MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├ 三河地域のお店
├その他団体

番組ゲスト出演申込
番組情報配信登録


グローカル・ニュース不定期ビジネスニュース岡崎商工会議所 メールニュースElection News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.69】
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/index.htm
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2002/9/ 18 1305部発行■★☆


◆◆トピックス◆◆
□□イベント情報□□
▼ニュービジネスおみあいファーラム in NAGOYA 〜中部ニュービジネス協議会〜
▼研修講座「バイオビジネスの発展動向」 〜(財)名古屋産業科学研究所 中部ハ イテ クセンター〜
▼名古屋市中小企業情報化推進講演会開催のご案内「顧客中心型経営(CRM)とIT戦略」
〜名古屋市・(財)名古屋市工業技術振興協会〜
=====================================
□□イベント情報□□
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。ま た、イ ベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせ下さい。
▽「イベントガイド」〜現在募集中のイベント情報はホームページで閲覧できます〜
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/guide.htm
●ニュービジネスおみあいファーラム in NAGOYA 〜中部ニュービジネス協議会〜
【日時】10/9(水)14:00〜17:00
【場所】名古屋商工会議所3階第5会議室
【費用】会員1,000円 一般2,000円
【内容】デザインは社会やライフスタイルと表裏一体の関係にあり、デザインの行方 を見 つめることは、この先の社会やビジネスの姿を予見することになるでしょう。おみあ いフ ォーラムでは、それぞれの分野におけるデザインのエキスパートが一堂に会して 、20〜30年先の世の中とビジネスの姿を予言します。
◆「20〜30年後のデザインビジネスを語る」<講師>(株)ゼットン 稲本 健 一氏 、トヨタ自動車(株)北田洋一氏、リソースコード ジェイド・カーター氏 <コー ディ ネーター>(有)コンベンションネットワーク 加藤都氏
【申込・照会先】中部ニュービジネス協議会事務局 担当:吉田 〒460-8422 名古 屋市中 区栄2-10-19 TEL: 052-223-5745  FAX: 052-221-8476 cnbc@cjn.or.jp
http://www.cnb.gr.jp/

●研修講座「バイオビジネスの発展動向」
〜(財)名古屋産業科学研究所 中部ハイテクセンター〜
【日時】11/6(水)11/7(木)11/8(金)
【場所】名古屋商工会議所ビル3階第4会議室(名古屋市中区栄2−10−19)
【内容】◆11/6(水)9:00〜12:00 バイオテクノロジーとは〜現状と今後の発展動向〜 名古屋大学 教授 小林猛氏、13:00〜16:00 再生医療におけるバイオビジネス〜現 状と 将来動向〜 (株)ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 取締役 大須賀俊裕 氏
◆ 11/7(木)9:00〜12:00 バイオプロセスの制御とバイオビジネスの接点 エイブル(株 )代表取締役 石川陽一氏、13:00〜16:00 DNAマクロアレイとバイオビジネス 日本ガ イシ(株)プロジェクトマネージャー 川瀬三雄氏
◆11/8(金)9:00〜12:00 ITとバイ オビジネスとの接点 三井情報開発(株)常務取締役 江口至洋氏、13:00〜16:00  バイ オビジネスにおける特許戦略〜特許で失敗しないために〜 (株)TTC 代表取締役 山 本哲朗
【研修の特色】今発展著しいバイオビジネスの現状と今後の発展動向について、多方 面に わたって専門家に易しく解説してもらいます。
【研修のねらい】バイオに直接関係していない貴社の技術を、バイオビジネスに結び つけ るチャンスを探ってください。意外な技術が応用できると思われます。
【定員】20名(定員になり次第締め切らせて頂きます。)
【費用】一般 58,000円、賛助会員 53,000円(別途、消費税及び教材費等(実費) が必 要)
【締切】10/4(金)申込締切後、定員に余裕がある場合は申込みを受け付けます。
【申込・照会先】(財)名古屋産業科学研究所 中部ハイテクセンター(CHC)
〒460-0008 名古屋市中区栄2-10-19 商工会議所ビル9階 TEL:052-223-6639
FAX:052-211-6224 chc@nisri.jp http://www.nisri.jp

●名古屋市中小企業情報化推進講演会開催のご案内「顧客中心型経営(CRM)とIT戦略 」〜名古屋市・(財)名古屋市工業技術振興協会〜
 昨今の厳しい経済環境の中で、より企業競争力を高めるためには、市場の変化を的 確に 把握し、これに柔軟に対応できる経営構造の必要性は勿論、顧客との良好な関係維持 が重 要です。製品の価格・品質・納期等による顧客満足度向上を実現する経営の仕組みは 当然 ですが、今回は、一歩進めてリピートに結びつく企業と顧客との関係維持・強化を標 題と して取り上げました。
「顧客中心型経営」の一つの事例として、米国のリッツカートンというホテルの考え 方に “顧客を1回限りの「顧客単価」と考えるのでなく「生涯価値」でとらえる”があり ます 。即ち、顧客の困っていること、求めていることに積極的に関わることによって利用 率を 向上させていくものです。
この度、このような顧客中心型経営のあり方について、皆様と共に考え、考察するこ とに より、経営に役立つ組織、仕組み作り、改革の参考にしていただきたく当講演会を企 画致 しました。講演会に積極的にご参加頂き、これからの経営に是非お役立て下さい。
【日時】10/9(水)13:30〜16:30
【場所】名古屋市工業研究所 管理棟1階ホール(名古屋市熱田区六番三丁目4番 41号)
【内容】◆基調講演「顧客中心型経営(CRM)とは/顧客価値を創造するIT戦略 の意 義」 最も優れた企業は顧客中心の経営戦略を必ず実施しています。従来のモノを売 ると いう発想は、現在では行き詰まっており、企業の目的には、売上げや市場シェア向上 では なく、ブランドやソフト資産のような価値を指標化することが重要であります。IT はそ のためのツールであり、顧客中心型経営を実現するために戦略的にITを活用してい る事 例も紹介しながら考察してゆきます。<講師>CRM協議会 事業局長 匠英一氏
◆事例講演「顧客中心型経営における事業計画の考え方とプランニング手法」 顧客 中心 型経営を実現するために、インターネット活用などを踏まえた、新規事業や事業再編 など を企画・計画する際に、不可欠な考え方とその手法のポイントを具体例を交えて判り やす く解説します。これからのビジネス環境や市場の変化に即応し、競争優位を確保しな がら 収益性と顧客満足を同時に向上させてゆくために必要な手法の紹介です。
<講師>(株)ブックマークエンタープライズ 代表取締役会長 坂本恒之氏
【定員】300名(申込みが定員になり次第、締め切ります)
【参加費】無料
【申込方法】勤務先・団体名、勤務先住所、参加者氏名、所属・部門、役職をご記入 の上 下記宛FAXにてお申し込み下さい。
【申込・照会先】名古屋ソフトウェアセンター 担当:加藤・三尾 〒460-0022 名 古屋市 中区金山五丁目11番6号 TEL:052-883-1200  FAX:052-883-1203

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(事務局)中部経済産業局新規事業課
編集担当者
薗部(イベント情報)
種村(施策情報その他)
TEL:052-951-2761
FAX:052-950-1764
E-mail:qchbns@meti.go.jp
「ベンチャー広場」会員登録・変更については、
こちらまでお願いします
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆(*^^*)◆◇


NEW!!
【最新号】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764
番組等へのご意見ご要望は mail:suggestion@fmokazaki.jp
ホームページの問合せは mail:webmaster@fmokazaki.jp
Copyright:(C) 2001 FM-Okazaki All Rights Reserved.