MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├ 三河地域のお店
├その他団体

番組ゲスト出演申込
番組情報配信登録


グローカル・ニュース不定期ビジネスニュース岡崎商工会議所 メールニュースElection News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.71】
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/index.htm
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2002/ 10/15 1313部発行■★☆


◆◆トピックス◆◆
□□イベント情報□□
▼特許流通フェア中部2002の開催のご案内(再掲) 〜特許庁・中部経済産業局〜
▼技術シーズ説明会の開催のご案内(再掲) 〜中部経済産業局〜
▼特許流通促進セミナー 〜独立行政法人 工業所有権総合情報館〜
▼第39回新技術動向セミナー 〜名古屋商工会議所・東海ものづくり創生協議会〜
▼「第11回事業計画発表会」開催のご案内 〜東海ビジネスドットコム〜

□□施策情報□□
▼「中部の技術シーズ」のご案内 〜中部経済産業局〜
▼モノづくりブランドNAGOYA(めざせ「小さな世界企業」)〜名古屋商工会議所〜
▼「大学先端研究紹介フォーラム2002」(企業と大学のビジネスマッチングを目指して) 〜(財)ソフトピアジャパン〜

=====================================
□□イベント情報□□
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせ下さい。
▽「イベントガイド」〜現在募集中のイベント情報はホームページで閲覧できます〜
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/guide.htm

●特許流通フェア中部2002の開催のご案内 〜特許庁・中部経済産業局〜
特許庁、中部経済産業局では、新規事業の創出や中小・中堅企業の技術力の向上を図るため、特許の提供または導入を希望する企業、大学、研究機関などが直接交流する出会 いの場、「特許流通フェア中部2002」を開催します。皆様方のご来場をお待ちしております。
【日時】平成14年10月16日(水)〜18日(金)10:00〜17:00
【場所】名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール、メインホール、展望ホール)
【参加料】無料
【プログラム】
○展示会 会場:吹上ホール[16日(水)〜18日(金)10:00〜17:00]開放特許の提供を希望する企業・大学・公設試験研究機関など120社以上が出展。
○講演会 会場:メインホール[16日(水)]
・特別講演[10:30〜11:30]
 「知的財産戦略の課題」(仮題) 特許庁長官 太田 信一郎
・基調講演[13:30〜14:30]
「広がる意匠戦略の可能性」 オンダ国際特許事務所所長 弁理士 恩田博宣氏
・パネルディスカッション[14:40〜16:10]
「技術開発とデザイン戦略の在り方」
 パネラー:株式会社INAX 宮脇伸歩氏、コベルコ建機株式会社 矢仲徹太郎氏、
      株式会社トミー 村松明子氏
 コーディネーター:弁理士 恩田博宣氏
○プレゼンテーション 会場:吹上ホール[17日(木)〜18日(金)11:00〜16:00]
音と映像を用いたマルチ情報ステーションにおける、出展者による提供可能な技術や技術移転成功事例等のプレゼンテーション。
○技術シーズ説明会[18日(金)10:00〜15:30]
(発表内容等は、後述の「技術シーズ説明会の開催のご案内」をご覧ください。)
*講演会、技術シーズ説明会の聴講をご希望の方は、メール又はFAXにてお申し込みください。

同時開催として「フロンティア21エレクトロニクスショー2002」「産学交流テクノフロンティア2002」も行われます。詳細はイベント情報をご覧ください。

◇お申し込み・お問い合わせ先◇
中部経済産業局産業企画部産業技術課 担当:甲斐、山岡
TEL:052-951-2774 FAX:052-950-1764 E-mail:qchbng@meti.go.jp
http://www.chubu.meti.go.jp/patent/patent2002raijyou.htm

