FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├ 三河地域のお店
├その他団体

番組ゲスト出演申込

グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.185】
  バックナンバーはこちら
 http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/backnumberlist.htm
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2007/11/6■☆★☆★☆★
中部経済産業局では、新規事業に関する支援団体や行政の施策、イベント情報を
月2回配信しています。詳細情報は、項目ごとに記載した問合先にお尋ねください。 
本メールマガジンの配信先追加・変更、配信停止を希望される方は、メール巻末を
ご覧ください。
====≪トピックス≫===========================================================

●施策情報【新着情報】
---------------------
1.愛知県若手研究者奨励事業第2回「わかしゃち奨励賞」募集開始   《愛知県》

2.みえ地域コミュニティ応援ファンド助成金 《財団法人三重県産業支援センター》

●イベント情報【新着情報】
-------------------------
1.モノ作りエコデザインシンポジウム
  地球温暖化に挑むモノ作り〜サスティナブル経済社会のと環境付加価値の創造〜
                   《中部経済産業局、エコプロネット事務局》 

2.「アグリビジネス創出フェア2007」&「知財シンポジウム」開催!
                                《農林水産省》  

3.「東三河ベンチャー企業支援策活用相談会の参加者募集」のお知らせ 《愛知県》

4.平成19年度第2回ベンチャースピリット養成塾 参加者募集!!
                        《財団法人あいち産業振興機構》

5.新しいことを始めるなら新しい組織制度で!〜ご存じですかLLP?〜
                         《岐阜県中小企業団体中央会》

6. 第7回「NOBUNAGA21」地域経済活性化セミナーの開催
                           《NOBUNAGA21》

●施策情報【再掲】
-----------------
1.NEDO研究開発技術育成調査の公募案内
              《独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構》

2.イノベーション実用化助成事業(平成20年度)公募説明会
              《独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構》

3.三重県のベンチャー企業向け補助金が募集開始!
                      《財団法人三重県産業支援センター》

●イベント情報【再掲】
---------------------
1.平成19年度実力評価事業について
            《(財)ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)》

2.「早稲田大学WABOT−HOUSE研究所が研究公開を開催」
                       《WABOT−HOUSE研究所》

3.「志縁むすび」の開設について         《NPO法人起業支援ネット》

4.「クラスタージャパン2007」の開催      《文部科学省、経済産業省》

5.「中部知財フォーラム2007in名古屋」の開催
  〜知財で羽ばたくJAPANブランド!〜     《特許庁、中部経済産業局》

6.セミナー『金融機関と上手につきあう方法』のご案内
                        《岐阜県産業経済振興センター》

7.「ニュービジネス講演会2007」の参加者募集のご案内   《名古屋商工会議所》

8.女性起業家応援セミナーの参加者募集!!
 〜女性の創業(ゆめ)応援します!! ウィルあいちフェスタ2007イベント〜
                             《国民生活金融公庫》

=============================================================================
●施策情報【新着情報】
===========================
1.愛知県若手研究者奨励事業第2回「わかしゃち奨励賞」募集開始   《愛知県》

  愛知県と(財)科学技術交流財団、(財)日比科学技術振興財団では、
 全国の優秀な博士研究者等若手研究者に日頃の研究成果を発表する場を
 提供し、将来につながる研究テーマを発掘するとともに、県内企業との
 共同研究や事業化などを目指した取組を行います。
  あなたのアイデア(研究テーマ)をモノづくりの世界的集積地「あい
 ち」で育ててみませんか?なお、本事業は、(財)科学技術交流財団の
 研究交流事業と連携して実施します。

【詳細情報】http://www.pref.aichi.jp/shin-san/kagaku/nurture/pd/

【問い合わせ先】 愛知県産業労働部 新産業課 科学技術推進室
         TEL 052-954-6349
         FAX 052-954-6977

    ------------------------------------------------------------

2.みえ地域コミュニティ応援ファンド助成金  《(財)三重県産業支援センター》

【目 的】
     「みえ地域コミュニティ応援ファンド」は、多様な主体が、新し
     い時代の担い手として、地域の発想や工夫による特色あるビジネ
     スを創出することを支援するものとして創設しました。
     この、応援ファンドの活用による「みえ地域コミュニティ応援フ
     ァンド助成金」は、県内各地において様々な地域の課題を解決す
     るビジネスを創出していくために必要な、初期段階の必要経費に
     対して資金面から支援します。

