり基盤技術の開発。
  
  (新エネルギー枠)
   県内の中小企業者、又は県内の中小企業者が他企業、
   大学、又は研究機関と連携して実施する新エネルギー分野の実証研究。

 ■対象者:県内中小企業者(大企業の子会社は除く)

 ■受付期間:平成20年4月25日(金)〜5月23日(金)まで

 ■詳細・応募方法:下記URLをご覧下さい。
          http://www.pref.aichi.jp/0000009263.html

 ■問合せ先:愛知県産業労働部
     (一般枠)地域産業課 技術振興・調整グループ 
           電話052-954-6341  FAX052-954-6976
     (新エネルギー枠)新産業課 次世代エネルギーグループ 
          電話052-954-6351  FAX052-954-6977

    ------------------------------------------------------------

2.「平成20年度 事業化助成金募集」のご案内☆
                     《独立行政法人中小企業基盤整備機構》

  事業化助成金は、優れた技術シーズ・ビジネスアイデアはあるものの、
 新事業開拓に取り組むことが困難な状況にある創業者または中小企業に
 対して、資金面での助成とともにビジネスプランの具体化・販路開拓等
 に向けたコンサルティングを実施し事業化を支援するものです。

 なお、事業化助成金は、今回の募集をもって終了となります。

 ■募集期間:平成20年5月7日(水)〜6月6日(金)17時
      (期間内の郵送到着分のみの受付となります)

 ■助成対象者:創業者、個人事業者、中小企業者、企業組合、協業組合

 ■詳細・申込方法:下記URLをご覧下さい。
      http://www.smrj.go.jp/venture/grant/034420.html

 ■問合せ先:中小企業基盤整備機構 新事業支援部 資金助成室
       〒105-8453 東京都港区虎ノ門3−5−1 虎ノ門37森ビル
       Tel 03−5470−1539

    ------------------------------------------------------------

3.平成20年度環境保全活動助成金募集
               《社団法人いしかわ環境パートナーシップ県民会議》

 ■関連URL:http://www.eco-partner.net

 ■概要:いしかわ環境パートナーシップ県民会議では、県内の民間環境保全団
体等を
     育成し、その活動の活性化を図るため、活動支援助成金の平成20年度
募集を
     行います。
     応募される団体におかれては、申込書によりお申し込み下さい。

 ■募集締め切り: 平成20年5月31日(土)

 ◆対象団体
 自発的かつ継続的に環境保全に関する活動を行う団体(任意団体も含まれます)で、
 県内に活動の本拠としての事務所を置き、県内において活動する団体を対象に
します。

 ◆対象分野
 環境保全に関する「実践活動」、「普及啓発活動」並びに「調査・研究活動」
 ※具体的な環境保全活動の例示は、別紙を参照ください。

 ◆助成の種類及び採択数
 (1)スタートアップ助成:採択数は、予算の範囲内で行います。
  新たに設立された又は設立後3年未満の団体が行う活動で、助成額は10万円
を限度と
  します。(助成金額は、対象経費の10分の10以内です。)

 (2)ステップアップ助成:採択数は、予算の範囲内で行います。
  設立後3年以上の団体が行う活動で、助成額は20万円を限度とします。
  (助成金額は、対象経費の2分の1以内となります。)

 ◆選考
 (1)選考方法
   書類審査を実施後、県民会議内に設置する「活動助成委員会」で選考します。
 
 (2)選考スケジュール
   活動助成委員会 平成20年6月中旬から6月下旬
   選考結果の通知 平成20年6月下旬から7月上旬 全応募者に結果を通知し
ます。

 (3)選考のポイント
   ○活動団体が、自主的、継続的及び民主的に環境保全活動を行えることへの
期待度
   ○事業の社会的なニーズ及び先駆性・緊急性並びに波及効果の期待度
   ○事業内容の計画性・実現性は十分か
   ○事業の遂行体制及び資金計画は明確で適切か

 ■公募期間:  2008/04/01〜2008/05/31

 ■問合先
  (社)いしかわ環境パートナーシップ県民会議事務局
  担当:井田、東、岡田
  TEL:076-232-3991 FAX:076-232-3992
  e-mail:info@eco-partner.net

