FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├ 三河地域のお店
├その他団体

番組ゲスト出演申込
番組情報配信登録


グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.127】
  http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/index.htm
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★■2004/ 12/10■★☆
====☆トピックス☆=================================================

  ∞∞∞施策情報∞∞∞
1.ドリームゲートグランプリ 挑戦者募集開始!
    〜(財)ベンチャーエンタープライズセンター〜

2.三重の21世紀リーディング産業展の開催及び出展者募集〜三重県〜

3.同族会社の「留保金課税」の停止の特例があります!

4.平成17年度提案公募型技術開発事業に係る施策説明会ほか
  技術開発支援ガイドのご案内〜中部経済産業局〜

 ∞∞∞イベント情報∞∞∞
1.第9回中経連ベンチャーセミナーのご案内〜中部経済連合会〜

2.中小機構「北陸支部・経営相談会」の開催

3.第5回経営管理者研修 実践に活かせる「成果主義人事・賃金制度」のご案内
         〜 名古屋市中小企業振興センター 〜
4.環境関連施策説明会のご案内〜中部経済産業局〜(継続掲載)

5.環境マネージメントセミナー〜マテリアルフローコスト会計による経営革
新〜(継続掲載)
===================================================================
 ∞∞∞施策情報∞∞∞
===================================================================
1.ドリームゲートグランプリ 挑戦者募集開始!
  〜(財)ベンチャーエンタープライズセンター〜

 ◇ドリームゲートでは、起業のアイデア・実現したいプランを持つ人が挑戦者と
なって、Web上での1次予選、全国9エリアでの2次予選、東京での決戦大会で
競い合い、優勝者には賞金100万円が授与されるビジネスアイデアコンテストを
開催します。
 応募対象は、挑戦者マインドあふれ、アイデアや、プランをお持ちの個人または
グループ。皆様の"挑戦"をお待ちしております!

         ***グランプリの流れ***

◆1次予選会(WEB選考):平成17年1月1日〜1月12日
(1)エントリーフォームをドリームゲートホームページ上で“一般公開”します。
(2)一般ユーザーによる投票、上位チーム(最大10チーム)は全国9エリアの挑戦
者祭で行われる2次予選会で「1分間プレゼン」の機会が与えられ決戦大会の選考対象
となります。
※プレゼン発表者は2次予選当日会場で行います。
※1次予選会で選考対象から外れたチームも2次予選会ではブース発表が行え、先輩
起業家、アドバイザー、一般参加者と繋がりがもてます。

◆2次予選会(全国9エリアの「挑戦者祭」へ出場)  [エリア挑戦者祭]
 *中部挑戦祭: 1月30日(日)14:00〜17:00 於/名古屋市中区栄2-9-15 しらか
わホール2F「白亜館 伏見」
(1)出場者ブースによりエントリーフォームを展示・発表
(2)1分間プレゼン発表(1次予選会上位ランク者のみ)
(3)先輩起業家、アドバイザー、一般参加者により投票
(4)上位1チームのみ「大挑戦者祭in東京」で行われる決戦大会へ出場
  (東京への4名様分の航空券・宿泊券は事務局でご用意させていただきます)

◆決戦大会(「大挑戦者祭in東京」へ出場)  [大挑戦者祭in東京] 2月11日(建国記
念日)東京国際フォーラム
(1)出場者ブースによりエントリーフォームを展示・発表
(2)先輩起業家、アドバイザー、一般参加者により投票
(3)上位3チームは、当日、表彰式を行います。

○ドリームゲートグランプリはこちかから
http://www.dreamgate.gr.jp/go/?m=1251&c=11&t=075&u=50f9c

○応募要綱・エリア挑戦者祭のスケジュールはこちら
http://www.dreamgate.gr.jp/go/?m=1251&c=11&t=076&u=50f9c
-------------------------------------------------------------------------
2.三重の21世紀リーディング産業展の開催及び出展者募集〜三重県〜

 ◇第3回目となる「三重の21世紀リーディング産業展」を平成17年5月20
日(金)〜21日(土)の二日間、四日市ドームにおいて開催します。
 今年度は182団体(254ブース)の出展と、約5,400人の来場者があり
ました。自ら開発した技術・製品をアピールし、販路拡大に結びつける機会として
ぜひご活用ください。

 <出展企業分野>
 ●フラットパネルディスプレイゾーン
 ●エネルギー・環境ゾーン
 ●情報通信ゾーン
 ●医療・健康・福祉ゾーン
 ●創造的技術ゾーン
 ●研究・支援・公的機関ゾーン
 ●防災・防犯・情報セキュリティゾーン!!new!!

