FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├ 三河地域のお店
├その他団体

番組ゲスト出演申込
番組情報配信登録


グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.104】
  http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/index.htm
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★■2004/ 2/23 1470部発行■★☆
◆◆トピックス◆◆
□□施策情報□□
▼中小企業・ベンチャー挑戦支援事業 〜経済産業省・中小企業総合事業団〜
▼平成16年度提案公募型技術開発事業等の公募説明会の開催 〜中部経済産業局〜
▼平成16年度提案公募型技術開発事業(委託費・補助金)の公募について(予告)
▼「平成16年度税制改正説明会」の開催について 〜中部経済産業局〜
▼北陸地域クラスターフォーラム 〜中部経済産業局〜
▼課題対応技術革新促進事業成果報告会 〜中小企業総合事業団〜

□□イベント情報□□
▼ベンチャーエキスポ  2004 イン 名古屋 〜(社)中部経済連合会ベンチャービジ
ネス支援センター、北陸経済連合会北陸STC事業部〜
▼第49回 CSTCフォーラム『新しいモノづくりをめざして』
〜(財)中部科学技術センタ−〜
▼若手研究者のためのフォーラム 〜BLS中部〜
▼「シリコンバレーと日本における技術者のキャリアモデル」〜BLS中部〜
===================================================================
□□施策情報□□
●中小企業・ベンチャー挑戦支援事業 〜経済産業省・中小企業総合事業団〜
 中小企業が行う(1)実用化研究開発、(2)事業化に要する経費の一部を補助・
助成するとともに、ビジネスプランの具体化・実用化に向けたコンサルティング等
を一体的に実施する。(説明会の日程は下記をご覧下さい。)

(1)実用化研究開発事業
【対象】中小企業・ベンチャー企業等。研究開発期間は交付決定日から年度内。
【支援内容】補助金額:100万円〜1,500万円(補助率:2/3以内)
【公募時期】3月頃予告予定(受付は平成16年4月7日〜5月6日予定)
【照会先】中部経済産業局産業技術課 052-951-2774
http://www.chubu.meti.go.jp/technology/page/support.htm