=============================================================================
●イベント情報【新着情報】
===========================
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。
 また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせください。
=============================================================================
1.「第3回全国大学発ベンチャー北海道フォーラム」を開催
          〜大学発ベンチャーの環境ビジネス創造〜《北海道経済産業局》

  北海道経済産業局、読売新聞社、北海道大学では、北海道洞爺湖サミット
 を前にした5月27日(火)に、「大学発ベンチャーの環境ビジネス創造」を
 テーマにした「第3回全国大学発ベンチャー北海道フォーラム」を開催します。

  当日は、平松庚三氏(小僧com会長/前ライブドアホールディングス社長)
 が、基調講演を行った後、独創的な技術やビジネスモデルで事業を行う大学発
 ベンチャーの環境ビジネス創造についてパネルディスカッションを行います。

  交流会では、13社からご応募いただいた「第2回大学発ベンチャービジネス
 モデルコンテスト」の審査結果発表及び表彰式を行います。

 ●日時:平成20年5月27日(火)15:00〜20:00

 ●会場:北海道大学クラーク会館大講堂

 【プログラム】・・・定員300名/参加費:無料(交流会は会費3,000円)
 ◇15:10〜16:10
 <基調講演> 「ベンチャースピリット」
  平松 庚三 氏 (小僧com(株)代表取締役会長)
  (前ライブドアホールディングス社長)

 ◇16:20〜18:00
 <パネルディスカッション> 「大学発ベンチャーの環境ビジネス創造」

 ・座長  濱田 康行 氏 (北海道大学大学院経済学研究科教授)
 ・コメンテーター 鴇田 和彦 氏 (日本ベンチャーキャピタル協会会長)
 ・パネリスト   小出 重幸 氏 (読売新聞東京本社科学部長)
          相馬 明郎 氏 (みずほ情報総研(株)環境・資源エネ
ルギー部
                   主席研究員/シニアマネージャー)
          設楽 守良 氏 ((株)ヒューエンス代表取締役)
          若林 恒平 氏 (サンケァフューエルス(株)代表取締役)

 ◇18:30〜20:00
 <交流会&コンテスト表彰式>
  会場:京王プラザホテル札幌 3階 雅の間

 ●参加申込締切:平成20年5月23日(金)

 ●申込方法:e-mailまたは電話で以下の申込先まで。

【申込先・お問い合わせ先】  
 経済産業省北海道経済産業局  新規事業課
 e-mail:hokkaido-shinki-renkei@meti.go.jp
 TEL:011-700-2324/2251 FAX:011-709-1786

 (詳細はコチラ!)
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokid/hkdforum3/index.htm

    ------------------------------------------------------------

2.起業支援ネットワークNICe無料セミナーin東海
                       《NICe説明会東海実行委員会》

 ◆NICeとは?

  NICeは、全国の起業家や起業を目指す方、およびそれらへの支援者・支援
 機関の動勢や、支援制度、ベンチャー政策論議等に関する情報を集中・共有
 するバーチャルの起業支援プラットホームであり、まさに「日本一丸」とな
 って有望企業を輩出しようとする「志のネットワーク」です。
 
  平成19年11月よりSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)システム
 が稼動。また12月から起業・経営支援情報データベースの整備に着手しています。

 「つながりを力に」の合言葉のもと、NICeの活用法を含めて、起業家が見据
 えるべき課題と選択すべき戦略について熱く、わかりやすく説明します。
 NICeに未登録の方も大歓迎です。お一人様からお気軽にご参加ください。


 ◆テーマ
『つながり力をはぐくむ起業支援の輪をつくろう!〜東海異業種一大交流会〜』

 ◆日時
 2008年5月14日(水)18:50〜20:40(受付開始 18:30〜)

 ◆会場
 愛知県産業貿易館 西館 第2会議室(スクール形式100名着席可)
 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-1-6

 ◆参加費 無料

 ◆主催 経済産業省委託事業 起業支援ネットワークNICe

 ◆イベント内容(予定)
 1.基調講演会(50分)
 『「つながり力」で景気低迷時代を乗り越えよう!
  <成功する起業家は、情報と知恵の共有・循環を演出する>
  〜経産省プロジェクト・起業支援ネットワークNICeが目指すもの〜』
  講師/起業支援ネットワークNICeチーフプロデューサー 増田紀彦