【応募期間】
     平成19年10月22日(月)
              〜平成19年12月7日(金)17時まで

【助成対象事業】
     対象事業は、地域の特性を生かした事業や地域課題に対応したビ
     ジネス等、地域の課題解決等を図るビジネスとします。

【助成率等】
     助成率は、助成対象経費の2/3以内とします。ただし、支出に
     伴う消費税及び地方消費税は助成の対象となりません。
     なお、助成額は、200万円を上限とします。また、助成事業の
     効果的な実施の観点から最低助成額を50万円とします。

【助成期間】
     助成事業の対象期間は、原則として助成金の交付決定のあった年
     度とします。
     なお、複数年にわたる事業計画があるものについても、単年度毎
     の助成とします。

【詳細情報】
     http://www.miesc.or.jp/cb-fund/

【問い合わせ・申込先】
     〒514-0004 三重県津市栄町1丁目891 三重県合同ビル5階
        財団法人三重県産業支援センター
         企画財務チーム 企画広報グループ  担当:中津・梅本
         TEL:059-228-3321  FAX:059-226-4957
         E-mail:kikaku@miesc.or.jp

=============================================================================
●イベント情報【新着情報】
===========================
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。
 また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせください。
=============================================================================
1.モノ作りエコデザインシンポジウム
  地球温暖化に挑むモノ作り〜サスティナブル経済社会のと環境付加価値の創造〜
                      《中部経済産業局、エコプロネット》

 ◆日 時:2007年11月28日(水)14:00〜17:30(交流会:17:40〜18:30)

 ◆主 催:中部経済産業局、エコプロネット

 ◆共 催:環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)

 ◆後 援(予定):愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市
 
 ◆場 所:名古屋東急ホテル4階雅の間(名古屋市中区栄4−6−8)

 ◆参加費:無料(交流会含む)

 ◆内 容:?基調講演「環境配慮設計を巡る国際規格化の最新動向」
         講師:?日立製作所環境本部環境政策センタ主管技師 市川 芳明氏

         ?事例発表会「環境適合製品で世界に挑む」
          コーディネーター
          東北大学大学院環境科学研究科教授/エコプロネット副代表   石田 秀輝氏
          事例発表企業
          ・三恵工業?専務取締役 大森 久男氏(三重県鈴鹿市)
          ・鍋屋バイテック?代表取締役社長 金田 光夫氏(岐阜県関市)
          ・フルタ電機?代表取締役 古田 幹雄氏(名古屋市)

 ◆詳しくはこちらへ⇒ http://www.ecopronet.jp/sympo20071128.html

 ◆お問い合わせ先 中部経済産業局環境・リサイクル課 
           木村・松宮・小林(tel 052-951-2768)

          財団法人東海技術センター総務部 
           坪内・堀田(tel 052-771-5161) 

    ------------------------------------------------------------

2.「アグリビジネス創出フェア2007」&「知財シンポジウム」開催!
                                《農林水産省》

  農林水産省では、「新技術との出会いが拓く!!食と農林水産の未来!」を
 テーマとして、11月27日(火)、28日(水)に、「アグリビジネス創
 出フェア2007」を東京国際フォーラムにて開催します。
  また、同フェアのイベントの一つとして、「農林水産・食品分野の知的財
 産の活用に向けて」と題し、農林水産知的財産ネットワークシンポジウムも
 開催します。
  入場は無料。新たなアグリビジネスの創出をお考えの方、農林水産・食品
 産業に携わる企業・団体・研究機関等の方、食や農林水産業の未来に興味を
 お持ちの消費者の皆様など、広くご来場をお待ちしています。

  詳細については、
     ■ http://agribiz.jp/     (アグリビジネス創出フェア)
     ■ http://www.aff-chizai.net/ (農林水産知的財産ネットワーク)
  をご覧ください。

【お問い合わせ】 アグリビジネス創出フェア2007事務局
         TEL: 03-5925-3803 FAX: 03-5925-2703
         E-mail: agribiz-info@seeds-grp.co.jp