(2)事業化支援事業
【対象】中小企業・ベンチャー企業等。事業化支援期間は12ヶ月以内。
【支援内容】助成金額:100万円〜500万円(補助率:1/2以内)
【公募時期】4月頃予告予定(受付は平成16年5月14日〜6月14日予定)
【照会先】中小企業総合事業団資金助成課 TEL:03-5470-1608
---------------------------------------------------------------------------------
●平成16年度提案公募型技術開発事業等の公募説明会の開催 〜中部経済産業局〜
 経済産業省では、地域において新産業・新事業を創出し地域経済の活性化を図るた
め、提案公募型技術開発事業を実施します。つきましては、平成16年度公募に係る
公募説明会を開催します。
【内容】@各事業の予備知識と提案のポイント A地域新生コンソーシアム研究開発
事業 B地域新規産業創造技術開発費補助金 C創造技術研究開発事業D中小企業・
ベンチャー挑戦支援事業 ENEDO研究開発事業(4制度) FIT活用型経営革新モデ
ル事業
【東海地区】
日時:平成16年3月5日(金) 13:30〜16:30 (受付は13:10より)
場所:名古屋市工業研究所 ホール(名古屋市熱田区六番3-4-41)定員300名
【北陸地区】
日時:平成16年3月2日(火) 13:30〜16:30 (受付は13:10より)
場所:(財)石川県地場産業振興センター コンベンションホール(金沢市鞍月2-1)定 員200名
【申込方法】企業名、氏名、連絡先(住所、TEL、FAX)、参加希望地区を記入
の上、2月25日(水)までに下記宛へメールまたはFAXでお申し込みください。
【申込・照会先】中部経済産業局産業技術課
 TEL:052-951-2774 FAX:052-950-1764 qchbng@meti.go.jp
http://www.chubu.meti.go.jp/technology/temp/setsumeikai_spring.htm
-----------------------------------------------------------------------------------
●平成16年度提案公募型技術開発事業(委託費・補助金)の公募について(予告)
 経済産業省では、地域において新産業・新事業を創出し地域経済の活性化を図るた
 め、以下の提案公募型技術開発事業を実施します。
 ◆地域新生コンソーシアム研究開発事業(委託費) @一般枠、A中小企業枠
  地域における産学官の強固な共同研究体制(地域新生コンソーシアム)を組むこと
  により、高度な実用化研究開発を行う。(公募受付期間:平成16年4月1日(木)〜
  平成16年4月22日(木))
 ◆地域新規産業創造技術開発費補助事業(補助金)
  企業等が行うリスクの高い実用化技術開発に要する経費の一部を補助する。
  (公募受付期間:平成16年4月1日(木)〜平成16年4月26日(月))
【照会先】中部経済産業局産業技術課 (TEL052-951-2774)
http://www.chubu.meti.go.jp/technology/page/index.htm
------------------------------------------------------------------------------------
●「平成16年度税制改正説明会」の開催について 〜中部経済産業局〜
平成16年度における経済産業省関係の税制改正の概要について、本省担当官を招
いて下記のとおり説明会を開催しますのでご案内いたします。
 平成15年度において推進してきた「経済活性化・競争力強化のための大型減
税」に続き、平成16年度においても「チャレンジ社会の再興」等の観点から、引き続
き我が国の経済の活性化及び魅力ある雇用機会の創出を目指した改正が予定されて
おります。ご関心の向きはこの機会に是非ご参加ください。
【日時】平成16年3月4日(木)10:00〜12:00
【場所】中部経済産業局 2階大会議室(名古屋市中区三の丸2−5−2)
【説明者】経済産業省 経済産業政策局 企業行動課 調整係長 渡邉宏和(予定)
     中小企業庁事業環境部 財務課 税制専門官 寺田 康裕(予定)
【内容】「平成16年度税制改正の概要」
・経済活性化に向けた税制改革
  欠損金の繰越期間の延長、事業再生を促進するための税制措置等
・個人等による投資を促進する税制改革
  金融・証券関連税制、住宅・土地関連税制
・中小企業・ベンチャー企業の活力を引き出す税制改革
  事業承継関連税制の拡充、創業・ベンチャー企業への投資促進、中小企業投資
  促進税制の延長等
・エネルギー・環境関連税制の整備 ・その他
