MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├ 三河地域のお店
├その他団体

番組ゲスト出演申込
番組情報配信登録


グローカル・ニュース不定期ビジネスニュース岡崎商工会議所 メールニュースElection News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.57】
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/index.htm
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆■2002/ 5/ 9 1281部発行■★☆

◆◆トピックス◆◆
□□施策情報□□
▼提案公募型技術開発事業(委託費・補助金)の公募について 〜中部経済産業局〜
▼インターンシップ受入れ先募集 〜東海地域インターンシップ推進協議会〜
▼ベンチャー・サポートウェアの公募について 〜(財)ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)〜
▼「中小企業・ベンチャー総合支援センター中部」平成14年5月のカレンダー
▼「平成14年度研究開発助成金」の募集 〜(財)石川県産業創出支援機構〜
▼「平成14年度開発成果事業化支援事業費補助金」の募集 〜(財)石川県産業創出支援機構〜

□□イベント情報□□
▼「2002年版 中小企業白書」説明会 〜(財)経済産業調査会中部支局〜
=====================================
□□施策情報□□
●提案公募型技術開発事業(委託費・補助金)の公募について 〜中部経済産業局〜
 経済産業省では、地域において事業化に直結する実用化技術開発を促進することにより、新産業の創出を促し、もって地域経済の再生を図るため、以下の提案公募型事業の新規採択のための公募を実施しています。

@地域新生コンソーシアム研究開発事業
地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の再生を図るため、地域における産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)を組むことにより、実用化研究開発を行います。
【研究開発課題】
・一 般 枠:公募要領に示す産業技術戦略上の目標であって、我が国経済社会の持続的発展を達成するための研究開発課題
・省エネ枠:一般枠に示す産業技術戦略上の目標であって、エネルギーの使用の合理化に寄与する研究課題
【委託契約】1億円程度以内/年(2年度目は5,000万円程度以内)
【実施期間】委託契約日より最長平成16年3月31日まで
【公募期間】平成14年4月19日(金) 〜 平成14年5月13日(月)

A中小企業地域新生コンソーシアム研究開発事業
地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、中小企業を中心とする地域における産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)を組むことにより、実用化研究開発を行います。
【委託契約】3,000万円程度以内/年(2年度目は2,000万円程度以内) 単年度で1,000万円程度も可
【実施期間】委託契約日より最長平成16年3月31日まで
【公募期間】平成14年4月19日(金) 〜 平成14年5月13日(月)

B地域新規産業創造技術開発費補助事業
地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、必要に応じて大学等の技術支援を受けて地域企業やベンチャー企業が実施する実用化技術開発に要する経費の一部を補助します。
【技術開発課題】
・一般枠:企業等が行う地域経済への波及効果が大きくリスクの高い実用化技術開発課題
・省エネ枠:上記に加え、エネルギーの使用の合理化に寄与する技術開発課題
【補 助 金】3,000万円〜1億円程度以内/年(2年目は5,000万円程度以内)
【補 助 率】原則1/2以内(大学等発ベンチャー、大学等の技術を実用化するための技術開発に該当する場合は2/3以内)
【実施期間】交付決定日より最長平成16年3月31日まで
【公募期間】平成14年5月上旬 〜 平成14年5月中旬

C創造技術研究開発費補助事業
新規産業・雇用創出の担い手である中小企業の研究開発及び技術の実用化への取り組みを支援するため、研究開発に要する経費の一部を補助します。
【補 助 金】100万円〜4,500万円以内/年
【補 助 率】1/2以内
【実施期間】交付決定日より平成15年3月31日まで
【公募期間】平成14年4月19日(金) 〜 平成14年5月20日(月)

◇お問い合わせ先・受付先◇
中部経済産業局 産業企画部産業技術課 担当:山上、伊野、淺井、品田
〒460-8510 名古屋市中区三の丸2−5−2
TEL:052−951−2774 FAX:052−950−1764
http://www.meti.go.jp/information/data/c20419aj.html (詳細はこちら)
http://www.chubu.meti.go.jp/techno/guide.htm(中部経済産業局技術開発支援ガイドのページ)