    ------------------------------------------------------------

3.「東三河ベンチャー企業支援策活用相談会の参加者募集」のお知らせ 《愛知県》

  愛知県内における新事業支援機関の活動拠点は、名古屋市内に集中してお
 り、東三河地域の中小・ベンチャー企業にとっては、それらの支援策の積極
 的な活用が困難な状況にあります。
  今般、豊橋市などの東三河地域の中小・ベンチャー企業を対象に、代表的
 な新事業支援機関の出前による「相談会」を下記のとおり開催することとし
 ました。東三河地域の中小・ベンチャー企業の皆様の積極的な参加をお待ち
 しております。

 ■開催日:平成19年11月20日(火)

 ■場 所:豊橋商工会議所 5階会議室
      豊橋市花田町字石塚42-1 電話 0532-53-7211

 ■参加費:無料

 ■対 象:東三河地域の中小・ベンチャー企業

 ■内 容:(社)中部経済連合会、(独)雇用・能力開発機構愛知センター、
      (独)中小企業基盤整備機構中部支部、(財)あいち産業振興機構
      の4つの新事業支援機関による「個別相談会」、「支援事例説明会」
      を開催する。

---(1)個別相談会
      ●時 間:PM13:00〜16:00
      ●定 員:事前予約者を優先(当日参加も可)
---(2)支援事例説明会
      ●時 間:PM13:30〜15:30
      ●定 員:60名(先着順)

 ■詳細・申込方法:
      http://www.pref.aichi.jp/0000006736.html

 ■問合せ先:
      愛知県産業労働部新産業課 次世代産業育成グループ
                        担当:河原、渡邉
      電話:052−954−6370(ダイヤルイン)内線:3383,3384
               E-mail: shin-san@pref.aichi.lg.jp 

    ------------------------------------------------------------

4.平成19年度第2回ベンチャースピリット養成塾 参加者募集!!
                         《(財)あいち産業振興機構》

  (財)あいち産業振興機構では、現在職業についているが将来独立し
 て起業を目指している方、又は、新たな事業展開を考えている方を対象
 にした講演会を行うこととしています。
  第2回目は、アット・ワンス株式会社代表取締役 杉本 美晴氏を招
 き「〜公園から講演に〜ステージを変えたら、人生も変わった!」と題
 して講演会を開催します。創業・起業に関心のある方はぜひご参加くだ
 さい。

【日 時】平成19年11月16日(金) 
     午後2時〜午後4時30分(受付午後1時30分〜)

【場 所】愛知県産業貿易館西館9階 第3会議室
     (名古屋市中区丸の内3丁目1−6)

【参加費】無料

【お問い合わせ】(財)あいち産業振興機構 新事業支援部 創業支援グループ
         電 話 : 052-231-6351 内線 462
         FAX : 052-222-0419
         E-Mail : info-shinjigyo@aibsc.jp 

【詳細情報】  http://www.aibsc.jp/tabid/107/Default.aspx

    ------------------------------------------------------------

5.新しいことを始めるなら新しい組織制度で!〜ご存じですかLLP?〜
                         《岐阜県中小企業団体中央会》

  LLP(有限責任事業組合)制度は、平成17年8月に制度が創設され、
 平成18年12月末までに全国で約1,600のLLPが設立されています。LL
 Pは、新たな連携組織であり、起業はもちろん、企業間連携や第2創業の
 有力なツールであります。また、株式会社等の有限責任制と民法法人の柔
 軟な組織運営の両面を持ち合わせた日本の新たな組織形態です。 
  岐阜県中央会では、こうした新たな組織形態を県内においても、十分に
 周知し活用していただきたいと考え、LLP制度の概要と活用についての
 セミナーとLLP事例発表会を開催いたします。 
  現在、起業を考えられている方、他社や大学等との共同研究や連携を考
 えられている方には、とても有益な情報ですので、是非ご参加ください。 
 
 ★日 時:平成19年12月3日(月) 13:30〜15:45
 ★会 場:県民ふれあい会館14階 展望レセプションルーム
       http://www.gpc.pref.gifu.jp/center/koutu.htm