 2.東海で活躍する交流会代表者からの活動報告 各3分 協力団体

 3.NICe&「NICeなつながりあっため隊in東海」参加のお願い

 4.名刺交換交流会

 ◆運営・お問い合わせ先
   NICe説明会東海実行委員会(有限会社エスプリ・マネジメント内)
   〒460-0002 名古屋市中区丸の内3-7-26ACAビル
   TEL:052-953-6577 FAX:020-4663-6057


=============================================================================
●施策情報【再掲】
===========================
1.「平成20年度 試作品開発助成金」公募のお知らせ
                     《財団法人中小企業ベンチャー振
興基金》

  財団法人中小企業ベンチャー振興基金は、東京・名古屋・大阪の3中小
 企業投資育成株式会社が資金を拠出している公益法人です。新しい時代の
 担い手としてのベンチャー企業を支援するために、毎年助成金を交付して
 おり、助成実績は24年間で311件〜944百万円になっております。

  同基金では、平成20年度においても、次の通り応募受付を行います。詳
 しくは、同基金窓口まで、お問い合わせください。

【助成対象】
 (1)対象者
  これまでの研究開発成果をベースとして、新たな製品開発に際しての
  試作品の製作を行うという具体的な計画を有している中小企業(原則
  として創業後10年以内または新事業進出後10年以内の中小企業で、か
  つ資本金3億円以下の未上場企業)、または個人の研究者。

 (2)資金使途
  新技術、独自ノウハウによる製品開発(製品と一体のソフトウエアの
  開発を含む)に際しての試作品開発のために要する資金。
  なお、試作品開発に要するプロジェクトの総額は、1,500万円以内の
  規模のものとします。

【助成金額】
 助成対象額は500万円を限度とします(総費用に対する助成率等の制限はあり
ません)

【公募期間】2008年4月20日(日)〜6月30日(月)

【問合せ先】財団法人中小企業ベンチャー振興基金
      TEL:03-5466-2109

【詳細情報】www.newtec.or.jp/

    ------------------------------------------------------------

2.独創的シーズ展開事業「委託開発」課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

 「委託開発」は大学等の研究成果で、特に開発リスクの高いものについて企業に
 開発費を支出して、実用化を支援します。

 公募期間:第一回 平成20年3月17日(月)〜6月10日(火)
      第二回 平成20年6月11日(水)〜8月20日(木)
 開発期間・開発費 2〜7年程度 1〜20億円/課題
 説明会:3月28日(金)東京ほか、各地開催予定
 詳細情報 → http://www.jst.go.jp/itaku/
 
 ■問い合わせ・連絡先
 科学技術振興機構 開発部 開発計画課
 TEL 03-5214-8994 FAX 03-5214-8999 E-mail project@jst.go.jp

    ------------------------------------------------------------

3.独創的シーズ展開事業「革新的ベンチャー活用開発」
 『一般プログラム・創薬イノベーションプログラム』課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

 ○一般プログラム
  研究開発型ベンチャー企業(設立登記後10年以内かつ資本金10億円以下の非上場
  企業)が行う大学等の研究開発成果の実用化を支援します。

  開発期間・開発費:2〜5年×2000万〜5000万円/年

 ○創薬イノベーションプログラム
  創薬企業(資本金300億円以下)による医薬品の臨床開発を支援します。

 ○開発期間・開発費:最長5年×1億〜2億円/年

 公募期間:平成20年3月17日(月)〜6月10日(火)
 説 明 会:3月28日(金)東京ほか、各地開催予定
 詳細情報 → http://www.jst.go.jp/kaku-ven/

 ■問い合わせ・連絡先
 科学技術振興機構 開発部 開発計画課
 TEL 03-5214-8994 FAX 03-5214-8999 E-mail kaku-ven@jst.go.jp

    ------------------------------------------------------------  
            

4.「平成20年度オンリーワン企業育成技術開発支援事業補助金」のご案内☆
                      《財団法人三重県産業支援センター》

  財団法人三重県産業支援センターでは、中小企業者等の方々が、自ら
 策定した高度化計画に基づき行う「新製品や新技術に関する調査研究・
 研究開発」にかかる経費の一部を企業の発展段階に応じて助成させて
 いただくことにより、オンリーワンを目指した高度化・高付加価値化を
 推進します。