【定員】45名(定員になり次第締め切ります。)
【申込方法】下記事項を明記のうえ、3月1日(月)までに中部経済産業局産業企
画課までE-mail(qchbnn@meti.go.jp)又はFAX(052-950-1764)にてお申し込みく
ださい。@所属団体・企業名、A役職・氏名、B連絡先(電話、FAX、E-mail)
*会場の都合もあり、先着順とさせて頂きます。また、希望者多数の場合は各機関
1名に限らせて頂く場合がありますので、その旨ご了承ください。
【照会先】中部経済産業局 産業企画課 担当:中川、飴谷 TEL:052-951-8457
--------------------------------------------------------------------------------------
●北陸地域クラスターフォーラム 〜中部経済産業局〜
 北陸地域の多彩な企業・団体が提案公募型技術開発事業における研究開発内容を発
表いたします。また、地域クラスター(産業クラスター計画、知的クラスター創成事
業、都市エリア産学官連携促進事業)の現状を発表いたします。
【日時】平成16年2月27日(金)13:00〜17:30
【場所】名鉄トヤマホテル(富山市桜橋通り2−28)
【内容】◆挨拶(13:00〜13:30)◆基調講演(13:30〜14:30)畑村洋太郎氏(工学院大
学教授、東京大学名誉教授)「失敗学のすすめ」
◆成果発表会<3会場>(14:45〜16:20)◆特別講演(16:30〜17:30)唐津    一氏
(東海大学名誉教授)「オンリーワン企業の新法則〜ものづくり企業の現場に見る」◆研
究成果展示<ポスターセッション>(13:00〜17:30)
【照会先】中部経済産業局 電力・ガス事業北陸支局
北陸産業支援室 茅山(かやま)、種村  TEL:076-432-5518  FAX:076-432-5526
--------------------------------------------------------------------------------------
●課題対応技術革新促進事業成果報告会 〜中小企業総合事業団〜
 中小企業総合事業団では、2月20日から3月4日に全国9会場において課題対
応技術革新促進事業の成果報告会と支援制度説明会を開催します。
中部地域においては、下記のとおり行われますので、御案内いたします。
【日時】平成16年3月4日(木)13:30〜16:00
【場所】愛知芸術文化センター            アートスペースA(名古屋市東区東桜
1−13−2)
[報告企業]原田シール技研(株)、(株)みつわポンプ製作所
詳細及び参加申し込みについては、下記HPを御参照ください。
http://kadai-seika.jp/
===================================================================
□□イベント情報□□
掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。また、
イベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせ下さい。
===================================================================
●ベンチャーエキスポ  2004 イン 名古屋 〜(社)中部経済連合会ベンチャービ
ジネス支援センター、北陸経済連合会北陸STC事業部〜
 中部エリアにおいて、中小・ベンチャー企業に対して支援活動を行う民間ベン
チャー支援組織が連携・協力し、ベンチャービジネスの博覧会を昨年に引き続き開催いた
します。  ベンチャー企業家、大企業社内ベンチャー、企業内ベンチャーの皆様及び
これを取り巻く産・学・官に関係している皆様に交流を深めて頂くことにより、個々
の活動の融合と発展を願うものです。この中で、中経連と北経連が合同で支援ベン
チャー企業の展示・発表会を下記のとおり開催いたしますので、関係箇所にもご案内頂
き、多数ご来場賜りますようお願い申し上げます。
【日時】平成16年3月9日(火)11:00〜17:00
    (17:00〜18:30 合同ライトパーティー)
【場所】名古屋国際センター 別棟ホール(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)
【費用】無料
【内容】「ベンチャー企業の製品・パンフレット展示(30社)」
     「ベンチャー企業の事業内容プレゼンテーション(20社)」
     「ベンチャー支援機関のパンフレット展示コーナー」
    ※ 合同ライトパーティー 17:00〜18:30(3F第一研修室)