 ■内 容
 【第1部】講 演:13:30〜14:50 
      テーマ:「LLPとLLCの活用と基礎」 
      講 師:スタート合同会社LLP・LLC起業活用センター 
                    代表社員 山田 順一朗 氏
 【第2部】事例発表会:14:50〜15:45  
      事例発表者
       ○ファクトリー・ジャパン有限責任事業組合
        セイホーマックス株式会社 代表取締役 高須賀 巧 氏
       ○有限責任事業組合佐久咲くひまわり
        株式会社NTTファシリティーズ
             エネルギー事業本部 担当部長 田中 良 氏 

 ★申し込み等は次のアドレスへ
   http://www.chuokai-gifu.or.jp/chuokai/kouza/html/100_2007.html

 ★問い合わせ先:岐阜県中小企業団体中央会 組織指導チーム 森瀬
                       電話(058)277-1101

    ------------------------------------------------------------

6.第7回「NOBUNAGA21」地域経済活性化セミナーの開催 《NOBUNAGA21》

 ★日 時:平成19年11月29日(木)13:30〜15:30
 ★場 所:ソフトピアジャパンセンタービル セミナーホール

======13:40〜13:50 第1部「ベンチャービジネス助成金」授賞式======

<ベンチャービジネス助成金制度とは・・・>
  この助成金は、ベンチャー企業、起業家の発掘・育成を図り、地域経済
 の活性化・発展に貢献することを目的とし、新規性・独創性のあるビジネ
 スプランを有する企業、起業家の方に対し助成金の贈呈をいたします。
  最優秀賞を受賞した方には100万円、優秀賞を受賞した方には10万
 円を贈呈いたします。
  
======13:50〜14:50 第2部 リーディングスピーチ======

 地方から世界へ新“地場産業”を興せ!
   〜ゲームで中部から世界へ「日本一」の挑戦〜
                    株式会社 日本一ソフトウェア
                   代表取締役社長 北角 浩一 氏

 『ゲームは作品ではなく商品である』を理念として、当社に係わる全ての
 人々に喜んでいただける商品開発を目指し、2007年6月13日にジャ
 スダック証券取引所に上場。
 「ゲームコンテンツの面白さ」「ネットワークの面白さ」「メカの面白さ」
 を追求し、中部から世界へ『日本一』の挑戦を続けます。

======14:50〜15:30 第3部 ビジネスプレゼンテーション======

 ●コメンテーター ●ゲスト
        株式会社日本一ソフトウェア
            代表取締役社長      北角 浩一 氏
        日本工業技術振興協会
            技術評価情報センター顧問 奥住 照男 氏
       「ベンチャービジネス助成金制度」
          最優秀賞受賞ベンチャー
          優秀賞受賞ベンチャー

【詳細情報】 http://www.nobunaga21.net/forum/forum_7.htm

【お問い合わせ】NOBUNAGA21事務局
        (十六銀行 営業企画部法人教務グループ内)
        電話:0120−0817−16
           058−266−2702

=============================================================================
●施策情報【再掲】
===========================
1.NEDO研究開発技術育成調査の公募案内
              《独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構》

  研究開発技術シーズを有する企業等に対して、当該シーズに係る特許等の
 周辺技術動向、類似技術開発要素との比較、販売ルート、具体的なプロジェ
 クト推進体制の在り方、基本原理の確認、基本データの取得等の調査をNE
 DO技術開発機構が委託して実施します。

【公募事業名】
   平成19年度「研究開発技術シーズ育成調査」(F/S調査)
【調査概要】
   ・委託期間:3ヵ月程度で年度内に終了すること
   ・調査費 :1件につき500万円以内
【公募期間】
   平成19年10月15日〜11月9日 18:00 必着
【問い合わせ先】
   研究開発推進部 技術コーディネートグループ 基盤促進チーム
   TEL 044-520-5172 FAX 044-520-5178
【掲載URL】
   http://www.nedo.go.jp/informations/koubo/191015_2/191015_2.html

    ------------------------------------------------------------

2.イノベーション実用化助成事業(平成20年度)公募説明会
              《独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構》

  独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)
 では、「イノベーション実用化助成事業」に係る研究開発テーマを広く募
 集する予定ですのでご案内いたします。
  『イノベーション実用化助成事業』では研究開発活動を行う中小企業・
 研究開発型ベンチャー企業が、実用化・製品化を図る際に、公的研究機関
 との共同研究を通じて支援を受けることができます。

