FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├その他団体

番組ゲスト出演申込

グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.193】
  バックナンバーはこちら
 http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/backnumberlist.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2008/4/14■☆★☆★☆★
中部経済産業局では、新規事業に関する支援団体や行政の施策、イベント情報を
月2回配信しています。詳細情報は、項目ごとに記載した問合先にお尋ねください。 
本メールマガジンの配信先追加・変更、配信停止を希望される方は、メール巻末を
ご覧ください。
====≪トピックス≫===========================================================

●施策情報【新着情報】
---------------------
1.第2回大学発ベンチャービジネスモデルコンテスト       
       《全国大学発ベンチャービジネスモデルコンテスト実行委員会事務局》

2.2008年度中小企業経営革新ベンチャー支援事業 公募概要
                       《独立行政法人情報処理推進機構》

3.「平成20年度第1回岐阜県地域活性化ファンド事業費助成金募集」のご案内☆
                    《財団法人岐阜県産業経済振興センター》

4.「平成20年度オンリーワン企業育成技術開発支援事業補助金」のご案内☆
                      《財団法人三重県産業支援センター》

5.「平成20年度 研究開発助成金公募開始」のご案内☆
                        《(財)三菱UFJ技術育成財団》

●イベント情報【新着情報】
-------------------------
1.「発明の日」わくわくフェア2008の開催について      《中部経済産業局》

2.「情報通信セミナーin岐阜」開催のご案内
            ICT国際競争力強化に向けた取組み 《東海総合通信局》

●施策情報【再掲】
-----------------
1.地域イノベーション創出研究開発事業の公募について    《中部経済産業局》

2.平成20年度地域資源活用型研究開発事業の公募について  《中部経済産業局》

3.平成20年度予算に係る中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち
         実用化研究開発事業(補助金)の公募について《中部経済産業局》

4.「平成20年度 試作品開発助成金」公募のお知らせ
                    《財団法人中小企業ベンチャー振興基金》

5.独創的シーズ展開事業「委託開発」課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

6.独創的シーズ展開事業「革新的ベンチャー活用開発」
 『一般プログラム・創薬イノベーションプログラム』課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

●イベント情報【再掲】
---------------------
1.経済産業省 北畑事務次官 来名特別講演会 
     「イノベーションとニュービジネスの創出」《中部ニュービジネス協議会》

2.名商先端技術セミナー 航空機エンジン編
「第1回」航空エンジンのモノづくり技術〜「第3回」将来航空機エンジン技術の研究開発
                             《名古屋商工会議所》

=============================================================================
●施策情報【新着情報】
===========================
1.第2回大学発ベンチャービジネスモデルコンテスト       
       《全国大学発ベンチャービジネスモデルコンテスト実行委員会事務局》

  経済産業省北海道経済産業局、読売新聞社、北海道大学では、革新的な技術
 やアイデアで事業展開を行う大学発ベンチャーの優れたビジネスモデルの輩出
 を目的に開催する「第2回全国大学発ベンチャービジネスモデルコンテスト」
 の案件募集を、3月21日から開始しましたので、お知らせします。

  本コンテストは、5月27日(火)に最終審査会を札幌で開催します。表彰
 は、最優秀賞、優秀賞、環境貢献賞、地域貢献賞、審査委員長特別賞に対して
 行い、最優秀賞には、賞金100万円、その他の賞にも奨励金を差し上げます。
 
  受賞企業は、経済産業省ホームページに企業名やビジネスモデルの概要を掲
 載します。また、関係者に広く配布する開催レポート(冊子)には、表彰式の
 模様や最終審査会参加企業全社の企業概要を掲載します。

【第1回コンテスト概要】  
 http://www.hkd.meti.go.jp/hokid/innovation2007

  全国規模で大学発ベンチャーのビジネスモデルを競うコンテストは本事業が
 唯一のものです。

【募集スケジュール】
 3月21日(金):応募受付開始 
 4月18日(金):応募締め切り(当日消印有効)
 4月25日(金):一次審査(書類選考)結果通知
 5月27日(火):最終審査会(プレゼン)/表彰式