 ■応募期間:平成20年4月7日(月)〜5月16日(金)17時〆切
 
 ■募集対象:新商品・新技術に関する研究開発等を行う、三重県内に
       主たる事務所または事業所を有する中小企業者(会社及び個人)
組合等。
       ○創業後5年以上経過した中小企業者等が対象です。
 
 ■詳細・応募方法:下記URLをご覧下さい。 
  http://www.miesc.or.jp/info/onlyone-2/onlyone-top.htm

 ■問合せ先:(財)三重県産業支援センター
       ものづくり支援課 ものづくりG 
       〒514-0004 三重県津市栄町1丁目891(三重県合同ビル5階)
       TEL 059-228-3171  FAX 059-228-3173
       E-mail monozukuri@miesc.or.jp(オンリーワン補助金問い合せ)

    ------------------------------------------------------------

5.「平成20年度 研究開発助成金公募開始」のご案内☆
                        《(財)三菱UFJ技術育成財団》

  三菱UFJ技術育成財団は昭和58年の設立以来、技術指向型の中小企業
 の育成を通じて、我が国産業の発展並びに中小企業の経営高度化に貢献す
 ることを目的とした財団法人です。
  さて、当財団では毎年、上記目的を達成する事業の一環として、設立以
 来、以下の通り新製品、新技術の研究開発に対する助成事業を行っており
 ますが、この度、公募開始の運びとなりましたのでお知らせ申し上げます。

 皆様の新規性に富み、意欲的なプロジェクトでのご応募をお待ちしております。

(平成19年4月13日、財団名をUFJベンチャー育成基金から、
             三菱UFJ技術育成財団に変更致しました。)

 ■対象企業・プロジェクト:
  ○新技術、新製品等の研究開発を行う、原則として設立または創業後5年
   以内(新規事業進出後5年以内の場合も含む)の中小企業または
   個人事業者。
  ○現在の技術水準から見て新規性のある機械、システム、製品等の
   開発で、原則として2年以内に事業化が可能なプロジェクト。
 
 ■助成金額:助成金として、次のいずれか少ないほうの金額を交付いたします。
       ○1プロジェクトにつき3百万円以内。
       ○研究開発対象費用の1/2以下。

 ■公募期間:平成20年度は申請者の応募機会を広げるために、年2回の
       募集にいたします。
       ○第1回目  平成20年4月1日〜5月31日
       ○第2回目  平成20年9月1日〜10月31日

 ■詳細・応募方法:下記URLをご覧下さい。
           http://www.mutech.or.jp/

 ■問合せ先:(財)三菱UFJ技術育成財団 
        〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1
        TEL 03-3287-0701

    ------------------------------------------------------------

6.地域資源活用新事業展開支援事業費補助金
   (地域資源活用販路開拓等支援事業)の募集        《中部経済産業局》

  中小企業庁では、地域経済の活性化及び地域中小企業の振興のため、地域
 資源を活用した商品・役務の改良や販路開拓に意欲的に取り組む組合等を支
 援することを目的に、補助事業に申請される方を募集しています。

 ■公募期間
  平成20年4月21日(月曜)〜平成20年5月16日(金曜)(17時必着)

 ■事業概要
  地域に特色のある産業資源(農林水産物又は鉱工業品、鉱工業品の生産に
  係る技術、観光資源等)を活用した商品又は役務の販路開拓を目的として
  補助対象者が行う市場調査、商品又は役務の改良(研究開発、試作、評価
  等を含む)、展示会等の開催又は展示会出展等の顧客獲得に係る事業に要
  する経費の一部について補助します。

 ■交付の対象
  組合、公益法人、中小企業者・組合等を主とするグループ、NPO等
 (詳細については、公募要領をご覧下さい)

 ■詳しくは経営支援課のページから
  http://www.chubu.meti.go.jp/keiei/index.htm

 ■お問合せ先
  中部経済産業局 産業部 経営支援課
  名古屋市中区三の丸2-5-2
  電話:052-951-0521

    ------------------------------------------------------------

7.「平成20年度 産学共同シーズイノベーション化事業」公募のお知らせ
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