【公募時期】  平成19年10月25日〜12月中旬頃を予定

【公募要領等】 公募要領等の詳細については、募開始日にNEDO
        ホームページに掲載します。

【公募説明会】 中部局管内では2ヵ所にて開催
        □--<名古屋会場>--□
          11月9日(金)13:30〜17:00
            愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2
            中部経済産業局2階 大会議室

        □--<富山会場>--□
          11月8日(木)13:30〜17:00
            富山県富山市愛宕町1-2-26
            中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局
                          3階会議室

 ※その他開催地情報につきましては主催者HPをご覧ください。
   http://www.nedo.go.jp/informations/koubo/190925_4/190925_4.html

【問い合わせ】
     独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
         研究開発推進部 イノベーション実用化推進グループ
                  (実用化担当)小林 種田 千田
                       TEL:044−520−5173
                E-Mail:innovation20-1@nedo.go.jp
    (大学発担当) 平山、四十物(あいもの)、池田、尾前(おまえ)
                       TEL:044−520−5175
                E-Mail:innovation-MF@nedo.go.jp

    ------------------------------------------------------------

3.三重県のベンチャー企業向け補助金が募集開始!
                      《財団法人三重県産業支援センター》
==============
 記事の内容
==============
  財団法人 三重県産業支援センターでは、新規性および成長性のある
 独創的なノウハウ・アイデアを活かし、三重県内での研究開発・製品開
 発を行われる方に対し、研究開発・製品開発等に必要な経費を補助する
 2つの補助金を創設し、皆様のご応募をお待ちしています。
 
1.みえベンチャービジネス・スタートアップ支援補助金(研究開発資金向け)
 ◆募集期間:10月22日(月)〜11月9日(金)17時まで【必着】
 ◆補助金 :1件あたりの上限200万円(下限:100万円)
 ◆補助率 :補助対象経費の10/10
 ◆主な補助対象経費:
       機械器具購入費、原材料費・マーケティング費など
 ◆補助期間:交付決定日より平成20年2月末日まで

2.みえベンチャービジネス・事業化支援補助金(製品開発資金向け)
 ◆募集期間:10月22日(月)〜11月9日(金)17時まで【必着】
 ◆補助金 :1件あたりの上限1,000万円(下限:500万円)
 ◆補助率 :補助対象経費の1/2
 ◆主な補助対象経費:
       機械器具購入費、原材料費・マーケティング費・人件費など
 ◆補助期間:【初年度】交付決定日より平成20年3月末日まで
       【次年度】4月1日から交付決定日後1年を超えない日まで
        ※補助期間は2会計年度にわたることが出来ますが、1年
         を超えないものとします。

【詳細情報】 http://www.marugoshi.com/support/sbir.htm

【問い合わせ先】
   514−0004
       三重県津市栄町1丁目891 三重県合同ビル5階
       財団法人 三重県産業支援センター
            新産業振興チーム 担当者:美濃、中村 
            TEL:059−228−3585
            E-MAIL:venture@miesc.or.jp

===============================================================================
●イベント情報【再掲】
===========================
1.平成19年度実力評価事業について
            《(財)ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)》
 ────────────────────────────────────
   ◆◇◆あなたの会社、診断(評価)を受けてみませんか?◆◇◆
 ────────────────────────────────────

 ベンチャー企業の方々が第三者による見方に触れ、経営の改善を図れるよ
うに、技術力・経営力等にかかる民間機関等による評価を実施することとい
たしました。
 大きな夢と高い志を持つベンチャー企業の皆様、このチャンスをぜひ活か
してください。

※平成19年度事業は、経済産業省の委託を受けて行う事業のため、料金はかかりません。

◆募集期間
【第一次募集】平成19年10月1日〜平成19年10月31日(消印有効)
【第二次募集】平成19年12月1日〜平成19年12月31日(消印有効) 

◆メリット
(1)第三者による公正なポテンシャル評価を受診でき、「リスク」や「弱み
   ・強み」が明確になり、経営戦略に役立てることができます。

(2)高い評価を受けた企業についてはVECのホームページにおける公表を
   行うなど貴社の実力を幅広く広報し、ベンチャーキャピタリスト等金曜
   機関との資金調達活動やビジネスパートナー検索もこれを目安として連
   携を進めやすくなります。