【対 象】
 大学での研究成果に基づきビジネス展開を図っている2000年1月以
 降に設立した大学発ベンチャーのビジネスモデルが対象。

【詳細は以下のサイトの応募要領に掲載】
  http://www.hkd.meti.go.jp/hokid/bmcontest2/index.htm

【お問い合わせ・お申し込み先】
 全国大学発ベンチャービジネスモデルコンテスト実行委員会事務局 
 経済産業省北海道経済産業局 新規事業課
 TEL:011-700-2324/011-700-2251
 E-mail:hokkaido-shinki-renkei@meti.go.jp
 〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎

    ------------------------------------------------------------

2.2008年度中小企業経営革新ベンチャー支援事業 公募概要
                       《独立行政法人情報処理推進機構》

 ■事業概要
   情報処理推進機構(IPA)では 2008年度「中小企業経営革新ベンチャー
  支援事業」に関する公募を実施します。
   優れた技術シーズをもとに、経済産業省が構築するSaaS活用基盤※と連携し
  SaaS型の新しいビジネスモデルや技術を活用して事業化を目指す中小ITベンチ
  ャー企業を発掘し、そのビジネスモデルを実現するための、開発・事業化に係
  る支援を行います。
   サービスイノベーションを促進させ、国際競争に打ち勝つ新たなビジネスモ
  デルを創出し、ソフトウェア分野を活性化させ、中小企業の生産性向上を実現
  することで日本経済の発展に資することを目的に、「中小企業経営革新ベンチ
  ャー支援事業」を実施します。

 ※経済産業省では、中小企業の生産性を向上させるため、財務会計・税務申告、
  給与計算、あるいは小規模企業に有用なその他ソフトウェアを提供するための
  SaaS(Software as a Service)活用基盤を2008年度より構築します。
 (参照URL:http://www.meti.go.jp/information/data/c80318bj.html)

 ■応募方法
  提案書類は、IPAホームページ上より電子申請にて受け付けます。
  電子申請以外での提出は受け付けませんので注意して下さい。
  電子申請にて応募する場合は、IPAの発行する申請用電子証明書が必要となります。
  証明書取得には2〜3日を要しますので、証明書の取得はお早めにお願いします。
  証明書は、IPAが実施している公募、入札等に共通して有効です。
  詳しくは以下をご参照ください。

 ◆電子申請の方法: https://www.ipa.go.jp/about/densinsei/tejun/e-ipa.html

 ■詳細情報: http://www.ipa.go.jp/software/chusho/2008/kobo.html

 ■公募に関するお問合せ先
  独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)  ソフトウェア開発事業部
  中小企業経営革新ベンチャー支援事業 公募担当
  〒113-6591 東京都文京区本駒込2丁目28番8号 
  文京グリーンコートセンターオフィス16階
 
    ------------------------------------------------------------

3.「平成20年度第1回岐阜県地域活性化ファンド事業費助成金募集」のご案内☆
                    《財団法人岐阜県産業経済振興センター》

  歴史・自然・文化を活かした観光産業の発展と地場産業のブランド力の
 向上、さらに地域資源を活用したまちづくり、新しいビジネスの創出・成
 長の実現のための支援策として、基金「岐阜県地域活性化ファンド」を創
 設し、基金の運用益で地域資源を活用した創業・経営革新につながる多様
 な取組に対して助成を行います。
  なお、当助成金は、12事業13種類から構成されており、年間運用益
 の範囲内で募集を行います。
 
 ■提出期間 平成20年4月10日(木) 〜 平成20年5月9日(金) 