 <出展者資格>三重県内に事業所を有する企業、団体、大学や関連企業など
       但し、「防災・防犯・情報セキュリティゾーン」はこの限りでない
 ・出展企業・団体見込数:180(第2回実績:182)
 ・来場者見込数:5,000(第2回実績:5,407)

 <出展者募集期間>平成16年12月1日(水)〜平成17年2月10日(木)
*詳細はこちら
http://www.pref.mie.jp/SANGYOS/machi/event/2004110378.htm

<お問い合わせ先、申込先>
三重の21世紀リーディング産業展実行委員会事務局
(三重県農水商工部企画室内)
TEL:059−224−2512  FAX:059−224−2521
E-mail:lead2005@pref.mie.jp

-------------------------------------------------------------------------
3.同族会社の「留保金課税」の停止の特例があります!

 ◇同族会社のうち、前事業年度末の自己資本比率が50%以下の中小企業(資本
金1億円以下)については、留保金課税が停止されています!
 自己資本の充実に向け、本特例措置を活用し、財務基盤の強化に努めましょう。
 なお、本特例措置の適用を受けるには、確定申告書に「中小企業者等に対する同
族会社の特別税率の不適用等制度に関する明細書」等所定の書類を添付する必要が
ありますので、ご注意ください。詳しくは以下をご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/zeisei/faq45/faq45/faq03.htm
[問い合わせ先]
中小企業庁 事業環境部 財務課
電話:03−3501−5803(直通)
国税庁、国税局(事務所)または最寄りの税務署の税務相談窓口
-------------------------------------------------------------------------
4.技術開発支援ガイドのご案内〜中部経済産業局〜

下記をはじめとした技術開発・産学官連携の支援施策・イベント等をご紹介しま
す。

・平成17年度提案公募型技術開発事業に係る施策説明会(新着)
・中小企業・ベンチャー挑戦支援事業(うち事業化支援事業・第2回)
・名古屋市特許権取得費補助
・平成16年度特許出願支援制度
・福祉用具実用化開発推進事業(予告)
・ソフトウェア開発事業(予告)
・「中小企業優秀新技術・新製品賞」の募集開始
・平成17年度経済産業省の概算要求等について

○詳しくは当局技術開発支援ガイドのページから
http://www.chubu.meti.go.jp/technology/page/index.htm
==========================================================================
 ∞∞∞イベント情報∞∞∞
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。
 また、イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせ下さい。
==========================================================================
1.第9回中経連ベンチャーセミナーのご案内〜中部経済連合会〜

 ◇(社)中部経済連合会ベンチャービジネス支援センターでは、「中部発、新事
業創造への挑戦」をテーマとして、新規事業の創出について貴重な経験談をご講話
いただきます。
 また、展示コーナーを併設し、ベンチャー製品、大学技術情報、支援情報なども
展示いたしますので、是非、ご参加頂きますようご案内申し上げます。

 <日 時>平成17年 1月18日(火) 13:30〜17:00

 <場 所>名古屋栄ビル12階  大会議室
     (名古屋市東区武平町5−1(地下鉄栄駅 5番出口東へ50M))

 ■講演1 「セイコーエプソンにおける“新しいことへチャレンジする企業
               風土”の醸成について」
 赤羽 正雄 氏(セイコーエプソン株式会社  常務取締役 研究開発本部長)
 *常に世界初・世界No.1の技術・商品・事業の創出にチャレンジしている
  セイコーエプソンの企業風土づくり・組織づくりへの取り組みについて