●技術シーズ説明会の開催のご案内 〜中部経済産業局〜
中部経済産業局では特許流通フェア関連事業として中部地域の大学・高専、国公設試験研究機関の技術シーズを紹介する技術シーズ説明会を開催いたします。今回、ご説明す る技術シーズは中部技術開発支援団体会議(技術シーズ調査参加機関)が協力した技術シーズの中からご紹介するものです。
【日時】平成14年10月18日(金)10:00〜15:30
【場所】名古屋市中小企業振興会館 展望ホール(名古屋市千種区吹上 2−6−3)
【内容】
[第1会場]
@10:00〜10:30 非浸襲生体計測技術 富山大学 山口昌樹氏
A10:40〜11:10 行動知能システムアーキテクチャの研究開発 愛知県立大学 成瀬正氏
@11:20〜11:50 ユニバーサル制振制御コントローラの開発 豊橋技術科学大学 寺嶋一彦氏
C13:00〜13:30 広帯域CATV用分配器の開発 名古屋市工業研究所 竹尾隆氏
D13:40〜14:10 マイクロチャンネルエピタキシーによる光・電子集積回路の実現 名城大学 成塚重弥氏
E14:20〜14:50 高感度マイクロ磁気センサとその応用 名古屋大学 毛利佳年雄氏
F15:00〜15:30 誘電材料の高電界誘電特性の測定と絶縁劣化診断 岐阜工業高等専門校所哲郎氏
[第2会場]
@10:00〜10:30 結晶粒界位置を制御したレーザ溶接結晶化Si薄膜の作製 北陸先端科学技術大学院大学 堀田將氏
A10:40〜11:10 強磁場を利用した新たな複合めっき法の開発 名古屋市工業研究所 山田隆志氏
B11:20〜11:50 茶カテキン、大豆イソフラボン類の効率的分離精製法に関する研究 岐阜大学 中塚進一氏
C13:00〜13:30 新機能をもつナノ粒子の製造とその用途開発 大同工業大学 岩間三郎氏
D13:40〜14:10 ナノ硬質粒子分散複合材料 産業技術総合研究所中部センター 小林慶三氏 E14:20〜14:50 単相積層加熱法による環境に優しい合金めっきの開発 鈴鹿工業高等専門学校 兼松秀行氏
F15:00〜15:30 超高速フォトニクス光スイッチ 三重大学 那須弘行氏
【申込方法】会場と番号、企業名、住所、役職、氏名、電話・FAX番号をご記入の上、FAXまたはメールでご連絡ください。(複数受講可)

◇お申し込み・お問い合わせ先◇
中部経済産業局産業企画部産業技術課 担当:加藤、伊野
〒460-8510 名古屋市中区三の丸2丁目5番2号 TEL:052-951-2774
FAX:052-950-1764qchbng@meti.go.jp
http://www.chubu.go.jp/techno/seeds_presentation.htm

●特許流通促進セミナー 〜独立行政法人 工業所有権総合情報館〜
【日時】平成14年10月17日(木)
【場所】名古屋市中小企振興会館(名古屋市千種区吹上2−6−3)
【内容】◆11:00〜11:05 主催者挨拶 独立行政法人 工業所有権総合情報館 総務部長笹原和男◆11:05〜11:45 講演「技術開発戦略における特許情報の活用(特許マップ)」(社)発明協会・研究所・研究センター調査研究グループ特許マップチーム 主任研究員 田中貞男氏◆11:45〜11:55 IPDL特許検索とその手法 愛知県知的所有権センター 検索指導アドバイザー 加藤英昭氏◆11:55〜12:00 特許流通データベースの紹介 (財)日本特許情報機構 情報流通部 特許流通DB管理課 副主任 森山浩行氏 ◆13:00〜13:45 講演「大学発ベンチャー成功のカギ」(株)医学生物学研究所 代表取締役社長 西田克彦氏◆13:45〜14:15 講演 「インターネットを通じた特許流通市場の形成について」 SBIインテレクチュアルプロパティ(株) 常務取締役COO 桜井政考氏◆14:30〜15:45 パネルディスカッション 「産学技術移転成功事例」[司会]岐阜県研究開発財団 理事兼コーディネーター 柴田勝喜氏、[パネリスト]岐阜大学 工学部教授 三輪實氏、(株)ナック 代表取締役 中島洋司氏、岐阜県知的所有権センター 特許流通アドバイザー 松永孝義氏
【定員】150名
【申込方法】申込書に必要事項を記入し、e-mail、郵送又はFAXしてください。
申込書は下記ホームページよりダウンロードできます。
http://www.ryutu.ncipi.go.jp/explain/index_contents.html
【照会・申込先】特許流通促進セミナー事務局 (社)発明協会 研究所 特許流通促進事業センター TEL:03-5402-8434 FAX:03-5402-8438 pa-seminar@adp.jiii.or.jp