 ■詳細・応募方法:下記URLをご覧下さい。
    http://www.gpc.pref.gifu.jp/sansin/fund/h20/index.html
 
 ■問合せ先:(財)岐阜県産業経済振興センター
      地域振興部 まちづくり担当 TEL 058-277-1083

    ------------------------------------------------------------                      

4.「平成20年度オンリーワン企業育成技術開発支援事業補助金」のご案内☆
                      《財団法人三重県産業支援センター》

  財団法人三重県産業支援センターでは、中小企業者等の方々が、自ら
 策定した高度化計画に基づき行う「新製品や新技術に関する調査研究・
 研究開発」にかかる経費の一部を企業の発展段階に応じて助成させて
 いただくことにより、オンリーワンを目指した高度化・高付加価値化を
 推進します。

 ■応募期間:平成20年4月7日(月)〜5月16日(金)17時〆切
 
 ■募集対象:新商品・新技術に関する研究開発等を行う、三重県内に
       主たる事務所または事業所を有する中小企業者(会社及び個人)、組合等。
       ○創業後5年以上経過した中小企業者等が対象です。
 
 ■詳細・応募方法:下記URLをご覧下さい。 
  http://www.miesc.or.jp/info/onlyone-2/onlyone-top.htm

 ■問合せ先:(財)三重県産業支援センター
       ものづくり支援課 ものづくりG 
       〒514-0004 三重県津市栄町1丁目891(三重県合同ビル5階)
       TEL 059-228-3171  FAX 059-228-3173
       E-mail monozukuri@miesc.or.jp(オンリーワン補助金問い合せ)

    ------------------------------------------------------------

5.「平成20年度 研究開発助成金公募開始」のご案内☆
                        《(財)三菱UFJ技術育成財団》

  三菱UFJ技術育成財団は昭和58年の設立以来、技術指向型の中小企業
 の育成を通じて、我が国産業の発展並びに中小企業の経営高度化に貢献す
 ることを目的とした財団法人です。
  さて、当財団では毎年、上記目的を達成する事業の一環として、設立以
 来、以下の通り新製品、新技術の研究開発に対する助成事業を行っており
 ますが、この度、公募開始の運びとなりましたのでお知らせ申し上げます。

 皆様の新規性に富み、意欲的なプロジェクトでのご応募をお待ちしております。

(平成19年4月13日、財団名をUFJベンチャー育成基金から、
             三菱UFJ技術育成財団に変更致しました。)

 ■対象企業・プロジェクト:
  ○新技術、新製品等の研究開発を行う、原則として設立または創業後5年
   以内(新規事業進出後5年以内の場合も含む)の中小企業または
   個人事業者。
  ○現在の技術水準から見て新規性のある機械、システム、製品等の
   開発で、原則として2年以内に事業化が可能なプロジェクト。
 
 ■助成金額:助成金として、次のいずれか少ないほうの金額を交付致します。
       ○1プロジェクトにつき3百万円以内。
       ○研究開発対象費用の1/2以下。

 ■公募期間:平成20年度は申請者の応募機会を広げるために、年2回の
       募集に致します。
       ○第1回目  平成20年4月1日〜5月31日
       ○第2回目  平成20年9月1日〜10月31日

 ■詳細・応募方法:下記URLをご覧下さい。
           http://www.mutech.or.jp/

 ■問合せ先:(財)三菱UFJ技術育成財団 
        〒100-0004 東京都千代田区大手町1-1-1
        TEL 03-3287-0701

=============================================================================
●イベント情報【新着情報】
===========================
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。
 また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせください。
=============================================================================

1.「発明の日」わくわくフェア2008の開催について      《中部経済産業局》

  中部経済産業局では、中部知的財産戦略本部を設置し、地域として知的財産に関
 する取組水準を高めるため、知的財産の創造の重要性やお互いの知的財産を尊重す
 る精神を広く共有する「知財マインドの向上」に努めています。 
   このたび、その活動の一環として、4月18日の「発明の日」を記念して、次世
 代を担う若い世代が今後も一層の知的創造力を発揮できるよう、モノづくりを実際
 に体験したり、これまで発明が果たした社会貢献に触れることで、知的創造の大切
 さを知ってもらうことを目的とした『「発明の日」わくわくフェア』を開催します。 
 
 ★家族で一日発明発見をしよう! 