◆◆詳しくはこちらから!-----◆
 (財)ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)
            http://www.vec.or.jp/hyouka.html

    ------------------------------------------------------------

2.「早稲田大学WABOT−HOUSE研究所が研究公開を開催」
                       《WABOT−HOUSE研究所》

 各務原市のテクノプラザにある早稲田大学WABOT-HOUSE研究所が研究公開
 ・成果発表会を開催いたします。設立から5年が経過し、これまで行って
 きたロボットと人間の共生する未来についての研究成果発表とロボット・
 建築等の実物展示やデモを行います。

  ----「早稲田大学WABOT-HOUSE 研究所研究公開・成果発表会2007」----

【日 時】:平成19年11月19日(月)、20日(火)10:30〜16:30

【会 場】:岐阜県ロボットプラザ
      (早稲田大学WABOT-HOUSE 研究所各務原市須衛町4-179-50)他

【申 込】:研究公開Webから申し込み
        http://www.wabot-house.org/koukai2007/
      または告知チラシ裏面に必要事項記入の上、
      FAXでもお申し込みいただけます。

 19日は研究所設立からこれまでの研究成果と今後の展望について成果報告
 ・講演を行い、研究員がご来場の皆様へ分かりやすく説明いたします。

 技術展示については19、20日に開催、岐阜から発信するロボットと人間と
 の共生の将来像とその課題について紹介し、ロボット技術をどのように生
 活や地域産業に活用できるかなどの具体的な提案を行います。

 ロボット技術はこれから広い分野での活用が想定されており、製造分野の
 みならずサービスや生活への活用も検討されています。本研究公開は将来
 のロボット技術ユーザーとなる一般の皆さんの来場を広く歓迎しております。

 入場無料。ご参加に際しましては、お手数ですが事前登録をお願いいたします。

【問合せ先】:早稲田大学WABOT-HOUSE研究所 事務局
       電話 :058−379−2223
       FAX:058−379−6061
       研究所ホームページ:http://www.wabot-house.org/

    ------------------------------------------------------------

3.「志縁むすび」の開設について         《NPO法人起業支援ネット》

 ◆◆「志縁むすび」とは?-----◆
   地域を元気にする経済活動や地域の問題解決にビジネスを通じて取り
   組むコミュニティビジネス。
   「志縁」とは、コミュニティビジネスのさまざまな場面において、サ
   ポートすることもされることも固定的な役割ではなく、めぐりめぐっ
   ていくという意味を表します。
   「志縁者」とは、地域の人・文化・自然などあらゆる地域の資源を、
   未来まで豊かにたたえ循環させる、そのつなぎ目を担う人のことと私
   たちは考えます。
   「志縁むすび」は、全国の支援者を応援しつなげるWEBコミュニティです。

 ◆◆詳しくはこちらから!-----◆
   「志縁むすび」ウェブサイト
             http://www.shien-musubi.jp/

    ------------------------------------------------------------

4.「クラスタージャパン2007」の開催      《文部科学省、経済産業省》

  文部科学省及び経済産業省では、地域の資源や潜在能力を活かした技術開発を
 支援し、両省連携のもと『知的クラスター創成事業』や『産業クラスター計画』
 等を推進することによって、地域における産学官連携及びイノベーション創出シ
 ステムの構築を図り、地域経済の活性化を促進しております。 
  
  テクノフェア(展示会)では、こうした取り組み等によって得られた成果を一
 堂に集め、情報発信、情報交換の場とすることにより、先端的な産業技術の動向
 を把握すること、さらには、新たな産業及び事業の創出、知的財産からビジネス
 への展開を促進することを目的としています。
  
  シンポジウムでは、国際競争力の強化と地域経済の活性化のため、クラスター
 形成を促進する方策について、成功事例をふまえながら議論します。

 ■名  称:クラスタージャパン2007

 ■主  催:文部科学省・経済産業省

 ■共  催:内閣府

 ■後  援:(独)科学技術振興機構
       (独)産業技術総合研究所
       (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
       (独)中小企業基盤整備機構

 ■開催日程:11月28日(水)〜11月30日(金)

 ■開催場所:東京ビッグサイト(東京国際展示場)
       ●テクノフェア(展示会)
        11月28日(水)〜11月30日(金)東展示棟5ホール
       ●シンポジウム
        11月28日(水)会議棟1F レセプションホールB