●第39回新技術動向セミナー 〜名古屋商工会議所・東海ものづくり創生協議会〜
【日時】平成14年10月29日(火) 14:00〜16:00
【場所】名古屋商工会議所 3階第6会議室
【費用】無料
【定員】80名(定員を超え、お断りする方にはご連絡いたします。参加証は発行しません。)
【内容】
(1)14:00〜14:30「次世代シリカ系光導波路技術について」
 豊田工業大学 大学院工学研究科 訪問研究員 永田清一氏
 近い将来、超高速光通信の民生への普及が期待されます。民生需要は、光ファイバーの入口と出口で光信号を授受する光回路に、高い量産性と優れた性能・コスト比を厳し く要求します。本技術の可能性検討結果は、簡単且つ短時間の工程、材料素性(制御性・再現性・安定性)の良好さ、優れた導波特性と導波路断線不良発生率の小さいこと、光回路集積化の容易性等、次世代導波路に求められる資質を有することを示しました。本技術は独自発想による純国産技術です。まずは日本から、ひいてはグローバルな光通信インフラ構築に貢献できることを望んでおります。
(2)14:30〜15:00「循環式自己完結型水洗トイレについて」
 (株)樹蓉 代表取締役 中村守朗氏
 当社は、地球上の環境汚染の浄化に寄与すべく、独自の発想に基づき研究開発に専念し、製品作りを行うことを基本方針としております。今回発表する「循環式自己完結型 水洗トイレ(商品名:ユニレット)」は、処理槽と便室の建屋が一体化で作られており、便室から流されたし尿は、この下部処理槽でタフバイオ剤(特許公開中)とバクテリア (土壌菌の一種)で分解(水とCO2)して、仕切られた槽の内で順次浄化され、最終的にクリーンになった水を貯水槽に貯め、再びこれを流し水に使い、外には一切排出しない仕組みです。今回は、環境の浄化(特に水質の問題について)や、バクテリアと環境問題の関係を踏まえ、発表致します。
(3)15:00〜15:30「ポリアミド樹脂接合技術について」
 (有)アイ・オーアイ 取締役 友田康治氏、名古屋市工業研究所 製品技術研究室 室長 三宅卓志氏一般的に「ナイロン」と呼ばれるポリアミド樹脂製品の接合もしくは融着は、これまで困難もしくは不可能と言われてきました。そこで弊社では従来の工法とは違う手法にて安価で且つ簡易でありながら、製品強度など機能的にも劣らないものづくりの技術を確立しました。本件は様々な活用方法が考えられる技術であると我々は捉えており、製造業の皆様と共に今後の活用法を更に広げて行きたいと考えております (4)15:30〜16:00 個別相談(質問・商談・名刺交換等)
【照会・申込先】名古屋商工会議所 中小企業振興部 モノづくり担当 村上
〒460-8422 名古屋市中区栄2-10-19 TEL:052-223-8603 FAX:052-231-8259

●「第11回事業計画発表会」開催のご案内 〜東海ビジネスドットコム〜
 ご登録いただいたベンチャー企業約300社の中から、TBC運営委員会が厳選したベンチャー企業2社の経営者によるプレゼンテーション及び各界からお招きした専門家による 公開支援会議を開催いたします。なお、今回は同一会場にて異なる3主催4イベントが開催されます。
 13:30〜「中部マルチメディアコンソシアム(無料)」、
 14:35〜東海ビジネスドットコム「第11回事業計画発表会(無料)」、
 16:30〜「学生ベンチャービジネスプラン発表会(無料)」、
 19:00〜若手起業家交流会「ミッドバレー・パーティー(有料)」
【日時】平成14年10月22日(火)14:35〜16:20
【内容】
[はじめに]◆14:35〜14:40 開会の挨拶・コメンテーター紹介
[ビジネス・プレゼンテーション]プレゼンテーション20分、公開支援会議25分
◆14:40〜15:25 (株)テレポート リセール事業(一般第二種電気通信事業)・通信関連機器の企画・販売
◆15:25〜16:10 アット・ビニット(株) モバイルマーケティングシステムの企画 ・開発
◆16:00〜16:20 名刺交換会
[コメンテーター]
1.イービストレード(株) 取締役 事業開発担当 駒谷誠様
2.(株)NTTマーケティングアクト名古屋
  新規ビジネス営業部 担当部長 青山謙様
3.シーキューブ(株) 事業開発部 課長 伊藤聡様
4.ジャフココンサルティング(株) コンサルティンググループ
  シニア 林高史様
5.新日鉄ソリューションズ(株) トヨタ部営業グループ
  シニア・マネジャー 松下博史様
6.三井物産(株) 情報産業部 部長 山本純一郎様
【会場】河合塾学園トライデントコンピュータ専門学校 アドバンス棟[ドリームヒ ルズ ]8F(名古屋市中村区名駅4-1-11)
【対象者】東海地区の企業経営者、投資家、公的機関、プレス関係者、学生等、発表 にご 興味のある方。