 1.工作教室開催  〜でこぼこ道も走る働く車「タンク」をつくろう〜 
  子供たちがモノづくりを楽しく体験できる、工作教室を開催します。今回は「タ
 ンク」を制作し、走るしくみを楽しく学びます。対象は小学校5・6年生、事前予
 約制となっております。予約方法につきしては別添のチラシをご覧ください。 

 2.発明クイズラリー  〜会場10 ヶ所にあるクイズを探そう〜 
   会場となる産業技術記念館内を回りながらヒントを探し、楽しく発明のきっかけ・
 苦労などを学ぶクイズラリーを開催します。 

 3.5人の発明家エピソード劇  〜偉大な発明の誕生秘話を知ろう〜 
  中部地域に縁の深い5人の発明家のエピソードを各30分ずつ計5回、5人の発明
 家の発明のきっかけ、開発に挑んだエピソードを楽しく劇で上映します。

 4.自然科学体験  〜科学の不思議を体験しよう〜 
   地上すれすれを高速ですべるように飛行する飛行機「夢ふくラム、空力ラム」や
 この他にも3つの楽しい工作が体験できます。工作を作ったらみんなで飛ばしたり、
 さらにうまく滑走するように工夫したりしてみましょう。 
 
 このほかにも「発明何でも相談会」を開催いたします。 
 また、当日は産業技術記念館イベント「アイデアコンテスト」も同時開催されます。 
 是非奮って御参加ください。 

 ■詳細情報
 http://www.chubu.meti.go.jp/technology/tokiyo.htm

 ■お問い合わせ先
 中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 特許室(中部知的財産戦略本部事務局) 
 担当:藤井、西尾 電話:052−951−2774(直通) 

 〜中部地域の知財情報はココ!〜 
 中部知的財産戦略本部Webサイト  http://www.chubu-chizai.jp/ 

    ------------------------------------------------------------

2.「情報通信セミナーin岐阜」開催のご案内
            ICT国際競争力強化に向けた取組み 《東海総合通信局》

  人口減少社会が現実のものとなり、従来の経済成長モデルでは限界を迎え
 つつある状況において、わが国経済を新たな成長のトレンドに乗せるために
 は、ICT産業の国際競争力の強化が不可欠であり、世界最高水準のブロー
 ドバンド環境など我が国のICTの強みを活用しつつ、持てる技術・資本・
 人材を有効に投入してポテンシャルを最大限発揮することが必要です。
  総務省では、こうした状況を踏まえ、昨年5月、ICT産業の国際競争力
 強化に必要な政策を包括的なパッケージとしてまとめた「ICT国際競争力
 強化プログラム」を策定しました。
 また、同年8月には「ICT国際競争力強化重点技術戦略」を公表するなど
 我が国の国際競争力強化に効率的・効果的に結びつけていくための推進方策
 が打ち出しています。
  今回は、これら施策の最新の動向とICT国際競争力強化に向けた取組み
 について講演を行います。

 ■日時:平成20年4月18日(金)15:00〜17:00
                  (受付:14:30〜)

 ■会場:じゅうろくプラザ 5階 大会議室(JR岐阜駅隣接)

 ■講演内容:「ICT国際競争力強化に向けた取組み」

 ■講師:総務省 総務審議官 森 清

 ■参加費:無料

 ■定員:120名(先着)

 ■主催:総務省東海総合通信局 東海情報通信懇談会

 ■後援:岐阜県、(社)中部経済連合会、(財)ソフトピアジャパン
     (社)岐阜県情報産業協会、岐阜県商工会議所連合会
     岐阜県商工会連合会、スイートバレー推進協議会

 ■詳細・申込方法:下記URLをご覧ください。
  http://www.tokai-bt.soumu.go.jp/tool/kohosiryo/hodo/19/03/0324.htm