●インターンシップ受入れ先募集 〜東海地域インターンシップ推進協議会〜
【インターンシップとは?】
 インターンシップとは、学生が在学中に企業等の現場で、実習・研修的な就業体験を行う制度です。経済社会の変革に伴い、企業における雇用慣行や求める人材像が大きく変わっており、政府はインターンシップが創造的人材育成や新規事業創出などを通じて経済構造の改革にもつながるとの認識に立ち、経済産業省、文部科学省、厚生労働省が連携して総合的に推進しています。
【インターンシップの意義】
 @企業にとって
 ・実践的な人材育成につながる。
 ・教育への産業界のニーズの反映に有効。
 ・産学連携拡大の機会になる。
 ・企業活動に対する理解の増進、イメージ向上につながる。
 ・社員教育、社内の活性化につながる。
 A学生にとって
 ・専門分野を現場で応用・実践でき、知識の確認・学習目標が明確になる。
 ・在学中に自分の適性が確認でき、職業選択の参考になる。
 ・社会性や自主性を培う機会となり、自己の意識改革に役立つ。
 B大学等にとって
 ・教育内容、方法の改善、充実に有益。
・自主性、創造性に富んだ人材育成に効果的。
 ・高い職業意識の育成が図られる。
【今夏の参加募集】
 東海地域インターンシップ推進協議会では、今夏のインターンシップ事業のスケジュールを下記の通り決定し、受入先の募集を開始しました。企業のみでなく商工会議所等の団体や地方自治体、個人の設計事務所や法律事務所、監査法人等も参加可能ですのでぜひご検討ください。協議会主催インターンシップ事業への参加料は無料です。
 【実施時期】  平成14年7月中旬〜9月下旬
 【実施期間】  原則2週間以上
 【参加申込期限】平成14年6月8日

◇お問い合せ先・申込先◇
 東海地域インターンシップ推進協議会 事務局:日本福祉大学総長・学長室
 TEL:0569ー20−0136 FAX:0569−20−0126
http://www.tokai-internship.org/
toukai-i@mihama.n-fukusi.ac.jp

● ベンチャー・サポートウェアの公募について 〜(財)ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)
この制度は、ベンチャー企業から、事業化を計画しているプロジェクトを公募し、ベンチャー・サポートウェアの評価ボードメンバーが、その将来性を評価し、プロジェクトの事業化と発展を応援します。起業経験者、起業支援の専門家による事業プランに対する改善点の指摘とその処方箋を提供いたしますので、それを参考にしていただき、今後の事業発展に役立てることができます。また、評価対象になった企業には、国内ベンチャーキャピタルを始めとする支援者への紹介の機会を提供いたします。(ベンチャーキャピタル等金融機関からの資金提供を約束するものではございません。)
【申込方法】
VEC所定の「ベンチャー・サポートウェア申込書」に御記入の上、郵送してください。申込書は、各地の経済産業局、地域プラットホーム、中小企業支援センター等にあります。またVECのホームページからもダウンロードできます。
【募集締切】平成14年6月28日(金)[ 締切日必着でお願いします。]
【料  金】無  料
【募集対象】将来の発展拡大・上場を目指すベンチャー企業 [ ベンチャー企業:成長意欲のある中小・中堅企業 ]

◇申込先◇
財団法人ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)
〒104-0032東京都中央区八丁堀3−19−9ジオ八丁堀ビル3階
TEL:03−3537−8821 FAX:03−3537−8824
http://www.vec.or.jp

●「中小企業・ベンチャー総合支援センター中部」平成14年5月のカレンダー
中小企業総合事業団「中小企業・ベンチャー総合支援センター中部」では毎週月曜日から金曜日まで毎日、経営や技術、財務、法律、特許などの専門家が開業、起業のみならず中小企業の第二創業などベンチャー的精神でこれから事業を営もうとする方々の御相談に応じております。
 5月の担当アドバイザーは、下記のホームページをご覧ください。
http://www.jasmec.go.jp/center/chubu/index.html
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/consult/consult.htm
 下記のホームページから相談申込みができるようになっております。
http://www.jasmec.go.jp/center/chubu/index.html

◇お問い合せ先◇
中小企業総合事業団 中小企業・ベンチャー総合支援センター中部
TEL:052−220−0516 FAX:052−220−0517

*相談事業のご紹介として、「管内3支援センター一覧」「地域別 プラットフォームの概要」をコ記の中部経済産業局ホームページで情報提供しています。
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/consult/index.htm

●「平成14年度研究開発助成金」の募集 〜(財)石川県産業創出支援機構〜
 石川県内中小企業が実施する、重点技術分野(石川県産業科学技術振興指針:新製造技術、生活関連、情報通信、環境関連医療福祉、新素材、バイオ等)に関する、新製品 ・新技術の研究開発事業に助成し、企業の技術力向上と自立化促進を図るため、以下の助 成金を公募しています。
【助成対象事業】
原則として、石川県内に本店(個人にあっては住所)を有する中小企業が行う、重点技術分野に関する研究開発事業
【助成対象経費】
研究開発事業に要する経費:原材料費、機械装置費、外注加工費、構築物費、工具器具費、技術指導受入費、工業所有権導入費、直接人件費(ソフト開発に要する直接人件費のみ)、その他の経費
【助成率及び助成金額】助成対象経費の1/2以内で200万円以下の額
【助成対象研究開発期間】助成金の交付決定日から、平成15年3月1日まで
【募集期限】平成14年5月31日(金)(必着)
詳細はこちらをご覧下さい。(申請書ダウンロード等)
http://www.isico.or.jp/adminfo/h14joseikin.htm