【照会先】(社)中部経済連合会 ベンチャービジネス支援センター
     担当者:井上 TEL 052-950-7855  FAX 052-962-8090
http://www.vbsc.net/ve2004/chvtenji.pdf
http://www.vbsc.net/ve2004/ve2004nagoya.pdf
【同時開催】
  ・コミュニティビジネス調査報告会
   (主催:NPO法人 起業支援ネット 場所:別棟ホール会議室)
  ・あいちベンチャーハウス入居者展示発表会
   (主催:(社)中部経営情報化協会 場所:4F第一展示室)
  ・民間ベンチャー支援機関連絡会 合同企業展示会(場所:4F第二展示室)
【併催】第2回 東海ものづくり創生協議会「商談会」
   (主催:東海ものづくり創生協議会 場所:4F第三展示室・第三研修室)
-----------------------------------------------------------------------------------
●第49回 CSTCフォーラム『新しいモノづくりをめざして』
〜(財)中部科学技術センタ−〜
 資源に乏しいわが国では、これまで優れた「モノづくり」により成長・発展
し、豊かな社会を実現してきました。しかしながら、発展途上国の台頭や経済のグローバ
ル化が進展するなか、「モノづくり」も従来の「大量生産の時代」から、環境にやさ
しく、高性能・高品質で独創的な製品の数々を需要に迅速・柔軟に供給出来る「高度なモ
ノづくりの時代」へとその転換が求められています。
 そこで、本フォーラムでは、「新しいモノづくりをめざして」をテーマに
1)モノづくり産業で進みつつある多品種少量の生産形態に、高い柔軟性と即応性を備えた
次世代生産システムとして注目されるホロニック生産システムについての研究開発の
現状と将来展望  2)工業製品にとって永遠の課題として不断に追求されるべきテーマ
である軽量化・低コスト化についての先進複合材料面から見た最新技術の動向と可
能性について、最先端でご活躍中の講師をお招きしご講演いただきます。多数の皆様の
ご参加をお待ちいたします。
【日時】平成16年2月27日(金) 14:00〜17:00
【場所】名古屋 栄ガスビル4階〈A・B会議室〉(中区栄三丁目15−33)
【内容】◆14:00  開会 ◆14:10  講演T 「次世代生産システム、ホロニック生産
システムの現状と展望」講師  杉村延広氏 大阪府立大学大学院工学研究科 機械系
専攻 教授 ◆15:30  休憩 ◆15:40  講演U 「複合材料による軽量化・低コスト
化の現状と将来」講師  轟 章氏 東京工業大学大学院理工学研究科 機械物理工学
専攻 助教授 ◆17:00  閉会
【費用】無料 【定員】100名
【申込方法】所定参加申込書に必要事項をご記入の上、2月20日(金)までに
FAXにてお申し込みください。
【申込先】(財)中部科学技術センター(担当:大沢)〒460-0008 中区栄2-17-22
 TEL 052-231-3043 FAX 052-204-1469
http://www.cstc.or.jp/index/jigyou/cstcforum/cstc49.htm
----------------------------------------------------------------------------------
●若手研究者のためのフォーラム 〜BLS中部〜
カーネギーメロン大学ロボット研究所を世界最大にした金出武雄教授、世界的なロボッ
ト工学の権威である福田敏男教授を迎え、若手研究者と共に『次世代のロボッ
ト』『研究者の意義』について考える。
【日時】3月8日(月)13:30〜
【場所】名古屋大学インキュベーション施設 プレゼンテーションルーム
【内容】◆13:00〜 受付 ◆13:30〜 第1部『ロボット工学の未来像〜
アトムの先に見るもの〜』戦後の実用的な研究開発が始まり、半世紀に渡って目覚し
い進歩を遂げたロボティクスは,常に21世紀という未来のビジョンのもとに研究開発
が行われてきた。そして21世紀となった今、ロボット工学の専門家がこの先に見て
いるものは何かを明らかにする。
対談形式 カーネギーメロン大学教授 金出武雄教授
     名古屋大学工学研究科教授 福田敏男教授
◆15:00〜 休憩 ◆15:15〜 第2部『研究者とは〜世界と日本〜』 金
出教授の著書『素人のように考え、玄人として実行する』をテーマに、先を歩く先輩
研究者と、次世代を担う若手研究者が、共に、『研究とは如何にあるべきか』、『研究者
のあるべき姿』について考える。
討論会形式 カーネギーメロン大学教授 金出武雄教授
      名古屋大学工学研究科教授 福田敏男教授
【費用】学生無料、社会人 1,000円【定員】70名(要申し込み)
【対象】大学並び企業研究者、理工系学生、他
【申込方法】件名に、「若手研究者のためのロボットフォーラム」と明記のうえ、所属・
身分・氏名・人数をご記入頂き、事務局(kaorin@infonia.ne.jp)まで、お申し込み下さい。
【照会先】BLS中部:企画担当 堂田丈明(t-dohda@m3.dion.ne.jp )
http://www.tit-bls/~chubu
-----------------------------------------------------------------------------------
●「シリコンバレーと日本における技術者のキャリアモデル」〜BLS中部〜
 シリコンバレーと日本の研究者は、どこがちがうのか?研究者のキャリアは、どう
やって決めてればよいのか?など、若手研究者と共に考えます。
【日時】3月6日(土)17:30〜
【会場】名古屋大学経済学部 2階 第1会議室 231
【講演者】八木 博 氏(工学博士)IMCA America Inc. Executive Director
 [略歴]1977年東京大学にて工学博士号取得。三菱化成(現三菱化学)入社。95年
Verbatim社出向に伴い渡米。97年よりシリコンバレー在住。専門分野はバイオ、
有機合成化学化学、IT、複雑系ロジックを応用した新経営哲学の構築、ゲノ
ム創薬システムの構築と人材育成。
【定員】50名(要申込み)【費用】無料
【申込方法】件名に「シリコンバレーと日本における技術者のキャリアモデル」とお
書き添えの上、所属・身分・氏名・参加人数をご記入頂き、kaorin@infonia.ne.jp
まで、お申し込み下さい。
【照会先】BLS中部担当:梅舘拓也(takuya@stat.cse.nagoya-u.ac.jp )
http://www.tit-bls/~chubu
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
                  (事務局)中部経済産業局新規事業課
                        編集担当者 冬柴
                        TEL:052-951-2761
                        FAX:052-950-1764
                        E-mail:qchbns@meti.go.jp
                   「ベンチャー広場」会員登録・変更に
                   ついては、こちらまでお願いします
                  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆(^_^)◆◇

NEW!!
【最新号】
バックナンバー
【Vol.103】
【Vol.102】
【Vol.101】
【Vol.100】
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764
番組等へのご意見ご要望は mail:suggestion@fmokazaki.jp
ホームページの問合せは mail:webmaster@fmokazaki.jp
Copyright:(C) 2001 FM-Okazaki All Rights Reserved.