 ■問合せ先:名古屋市東区白壁1-15-1 東海総合通信局
        情報通信連携推進課 担当 加藤
        電話 052-971-9315

=============================================================================
●施策情報【再掲】
===========================
1.地域イノベーション創出研究開発事業の公募について    《中部経済産業局》

 経済産業省では地域イノベーション創出研究開発事業の公募を行います。

  本事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を
 図るため、産学官の研究開発資源の最適な組み合わせからなる研究体を組
 織し、最先端の技術シーズをもとに新製品開発を目指す実用化技術の研究
 開発支援を通じて、新たな需要を開拓し、地域の新産業・新事業の創出に
 貢献しうる製品等の開発につなげることを目的としています。 

【公募期間】平成20年4月1日(火)〜平成20年4月22日(火) 
      (土曜・日曜・祝日を除く)
      受付時間 10:00〜12:00、13:30〜17:00

【対  象】産学官の研究開発資源の最適な組み合わせからなる研究体

  研究体は管理法人、総括事業代表者(PM:Project Manager)及び
  研究実施者によって構成されるものとし、委託研究に必要な技術
  シーズ・知見を有する者を含み(アドバイザーの参画は任意)、
  以下(1)(2)の要件を共に満たす必要があります。

(1)【民間企業の参画】
    研究実施者として、原則として複数の民間企業を含むこと。
   (ただし中小企業が参画する場合は、民間企業は1社のみでも可)

(2)【試験研究機関の参画】
    大学、高等専門学校、大学共同利用機関、独立行政法人及び地方
    独立行政法人であって、試験研究に関する業務を行うもの、特殊
    法人であって研究開発を目的とするもの並びに国及び地方公共団
    体の試験研究機関のうちのいずれか1つ以上の機関を含むこと。

  ※その他各種要件につきましては公募要領を御確認ください。 

【採択枠・支援内容】

   ■一般枠 1年以内の事業
        1件あたり上限額 : 1億円以内

   ■一般枠 2年以内の事業
        1件あたり上限額 :  初年度目1億円以内
        1件あたり上限額 : 2年度目5千万円以内

   ■農商工連携枠 2年以内の事業
        1件あたり上限額 :  初年度目1億円以内
        1件あたり上限額 : 2年度目5千万円以内

  ※農商工連携枠への提案案件については、一般枠への提案もあった
      ものとして取り扱います

 《農商工連携枠に提案する際の追加要件について》
   以下の1・2をともに満たすもの

    1 農林水産業を対象とする研究機関又は民間企業等を含む
            研究体であること。

     2 製造業・サービス業等と、農林水産業の有する技術力や
            ノウハウ等を連携させる研究課題を行う研究体であること。

【その他】
       詳細について、応募の手続き、公募要領、提案書様式等は
    当局HPからダウンロード可能です。
      http://www.chubu.meti.go.jp/technology/page/support.htm
      http://www.chubu.meti.go.jp/technology/page/support_jyosei.htm

   冊子版の公募要領につきましても中部経済産業局産業技術課窓口にて
   配布しております。

【お問合せ先】
   中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 (後藤、岩田)
   〒460−8510名古屋市中区三の丸2丁目5番2号
   TEL :052-951-2774 FAX :052-950-1764
   MAIL:qchbng@meti.go.jp

    ------------------------------------------------------------

2.平成20年度地域資源活用型研究開発事業の公募について  《中部経済産業局》

  経済産業省では地域資源活用型研究開発事業の公募を行います。

  本事業は、地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図
 るため、地域における産学官の強固な共同研究体を組織して行う、 地域に存
 在する資源(地域資源)を活用した、新製品の開発を目指す実用化技術の研
 究開発支援を通じて、 新たな需要を開拓し、地域の新産業・新事業の創出に
 貢献しうる製品等の開発につなげることを目的としています。 