  科学技術振興機構では、「平成20年度 産学共同シーズイノベーション化
事業」
 の公募を開始しました。

【事業概要】<顕在化ステージ>
       大学等の基礎研究に潜在するシーズ候補を、研究報告会等を通じて
       産業界の視点で見出し、顕在化させようとするシーズ候補に関して
       産と学が共同で提案する研究課題を募集するものです。

      <育成ステージ>
       イノベーション創出に向けて、顕在化されたシーズを育成するプラ
       ンを立案していただきます。このプランに関して産学共同で研究
       (マッチングファンド形式)を行う研究開発課題を募集するもの
です。

【研 究 費】<顕在化ステージ>
       800万円程度/課題、研究期間 最長1年、採択予定件数 110課
題程度

      <育成ステージ>
       5,000万円程度/課題・年(企業からの負担額を上限)、研究期間
       最長4年度、採択予定件数 8課題程度

【公募期間】<顕在化ステージ>
       平成20年2月4日(月)〜平成20年8月4日(月)
       第1回締切/4月7日(月)、第2回締切/6月9日(月)、第3回締切
/8月4日(月)

      <育成ステージ>
       平成20年6月2日(月)〜平成20年8月18日(月)

【問合せ先】独立行政法人科学技術振興機構
       産学連携事業本部 技術展開部 イノベーション創出課
       TEL:03-5214-7995

 ■詳細については下記をご参照ください。
  http://www.jst.go.jp/innovate/

    ------------------------------------------------------------

8.平成20年度R&D推進・研究助成の募集 《財団法人北陸産業活性化センター》

  当財団では、平成20年4月25日(金)から5月30日(金)まで、平成20
 年度R&D推進・研究助成の応募者を募集いたします。

 ■申請者
 北陸地域に本社機能または研究機能を有する企業とする。

 ■研究助成の対象分野
 1.エネルギー・環境に関する分野
 2.製造技術に関する分野
 3.バイオ・ライフサイエンスに関する分野
 4.ナノテクノロジー・新素材に関する分野

 ■助成の応募対象
 北陸地域に本社機能または研究機能を有する企業が、研究機関(大学、
 短期大学、高等専門学校、独立行政法人、公設試験場等)と共同で行う研究

 ■助成金額、件数
 1件当たり500万円以内
 (ただし、研究助成金の額は助成対象経費総額の75%以内、採択件数は4件
以内とする)

 ■研究期間 2年間

 ■問合先
 (財)北陸産業活性化センターR&D推進・研究助成担当
  金沢市片町2-2-15北国ビルディング2階
  TEL:076-264-3001

===============================================================================
●イベント情報【再掲】
===========================
1.名商先端技術セミナー 航空機エンジン編
「第1回」航空エンジンのモノづくり技術〜「第3回」将来航空機エンジン技術
の研究開発
                             《名古屋商工会議所》

  航空宇宙産業には、先進的で付加価値の高い要素技術が集積していることから、
 幅広い産業分野への応用が期待されています。
  皆様の技術革新や研究開発の一助として頂くため、セミナーを下記の通りシリ
 ーズにて開催致しますので、多数のご参加をお待ちしております。

 ○日程
 【第2回】日時 5月21日(水)燃焼技術について        
 【第3回】日時 6月10日(火)将来航空機エンジン技術の研究開発
 ※時間 各回とも14:00〜16:00
  第1回「航空エンジンのモノづくり技術」は4月16日(水)に開催済

 ○会場   各回とも、名古屋商工会議所 5階 D会議室

 ○内容・スケジュール

 第2回 燃焼技術について
 【日 時】5月21日(水)14:00〜16:00
 【説明者】名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 教授 梅村 章 氏
 ※内容(予定)スワール燃焼技術の基本的な考え方を紹介し、今後の課題に
        いて解説する。

 第3回 将来航空機エンジン技術の研究開発
 【日 時】6月10日(火)14:00〜16:00
 【説明者】株式会社IHI 航空宇宙事業本部 技術開発センター
              エンジン技術部長 小林 健児 氏
 ※内容(予定)1.エンジン開発の歴史 2.エンジン技術の特徴 3.将来技術