【費用】無料(要事前予約)<定員150名> 【申込方法】「第11回事業計画発表会参加」とお書き添えの上、御会社名・部署・役職 ・氏名・参加人数をご記入頂き、メール( venture@tokai-business.com )叉は FAX(052-219-5726)までお申込み下さい。
※お申し込みいただいた時点で受付とさせて頂きます。当日、直接会場までお越し下 さい 。
【照会先】東海ビジネスドットコム・ベンチャーサポート事務局 担当:高村・上坪・高木 〒460-0003 名古屋市中区錦2-20-8 東栄ビル2階 TEL:052-219-5725 FAX: 052-219-5726 venture@tokai-business.com http://www.tokai-business.com/
===================================================================
□□施策情報□□
●「中部の技術シーズ」のご案内 〜中部経済産業局〜
「中部の技術シーズ」は、中部地域での新しい産業の創出を目的として産学官連携に よる 研究開発活動を推進するため、大学、高等専門学校、国立研究所、公設試験機関等の ご協 力を得て、ご好意により提供頂いた技術シーズを中部技術開発支援団体会議[技術シ ーズ 調査参加機関(9機関)]が協力して一覧表(冊子)と個々の技術シーズを掲載した CD−ROMにとりまとめたものです。これら技術シーズが、企業への技術移転・産 学共 同研究等のマッチング、地域コンソーシアム形成に向けてのコーディネート活動等に 幅広 く活用されることを期待いたします。(共同収集作業は昨年度から実施していますが 今年 度は広く活用いただけるように一般に配布できるスタイル(一覧表とCD−ROM) にま とめました。)
【概要】中部地域の43機関(24大学、8高等専門学校、9公設試験研究機関、産 総研 中部センター等)の公開可能な531の技術シーズを紹介。
【掲載分野等】( )内は掲載シーズ数 材料分野(154)、バイオテクノロジー分野(58)、情報通信分野(83)、機械分 野(67) 医療福祉分野(42)、エネルギー分野(26)、環境分野(58)、その他(41)の分野 に分類し整理。また、記号により42の技術領域に細分類化。 研究段階も基礎段階から実用化段階の4段階表示。(平成13年度収集分は2段階)
【入手方法】「中部の技術シーズ」一覧表(冊子)、CD−ROMご希望の方は下記 の連 絡先までご連絡ください
技術シーズについては、中部経済産業局 技術開発支援ガイド http://www.chubu.meti.go.jp/techno/guide.htmでも掲載しています。

◇お問い合せ先◇
中部経済産業局 産業企画部 産業技術課 担当:加藤、伊野
 〒460-8510 愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2 TEL:052-951-2774 FAX:052-950-1764
 http://www.chubu.meti.go.jp/techno/guide.htm

●モノづくりブランドNAGOYA(めざせ「小さな世界企業」)〜名古屋商工会議 所〜  「産業空洞化」が進みつつあるわが国経済は、様々な構造転換を迫られています が、そ んな中でも、「名古屋圏」には、「モノづくり」のすぐれた技術・技能を持ち、“オ ンリ ーワン”、“ナンバーワン”をめざし、飛躍を続けているメーカーがたくさんあります 。素晴らしい産業基盤の集積を持つこの地域(愛知・岐阜・三重)は、「モノづくり のブ ランド」と呼ぶにふさわしい地域と言えるのではないでしょうか。  名古屋商工会議所では、その代表選手となる中小企業を大募集します。応募企業の 中か ら、とくにすばらしい企業を表彰・PRし、この地域の底力を広く国内外にアピール して いきます。  あなたの企業の技術・技能を、「ブランド」として育てて行きませんか?ぜひご応 募く ださい!!
【応募資格】名古屋圏(愛知・岐阜・三重)に本社を有する中小製造業  ※資本金3億円以下または従業員数300人以下の法人企業・個人企業に限ります。
 ※上場企業・店頭公開企業は対象になりません。
【表彰・PRの対象となる企業】名古屋地域の「モノづくり」の象徴となるような中 小製 造業で、選考基準に基づき、応募企業の中から選考委員会において選考された10社 程度 。
【表彰】選ばれた10社程度の企業にはそれぞれ、表彰盾および副賞10万円を贈呈。
【PR事業】冊子およびホームページでのPR
 表彰企業を和英による冊子『モノづくりブランド NAGOYA』や名古屋商工会 議所 のホームページの『モノづくりブランド NAGOYA』サイトで紹介し、優れた中 小企 業として広く国内外にPRします。また、当事業にご応募いただいた特徴ある企業 も、ホ ームページで広くPRします。
【募集期間】平成14年10月1日(火)〜11月30日(土)
【表彰式】平成15年3月末 名古屋商工会議所議員総会にて会頭表彰 応募いただ いた 企業へは結果を通知致します。
【申込方法】所定の応募用紙に必要事項をご記入の上、添付書類とともに事務局宛ご 送付 下さい。
※応募用紙は、名古屋商工会議所のホームページ(URL: http://www.nagoya-cci.or.jp/)からもダウンロードいただけます。