【公募期間】 平成20年4月1日(火)〜平成20年4月22日(火)
       (土曜・日曜・祝日を除く)
       受付時間 10:00〜12:00、13:30〜17:00

【対  象】 地域の大学・公的研究機関と民間企業等の研究開発共同体
       (地域資源の存在する地域にある民間企業を含むことが条件)
       研究開発期間は2年以内。
       ※その他各種要件につきましては公募要領を御確認下さい。 

【採択枠・支援内容】
       委託金額:3,000万円以内/年
      (2年度目は2,000万円以内)

【その他】
       詳細について、応募の手続き、公募要領、提案書様式等は
    当局HPからダウンロード可能です。
      http://www.chubu.meti.go.jp/technology/page/support.htm
      http://www.chubu.meti.go.jp/technology/page/support_jyosei.htm

   冊子版の公募要領につきましても又は中部経済産業局産業技術課窓口
   にて配布しております。

【お問合せ先】
    中部経済産業局 地域経済部 産業技術課 (後藤、岩田)
    〒460−8510名古屋市中区三の丸2丁目5番2号
    TEL :052-951-2774 FAX :052-950-1764
    MAIL:qchbng@meti.go.jp

    ------------------------------------------------------------

3.平成20年度予算に係る中小企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち
         実用化研究開発事業(補助金)の公募について《中部経済産業局》

  経済産業省では、平成20月3月26日から平成20年4月25日までの間、中小
 企業・ベンチャー挑戦支援事業のうち実用化研究開発事業を公募いたします。
  本事業は、中小企業者等が行う実用化研究開発に要する経費の一部を補
 助するととも に、ビジネスプランの具体化に向けたコンサルティング等
 を一体的に実施します。

【公募期間】平成20年3月26日(水)〜平成20年4月25日(金)
          
【交付の対象】
  ?補助の対象となる要件
   ・中小企業者等であること。
   ・開発の終了後速やかに当該技術を実施又は製品化することを目的とし
    た研究開発であること。

  ?補助金額・補助率
   ・1件当たりの補助金額は、2,000万円以内(補助率は2/3以内)

  ?補助事業期間
   ・交付決定日から平成21年3月31日まで

  ?技術区分
   ・研究内容に応じて、一般枠と省エネルギー枠に分かれており、各々
    枠内で評価をし、採択を決定します。
   ・エネルギーに関する技術の研究で、かつ、使用エネルギー削減量が
    原油換算5,000KL/年以上のものが省エネルギー枠、それ以外が一般枠となります。

 【お問合せ先】経済産業省中部経済産業局産業技術課
        担当:目野、江間  電話:052−951−2774        

    ------------------------------------------------------------

4.「平成20年度 試作品開発助成金」公募のお知らせ
                     《財団法人中小企業ベンチャー振興基金》

  財団法人中小企業ベンチャー振興基金は、東京・名古屋・大阪の3中小
 企業投資育成株式会社が資金を拠出している公益法人です。新しい時代の
 担い手としてのベンチャー企業を支援するために、毎年助成金を交付して
 おり、助成実績は24年間で311件〜944百万円になっております。

  同基金では、平成20年度においても、次の通り応募受付を行います。詳
 しくは、同基金窓口まで、お問い合わせください。

【助成対象】
 (1)対象者
  これまでの研究開発成果をベースとして、新たな製品開発に際しての
  試作品の製作を行うという具体的な計画を有している中小企業(原則
  として創業後10年以内または新事業進出後10年以内の中小企業で、か
  つ資本金3億円以下の未上場企業)、または個人の研究者。

 (2)資金使途
  新技術、独自ノウハウによる製品開発(製品と一体のソフトウエアの
  開発を含む)に際しての試作品開発のために要する資金。
  なお、試作品開発に要するプロジェクトの総額は、1,500万円以内の
  規模のものとします。

【助成金額】
 助成対象額は500万円を限度とします(総費用に対する助成率等の制限はありません)

【公募期間】2008年4月20日(日)〜6月30日(月)