 ○対象者  企業の経営者、技術者、リーダー
 ○受講料  無料(非会員は1名につき3,000円)
 ○定 員  各回とも70名
 ○締 切  開催日の1週間前
 ○申込先  名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ
       FAX052−232−5752

 ○問合せ先
 名古屋市中区栄2−10−19 
 名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ
 担当:梅田 TEL:052−223−8603

 ○詳細はこちら:
 http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=0803170001

    ------------------------------------------------------------

2.中部最大級の展示会「メッセナゴヤ2008」
  【環境ベンチャーゾーン】出展企業募集中!!《メッセナゴヤ実行委員会事務局》

  業種・規模を問わず、幅広い分野からの参加を得てビジネスチャンスの創出を
  図る国際総合見本市「メッセナゴヤ」

  第3回目を迎える今年は、ベンチャー企業やNPO法人の方に短期間・低料金
  でご出展いただける【環境ベンチャー応援ゾーン】をご用意しました。ぜひこ
  の機会にご出展ください!

 ●メッセナゴヤ2008概要 http://www.messenagoya.jp
  会期:9月11日(木)〜14日(日) 
  場所:ポートメッセなごや
  規模:出展企業250社、来場社 4万人(予定)

 ●環境ベンチャー応援ゾーン
 「タイムシェアードブーズ」出展について

 ○申込資格:環境ビジネスの分野で独創的や製品・技術等を開発・提供する
        創業5年以内の企業およびNPO、NGO、市民団体

 ○出展期間:前期【9月11日・12日】または、後期【9月13日・14日】
 
 ○出展料金:52,500円(税込)※但し、1出展者、1ブース限定
             ◎机1本、椅子2脚、一般電源1口をご用意します。

 ☆お申込みは先着順に受付ます 詳しくはこちらから↓☆
  http://www.messenagoya.jp/venture.html
		
【問合せ先】
 メッセナゴヤ実行委員会事務局(名古屋商工会議所 企画振興部内)宮崎
 TEL:052-223-5709 FAX:052-231-5703
 mailto:messenagoya@nagoya-cci.or.jp

=============================================================================
       ============================================☆★☆
         (事務局)中部経済産業局新規事業課
               編集担当者 早水(はやみず) 
               TEL:052-951-2761
               FAX:052-950-1764
            E-mail:qchbns@meti.go.jp
  「ベンチャー広場」会員登録・変更・解除については、こちらまでお願いします
       ☆★☆===========================================
 ……………………………………………………………………………………………
バックナンバー
【Vol.194】
【Vol.193】
【Vol.192】
【Vol.191】
【Vol.190】
【Vol.189】
【Vol.188】
【Vol.187】
【Vol.186】
【Vol.185】
【Vol.184】
【Vol.183】
【Vol.182】
【Vol.181】
【Vol.180】
【Vol.179】
【Vol.178】
【Vol.177】
【Vol.176】
【Vol.175】
【Vol.174】
【Vol.173】
【Vol.172】
【Vol.171】
【Vol.169】
【Vol.168】
【Vol.166】
【Vol.165】
【Vol.164】
【Vol.163】
【Vol.162】
【Vol.161】
【Vol.160】
【Vol.159】
【Vol.158】
【Vol.157】
【Vol.156】
【Vol.155】
【Vol.154】
【Vol.147】
【Vol.145】
【Vol.144】
【Vol.143】
【Vol.142】
【Vol.140】
【Vol.139】
【Vol.137】
【Vol.136】
【Vol.135】
【Vol.134】
【Vol.133】
【Vol.132】
【Vol.130】
【Vol.128】
【Vol.127】
【Vol.126】
【Vol.125】
【Vol.124】
【Vol.123】
【Vol.122】
【Vol.121】
【Vol.120】
【号  外】
【Vol.119】
【Vol.118】
【Vol.117】
【Vol.116】
【Vol.115】
【Vol.114】
【Vol.113】
【Vol.112】
【Vol.111】
【Vol.110】
【Vol.109】
【Vol.108】
【Vol.106】
【Vol.105】
【Vol.104】
【Vol.103】
【Vol.102】
【Vol.101】
【Vol.100】
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764