 ■講演2 「我々が今トヨタから学ぶべきものは何か」
 丸山 弘昭 氏(アタックスグループ代表パートナー 公認会計士 税理士)
 *いまなお創業期のベンチャー精神を持ち続けるトヨタから学ぶべきことを、
  金融・財務およびキャッシュフロー戦略という視点にスポットを当てて
  ご講話頂きます。

 ■報告:「ベンチャーとしての経験から」 <大学発ベンチャーへの挑戦>
  有限会社ユビグラフ  〔名古屋大学発 IT関連技術〕
 有限会社ピコデバイス 〔名古屋工業大学発 極微量物性計測技術〕

 ■展示コーナー
 ベンチャー製品、大学技術情報、ベンチャー支援情報など展示します。

 <お申し込み方法(参加費無料・〆切12/24(金))>
下記申し込み用紙にご記入頂き、FAXにて送付下さい。
http://www.vbsc.net/seminar/mousikomi.pdf
(定員160名になり次第締め切らせて頂きます)

 <お問合せ先>(社)中部経済連合会ベンチャービジネス支援センター
             近藤・井上 tel 052-950-7855

-------------------------------------------------------------------------
2.中小機構「北陸支部・経営相談会」の開催

 ◇中小機構北陸支部では、経営相談会を開催します。中小機構のプロジェクトマ
ネージャーとアドバイザーが経営の相談に1件1時間程度対応します。費用は無料
ですのでご参加ください。

 <日 時>平成16年12月16日(木曜)10時30分〜

 <場 所>独立行政法人中小企業基盤整備機構北陸支部・会議室
      (石川県金沢市広岡3-1-1金沢パークビル6階)

 <応対者>
  ○武田宣久(経営コンサルタント/中部支部中小企業・ベンチャー総合支援セ
ンター統括プロジェクトマネージャー)
  ○端浦吉章(中小企業診断士・ISO9000審査員/中部支部中小企業・ベンチャー
総合支援センターアドバイザー)

 <時間割>(相談時間1時間程度)
    10時30分〜、13時00分〜、14時15分〜、15時30分〜

 <お問い合わせ・ご連絡先>独立行政法人中小企業基盤整備機構北陸支部(担当
:元木)
       (電話 076-223-5761、FAX 076-223-5762)

http://www.smrj.go.jp/kikou/branch/hokuriku/002942.html

--------------------------------------------------------------------------

3.第5回経営管理者研修 実践に活かせる「成果主義人事・賃金制度」のご案内
         〜 名古屋市中小企業振興センター 〜

 ◇当研修では、経営改善に結びつく実践に活かせる「成果主義人事・賃金制度」
の導入と運用方法を講義いたします。成果主義人事制度の失敗事例を中心に検証し
、どのように制度改革をすすめるかを検討していきます。
 また、制度の中核に位置づけられる目標管理制度の考え方と自社への応用、制度
運用の要となる管理職の育成と評価者訓練についても講義いたします。
 これから成果主義の導入を検討している企業はもとより、成果主義を定着させた
いと思っている企業、あるいは運用段階でつまずいている企業の経営者・管理者等
の皆様にぜひ参加していただきたい研修です。

 <日 時>平成17年2月9日(水)・10日(木)
          9:30〜16:30

 <対 象>名古屋市内中小企業の経営者・管理者および人事責任者等

 <会 場>名古屋市中小企業振興会館 第4会議室

 <講 師>中小企業診断士 鈴木 茂和 氏

 <受講料>3,000円

 <定 員>30名(先着順)

 <お申し込み・お問い合わせ先>
 名古屋市中小企業振興センター事業係
  TEL:052-735-2100 E-mail:sido@lilac.ocn.ne.jp
  URL:http://info:-c.city.nagoya.jp/shinkou/
------------------------------------------------------------------------
4.環境関連施策説明会のご案内〜中部経済産業局〜(継続掲載)