◇照会・申込先◇
〒460−8422 名古屋市中区栄2−10−19 名古屋商工会議所 企画部内「モノづくりブ ランド NAGOYA」事務局 担当:白木 TEL:052-223-5718 FAX:052-231-6767 mbn@nagoya-cci.or.jp

●「大学先端研究紹介フォーラム2002」
(企業と大学のビジネスマッチングを目指して) 〜(財)ソフトピアジャパン〜
 大学及び研究機関において、最先端の研究からビジネスに直結するものまで、様々 な研 究を行っており、企業との連携により様々なメリットを生み出すものがたくさんあり ます 。 今回、ソフトピアジャパンでは、大学で行っている研究の内容を、広く企業に紹 介す るフォーラムを開催いたします。フォーラムでは財団からの補助金制度等、共同研究 関連 事業の説明も行い、また、研究の紹介だけでなくより深く個別相談できる場も設け、 企業 と大学とのより深い交流の場とすることも目指しています。ぜひ、この機会を利用し てい ただき、企業と大学の連携により、よりよい製品開発、事業の実現を目指していただ きま すようご案内申し上げます。
【日時】平成14年11月13日(水)10:00〜17:00
    ※マルチメディア&VRメッセぎふ同日開催
【場所】岐阜県大垣市加賀野4−1−7 ソフトピアジャパン
             センタービル11階 中会議室2
【内容】◆共同研究関連事業説明(各種事業案内、補助金制度について)◆研究内容 紹介 (各大学20分程度の研究内容等のプレゼンテーションを順次行います。)◆個別相談 (各大学の研究についての相談窓口を設置します。研究内容に興味を持たれた方は、 是非 各窓口でご相談下さい。)
【参加費】無料(定員80名)※(なお、申し込みは先着順とさせて頂き、定員になり次第締 め切らさせて頂きます)
【申込方法】企業名、氏名、メールアドレス、電話番号をご記入のうえ下記までE-mail  またはFAXでお申し込み下さい。
【締切】平成14年11月7日(木)まで

◇照会・申込先◇
(財)ソフトピアジャパン 研究開発グループ 村瀬、吉川
TEL:(0584)77-1115  FAX:(0584)77-1105 sentan@softopia.or.jp
http://www.softopia.or.jp/jp/research/sentan/daigaku01.html

▽環境にやさしいかわら版E-mail配信にご協力を!
 配信方法の変更は、E-mailに会社名、氏名、メールアドレスをご記入の上事務局ま で。
▽各種専門家による相談は中小企業・ベンチャー総合支援センター中部へ  窓口相談は無料 TEL:052-220-0516 ホームページから申込みできます。
http://www.jasmec.go.jp/center/chubu/index.html ▽「施策情報源情報サイト」〜各種施策のワンストップ総合窓口として、各種施策が 検索  できるサイトを紹介しています〜
http://www.chubu.meti.go.jp/b-support/page/support.htm
▽「イベントガイド」〜現在募集中のイベント情報はホームページで閲覧できます〜
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/guide.htm

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(事務局)中部経済産業局新規事業課
編集担当者
薗部(イベント情報)
種村(施策情報その他)
TEL:052-951-2761
FAX:052-950-1764
E-mail:qchbns@meti.go.jp
「ベンチャー広場」会員登録・変更については、
こちらまでお願いします
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆(*^^*)◆◇


NEW!!
【最新号】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764
番組等へのご意見ご要望は mail:suggestion@fmokazaki.jp
ホームページの問合せは mail:webmaster@fmokazaki.jp
Copyright:(C) 2001 FM-Okazaki All Rights Reserved.