 ■詳細情報: http://cluster-japan.cluster.gr.jp/

 ■お問い合わせ先: クラスタージャパン事務局
           電話: 03−3518−8964 

    ------------------------------------------------------------

5.「中部知財フォーラム2007in名古屋」の開催
  〜知財で羽ばたくJAPANブランド!〜     《特許庁、中部経済産業局》
       

  特許庁及び中部経済産業局では、知的財産の重要性の気づきの機会の提
 供を目的として、著作権で保護されるコンテンツ・ビジネスだけでなく、
 伝統産業、日本食、ファッションを加え幅広い産業の担い手として裾野が
 広がっている「コンテンツ・ビジネス」にスポットをあて、コンテンツ・
 ビジネスに必要な知的財産のマネジメント等を講演・パネルディスカッシ
 ョンいただくとともに、中国模倣品対策から中小企業の知財方策の事例紹
 介についてお話しいただく対談方式によるセミナー等を開催します。

【日 時】  :12月10日(月)10:00〜17:30

【場 所】  :メルパルクNAGOYA(名古屋市)

【お問合せ先】:中部知財フォーラム2007in名古屋事務局
          TEL:052-201-6627 FAX:052-201-6624
          E-mail:chb@chizai2007.com

    ------------------------------------------------------------

6.セミナー『金融機関と上手につきあう方法』のご案内
                        《岐阜県産業経済振興センター》

【日時】2007年12月5日 13時30分から15時30分まで

【場所】岐阜県県民ふれあい会館 (財)岐阜県産業経済振興センターIT研修室
      岐阜市薮田南5丁目14番53号 TEL:058-277-1090

【内容】産業経済の発展に寄与することが金融機関の役目の一つです。
    しかし、皆さんからお預かりした大切なお金ですから、回収
    出来ないような融資を避けることも宿命です。融資がすんな
    りと決まらないのも、これが大きな要因です。
    今回はこういったことを踏まえて金融機関と上手に付き合う
    方法を、元銀行マンと一緒に勉強しませんか?

    ●内容
      1.金融機関との信頼関係の構築
      2.成功例、失敗例
      3.5Sの活用
      4.金融機関が応援したくなる企業の条件

【参加費用】 無料

【定 員】 20(先着順、1社につき1名まで)名

【対象者】 岐阜県内の中小企業経営者、経理責任者、中間管理者

【備 考】 ★受講希望の方は申込書に必要事項を記入し、送信してください。

【詳 細】http://www.gpc.pref.gifu.jp/ORAdatabase/kouenkai/syosai.asp?NO=407

【連絡先】 岐阜県中小企業支援センター 熊澤、鹿野
       TEL:058-277-1096 FAX:058-273-5961

    ------------------------------------------------------------

7.「ニュービジネス講演会2007」の参加者募集のご案内   《名古屋商工会議所》

  本講演会では、ニュービジネスに関心のある企業経営者や起業家を
 目指す人々が一堂に会し、国内で指折りの“人集めの達人”からその
 極意を伝授していただくとともに、ビジネスチャンスの拡大と交流の
 場を提供するものであります。
  皆様のご参加をお待ちしております。

【日 時】平成19年11月21日(水)
     ・講演会:14時30分〜17時00分
     ・交流会:17時00分〜18時30分

【場 所】名古屋商工会議所 2階ホール(名古屋市中区栄2−10−19)
     http://www.nagoya-cci.or.jp/meisho/soshiki_access.html

【講 師】「プレミアム・アウトレットの現状と今後の戦略」
       チェルシージャパン株式会社 代表取締役社長 吉村 俊秀 氏
     「YOSAKOIソーラン祭り〜街づくりNPOの経営学〜」
       YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事    長谷川 岳 氏

【定 員】200名
     ※一社何名様でも結構です。定員超過でお断りする場合
      にはご連絡申し上げます。

【参加費】
     ・名古屋商工会議所会員、中部ニュービジネス協議会会員、学生:無料
     ・一般の方の交流会参加の場合:3,000円(講演会は無料です)