【問合せ先】財団法人中小企業ベンチャー振興基金
      TEL:03-5466-2109

【詳細情報】www.newtec.or.jp/

    ------------------------------------------------------------

5.独創的シーズ展開事業「委託開発」課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

 「委託開発」は大学等の研究成果で、特に開発リスクの高いものについて企業に
 開発費を支出して、実用化を支援します。

 公募期間:第一回 平成20年3月17日(月)〜6月10日(火)
      第二回 平成20年6月11日(水)〜8月20日(木)
 開発期間・開発費 2〜7年程度 1〜20億円/課題
 説明会:3月28日(金)東京ほか、各地開催予定
 詳細情報 → http://www.jst.go.jp/itaku/
 
 ■問い合わせ・連絡先
 科学技術振興機構 開発部 開発計画課
 TEL 03-5214-8994 FAX 03-5214-8999 E-mail project@jst.go.jp 

    ------------------------------------------------------------

6.独創的シーズ展開事業「革新的ベンチャー活用開発」
 『一般プログラム・創薬イノベーションプログラム』課題公募中!
                       《独立行政法人科学技術振興機構》

 ○一般プログラム
  研究開発型ベンチャー企業(設立登記後10年以内かつ資本金10億円以下の非上場
  企業)が行う大学等の研究開発成果の実用化を支援します。

  開発期間・開発費:2〜5年×2000万〜5000万円/年

 ○創薬イノベーションプログラム
  創薬企業(資本金300億円以下)による医薬品の臨床開発を支援します。

 ○開発期間・開発費:最長5年×1億〜2億円/年

 公募期間:平成20年3月17日(月)〜6月10日(火)
 説 明 会:3月28日(金)東京ほか、各地開催予定
 詳細情報 → http://www.jst.go.jp/kaku-ven/

 ■問い合わせ・連絡先
 科学技術振興機構 開発部 開発計画課
 TEL 03-5214-8994 FAX 03-5214-8999 E-mail kaku-ven@jst.go.jp 

===============================================================================
●イベント情報【再掲】
===========================
1.経済産業省 北畑事務次官 来名特別講演会 
     「イノベーションとニュービジネスの創出」《中部ニュービジネス協議会》

  経済産業省の北畑事務次官をお招きして、ニュービジネスに関する講演会
 を開催いたします。成長を続けるための「ニュービジネス」を考え、また、
 ビジネスチャンス拡大の絶好の機会として、ぜひ、ご参加くださいますよう
 ご案内申し上げます。

 ■日時:4月18日(金)

 ■内容:第1部 講 演 15:00〜16:30
      テーマ「名古屋型ニュービジネスモデルのすゝめ」
         講 師  名古屋商工会議所会頭 
              中部ニュービジネス協議会会長 岡田邦彦
      テーマ「これからの日本経済とニュービジネスの振興」
         講 師   経済産業省 事務次官 北畑?生 氏
     
     第2部 交流会 16:35〜17:40

 ■会場:ウェスティンナゴヤキャッスル(名古屋市西区樋の口町3-19)

 ■対象:ニュービジネスに関心の高い企業経営者、企業の企画・開発担当者等

 ■定員:200名(先着順)

 ■参加費:無 料

 ■詳細:http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=0803050001

 ■問合先:中小企業・会員支援部 中小企業フロンティアグループ
      福谷、長瀬、大塚
      TEL:052-223−5746 FAX:052-231-8259

    ------------------------------------------------------------

2.名商先端技術セミナー 航空機エンジン編
「第1回」航空エンジンのモノづくり技術〜「第3回」将来航空機エンジン技術の研究開発
                             《名古屋商工会議所》

  航空宇宙産業には、先進的で付加価値の高い要素技術が集積していることから、
 幅広い産業分野への応用が期待されています。
  皆様の技術革新や研究開発の一助として頂くため、セミナーを下記の通りシリ
 ーズにて開催致しますので、多数のご参加をお待ちしております。