 ◇このたび、企業×企業の環境コミュニケーションサイト「Re-STEP(リ・ステッ
プ)」を多くの企業の方々、特にこれから環境行動に取り組もうとする企業の方々
に知っていただきご活用いただくため、説明会を開催することといたしました。
 本説明会ではRe-STEPを活用いただいている企業の方との情報交換等も可能です。
企業のみなさまが環境行動に取り組むきっかけとして、本説明会にご参加ください
ますようご案内申し上げます。
 また、来年度公募予定の中小企業施策や技術開発施策等についても担当者から詳
しくご紹介いたします。

 <日  時>平成16年12月14日(火)10:00〜12:00

 <場  所>中部経済産業局 2階大会議室

 <開催概要>@環境関連施策のご紹介(環境・リサイクル課)ARe-STEPの紹介(
Re-STEP事務局)B創業・中小企業経営革新等への総合的な支援(新連携支援等)の
ご紹介(中小企業課)C技術開発支援施策のご紹介(産業技術課)

 ※詳細はこちら(中部経済産業局 環境・リサイクル課のページ)
http://www.chubu.meti.go.jp/kankyo/index.htm

 <お申込み>企業名、所属・役職、氏名、電話番号、FAX、e-mailアドレスを
ご記入の上qchbnk@meti.go.jp宛までご連絡ください。なお、定員になり次第締め切
らせていただきますのでご了承ください。
 <お問合せ>中部経済産業局 環境・リサイクル課 彦坂、長村、伊藤
       TEL 052-951-2768 FAX 052-951-2568 email:qchbnk@meti.go.j
p
------------------------------------------------------------------------
5.環境マネージメントセミナー〜マテリアルフローコスト会計による経営革
新〜(継続掲載)

 ◇経済産業省では、(財)社会経済生産性本部に委託して、多くの企業の皆様に
マテリアルフローコスト会計のご理解と普及を目的に「環境マネジメントセミナー
」を全国8都市で開催することといたしました。
 マテリアルフローコスト会計は、経営者・経営管理者の意思決定に用いる内部管
理目的の管理手法であり、ドイツの環境経営研究所によって原型が開発され、その
後、経済産業省が中心となり発展させてきました。企業活動の各段階で使用する資
源と発生する廃棄物、不良品、その他の排出物を物量ベースで把握し、それらをロ
スコストとして金額換算します。ロスコストには、原材料のほかに、人件費や減価
償却費などの間接費も含まれ、より総合的な経営意思決定に用いることができます
。

 <日  時>平成16年12月15日(水) 13:30〜17:00

 <場  所>瀧定名古屋 17階会議室(〒460-8667 名古屋市中区錦2−13
−19 TEL:052-221-1261)

 <お申込み>下記URLよりお申し込みください。
http://www.cpc.or.jp/html/cpc041110_kankyom.htm

 <お問合せ>(財)中部生産性本部 担当/羽広(はびろ)隆博・金林(かねばや
し)愛連
           〒460-0008 名古屋市中区栄2−10−19
TEL:052-221-1261 FAX:052-221-1265
--------------------------------------------------------------------------


                                       ‥.゜☆。°: ゜・ ★。 *゜・:゜☆
                                    (事務局)中部経済産業局新規事業課
                                                     編集担当者 市川
                                                 TEL:052-951-2761
                                                 FAX:052-950-1764
                                                 mailto:qchbns@meti.go.jp
                                      「ベンチャー広場」会員登録・変更に
                                       ついては、こちらまでお願いします
                                      。。*゜. ☆。.: ’*  + ゜。.★・”


NEW!!
【最新号】
バックナンバー
【Vol.126】
【Vol.125】
【Vol.124】
【Vol.123】
【Vol.122】
【Vol.121】
【Vol.120】
【号  外】
【Vol.119】
【Vol.118】
【Vol.117】
【Vol.116】
【Vol.115】
【Vol.114】
【Vol.113】
【Vol.112】
【Vol.111】
【Vol.110】
【Vol.109】
【Vol.108】
【Vol.106】
【Vol.105】
【Vol.104】
【Vol.103】
【Vol.102】
【Vol.101】
【Vol.100】
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764
番組等へのご意見ご要望は mail:suggestion@fmokazaki.jp
ホームページの問合せは mail:webmaster@fmokazaki.jp
Copyright:(C) 2001 FM-Okazaki All Rights Reserved.