【詳細・申込方法】
     http://www.cnb.gr.jp/07kouen/index.html

【問合せ先】
     名古屋商工会議所
         中小企業・会員支援部 中小企業・フロンティアグループ
     〒460-8422 名古屋市中区栄二丁目10番19号
         TEL:052−223−5746 FAX:052−231−8259
         E-Mail:cnbc@cnb.gr.jp

    ------------------------------------------------------------

8.女性起業家応援セミナーの参加者募集!!
 〜女性の創業(ゆめ)応援します!! ウィルあいちフェスタ2007イベント〜
                             《国民生活金融公庫》

  国民生活金融公庫とあいち男女共同参画財団が共催で、女性起業家応援
 セミナーを開催いたします。
  先輩女性起業家による講演のほか、創業したいけどどうしてよいかわか
 らない?と言う方への助言、事業計画の立て方、資金調達について初歩か
 らわかりやすく解説いたします。
  創業に関心のある方(女性)は、是非ご参加ください。

----[講演いただく講師]----
       平田節子 氏
       (株)ジオコス 副代表・NPO法人起業支援ネット理事

  参加費は無料。また、参加者全員に「あいちの起業家応援セット」を
 無料で進呈いたします。

【日 時】 平成19年11月24日(土)13:30〜16:30(注)
     (注)講演(第1部)のみ参加される方は、14:30まで

【場 所】 ウィルあいち セミナールーム3

【定 員】 27名(女性)(定員になり次第締め切らせていただきます。)

【参加費用】無料

【内 容】  
 ・第1部 先輩女性起業家の体験談!(第1部のみの参加も可能です!!)
     起業にいたるプロセスや苦労話、成功秘話など先輩女性起業家
     による成功するための秘訣を語っていただきます。
 ・第2部 創業のチェックポイントを確認しよう!
     先輩女性起業家の例を交えて、創業したいけどどうしてよいか
     わからない?という方への助言や創業計画の立て方のコツをわ
     かりやすく初歩からお話します。
 ・第3部 創業の悩みお伺いします!(ご希望される方のみ個別相談に応じます。)
     こくきん創業支援センター名古屋の創業専門スタッフにより、
     事業計画の内容や金融相談など個別相談会を開催します。

 ※詳しくは下記までお問い合わせください。
     こくきん創業支援センター名古屋
         (国民生活金融公庫名古屋支店 創業支援課)
     〒460-0003 名古屋市中区錦1−11−20  TEL:(052)221-7251

     国民生活金融公庫ホームページ(URL:http://www.kokukin.go.jp/)

=============================================================================
       ============================================☆★☆
         (事務局)中部経済産業局新規事業課
               編集担当者 早水(はやみず) 
               TEL:052-951-2761
               FAX:052-950-1764
            E-mail:qchbns@meti.go.jp
  「ベンチャー広場」会員登録・変更・解除については、こちらまでお願いします
       ☆★☆===========================================
 ……………………………………………………………………………………………
バックナンバー
【Vol.184】
【Vol.183】
【Vol.182】
【Vol.181】
【Vol.180】
【Vol.179】
【Vol.178】
【Vol.177】
【Vol.176】
【Vol.175】
【Vol.174】
【Vol.173】
【Vol.172】
【Vol.171】
【Vol.169】
【Vol.168】
【Vol.166】
【Vol.165】
【Vol.164】
【Vol.163】
【Vol.162】
【Vol.161】
【Vol.160】
【Vol.159】
【Vol.158】
【Vol.157】
【Vol.156】
【Vol.155】
【Vol.154】
【Vol.147】
【Vol.145】
【Vol.144】
【Vol.143】
【Vol.142】
【Vol.140】
【Vol.139】
【Vol.137】
【Vol.136】
【Vol.135】
【Vol.134】
【Vol.133】
【Vol.132】
【Vol.130】
【Vol.128】
【Vol.127】
【Vol.126】
【Vol.125】
【Vol.124】
【Vol.123】
【Vol.122】
【Vol.121】
【Vol.120】
【号  外】
【Vol.119】
【Vol.118】
【Vol.117】
【Vol.116】
【Vol.115】
【Vol.114】
【Vol.113】
【Vol.112】
【Vol.111】
【Vol.110】
【Vol.109】
【Vol.108】
【Vol.106】
【Vol.105】
【Vol.104】
【Vol.103】
【Vol.102】
【Vol.101】
【Vol.100】
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764