◇お問い合わせ先◇
〒920-0223 金沢市戸水町イ65番地
(財)石川県産業創出支援機構
新規事業支援部 担当:木下
TEL:076−267−1244 FAX:076−268−4911
kinoshita@isico.or.jp

●「平成14年度開発成果事業化支援事業費補助金」の募集
〜(財)石川県産業創出支援機構〜
 ベンチャー企業や新分野進出企業のような、市場にネームバリューのない企業が市場に新規参入する場合において、開発した新製品に対する信用を得るために行う性能データやモニター評価等を行い、商品化への取り組みを支援することにより、開発成果の事業化促進を図るため以下の補助金を公募しています。
【補助対象事業】
 創業7年以内又は新分野に進出しようとする中小企業者等で過去2年以内に石川県又は(財)石川県産業創出支援機構の支援を受けて開発した試用品の製作及び性能試験、モニター評価事業
【補助対象経費】
 試用品の製作及び性能試験・モニター評価事業に要する経費
 ・性能試験やモニター評価に供する試用品の製作に必要な原材料費
 ・性能試験やモニター評価に供する試用品の製作に必要な外注加工費
 ・モニター等調査費
・試験・評価委託費 等
 注:試用品の開発に要する費用は対象となりません
【補助率及び補助金額】補助対象経費の1/2以内で50万円〜200万円の範囲
【補助対象期間】交付決定日から、平成15年1月31日まで
【募集期限】平成14年5月31日(金)(必着)
詳細はこちらをご覧下さい。(申請書ダウンロード等)
http://www.isico.or.jp/adminfo/h14kaihatsuseika.htm

◇お問い合わせ先◇
〒920-0223 金沢市戸水町イ65番地
(財)石川県産業創出支援機構
新規事業支援部 担当:木下
TEL:076−267−1244 FAX:076−268−4911
kinoshita@isico.or.jp
=================================================================== □□イベント情報□□  掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせ下さい。
▽「イベントガイド」〜現在募集中のイベント情報はホームページで閲覧できます〜
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/guide.htm

●「2002年版 中小企業白書」説明会 〜 (財)経済産業調査会中部支局〜
【日時】平成14年5月14日(火) 午後2時〜3時30分
【場所】愛知県産業貿易会館 西館第2会議室(名古屋市中区丸の内三丁目1番6号
TEL052-231-6351 地下鉄名城線 市役所駅下車徒歩10分)
【概要】「2002年版 中小企業白書」(中小企業の動向に関する年次報告)が近く公表される予定です。当会では、これを機に説明会を開催致します。
 <講師>経済産業省中小企業庁 経済産業調査員 江口崇氏
【照会先・申込先】(財)経済産業調査会中部支局(TEL:052-955-0635FAX:052-971-6715)
【費用】無料 定員に達し次第締め切らせていただきます。

▽環境にやさしいかわら版E-mail配信にご協力を!
 配信方法の変更は、E-mailに会社名、氏名、メールアドレスをご記入の上事務局まで。
▽各種専門家による相談は中小企業・ベンチャー総合支援センター中部へ
 窓口相談は無料 TEL:052-220-0516 ホームページから申込みできます。
http://www.jasmec.go.jp/center/chubu/index.html
▽「施策情報源情報サイト」〜各種施策のワンストップ総合窓口として、各種施策が検索できるサイトを紹介しています〜
http://www.chubu.meti.go.jp/b-support/page/support.htm
▽「イベントガイド」〜現在募集中のイベント情報はホームページで閲覧できます〜
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/guide.htm
▽「中部支援施策Search」〜ベンチャー支援施策はホームページから検索〜
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/sesaku_index/search.html

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
(事務局)中部経済産業局新規事業課
編集担当者
薗部(イベント情報)
種村(施策情報その他)
TEL:052-951-2761
FAX:052-950-1764
E-mail:qchbns@meti.go.jp
「ベンチャー広場」会員登録・変更については、
こちらまでお願いします
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆(*^^*)◆◇


NEW!!
【最新号】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764
番組等へのご意見ご要望は mail:suggestion@fmokazaki.jp
ホームページの問合せは mail:webmaster@fmokazaki.jp
Copyright:(C) 2001 FM-Okazaki All Rights Reserved.