 ○日程
 【第1回】日時 4月16日(水)航空エンジンのモノづくり技術  
 【第2回】日時 5月21日(水)燃焼技術について        
 【第3回】日時 6月10日(火)将来航空機エンジン技術の研究開発
 ※時間 各回とも14:00〜16:00

 ○会場   各回とも、名古屋商工会議所 5階 D会議室

 ○内容・スケジュール
 第1回 航空エンジンのモノづくり技術
  【日 時】4月16日(水)14:00〜16:00
  【説明者】三菱重工業株式会社 名古屋誘導推進システム製作所 
              エンジン機器技術部研究グループ 主席技師 杉浦 幸彦 氏
  ※内容(予定)1.当製作所の紹介 2.航空機産業 3.航空機エンジンの構造 
        4.要求性能 5.要素技術

 第2回 燃焼技術について
 【日 時】5月21日(水)14:00〜16:00
 【説明者】名古屋大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻 教授 梅村 章 氏
 ※内容(予定)スワール燃焼技術の基本的な考え方を紹介し、今後の課題に
        いて解説する。

 第3回 将来航空機エンジン技術の研究開発
 【日 時】6月10日(火)14:00〜16:00
 【説明者】株式会社IHI 航空宇宙事業本部 技術開発センター
              エンジン技術部長 小林 健児 氏
 ※内容(予定)1.エンジン開発の歴史 2.エンジン技術の特徴 3.将来技術

 ○対象者  企業の経営者、技術者、リーダー
 ○受講料  無料(非会員は1名につき3,000円)
 ○定 員  各回とも70名
 ○締 切  開催日の1週間前
 ○申込先  名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ
       FAX052−232−5752

 ○問合せ先
 名古屋市中区栄2−10−19 
 名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ
 担当:梅田 TEL:052−223−8603

 ○詳細はこちら:
 http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=0803170001

=============================================================================
       ============================================☆★☆
         (事務局)中部経済産業局新規事業課
               編集担当者 早水(はやみず) 
               TEL:052-951-2761
               FAX:052-950-1764
            E-mail:qchbns@meti.go.jp
  「ベンチャー広場」会員登録・変更・解除については、こちらまでお願いします
       ☆★☆===========================================
 ……………………………………………………………………………………………
NEW!!
【最新号】

バックナンバー
【Vol.192】
【Vol.191】
【Vol.190】
【Vol.189】
【Vol.188】
【Vol.187】
【Vol.186】
【Vol.185】
【Vol.184】
【Vol.183】
【Vol.182】
【Vol.181】
【Vol.180】
【Vol.179】
【Vol.178】
【Vol.177】
【Vol.176】
【Vol.175】
【Vol.174】
【Vol.173】
【Vol.172】
【Vol.171】
【Vol.169】
【Vol.168】
【Vol.166】
【Vol.165】
【Vol.164】
【Vol.163】
【Vol.162】
【Vol.161】
【Vol.160】
【Vol.159】
【Vol.158】
【Vol.157】
【Vol.156】
【Vol.155】
【Vol.154】
【Vol.147】
【Vol.145】
【Vol.144】
【Vol.143】
【Vol.142】
【Vol.140】
【Vol.139】
【Vol.137】
【Vol.136】
【Vol.135】
【Vol.134】
【Vol.133】
【Vol.132】
【Vol.130】
【Vol.128】
【Vol.127】
【Vol.126】
【Vol.125】
【Vol.124】
【Vol.123】
【Vol.122】
【Vol.121】
【Vol.120】
【号  外】
【Vol.119】
【Vol.118】
【Vol.117】
【Vol.116】
【Vol.115】
【Vol.114】
【Vol.113】
【Vol.112】
【Vol.111】
【Vol.110】
【Vol.109】
【Vol.108】
【Vol.106】
【Vol.105】
【Vol.104】
【Vol.103】
【Vol.102】
【Vol.101】
【Vol.100】
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764