FM おかざき Home Page 76.3

MEDIA
├メルマガ・かわら版
├ HOME
├CATV
├コミュニティFM
├タウン誌
├口コミ情報
├ライブ放送局

COMMUNITY
├行政機関
├ 三河地域のお店
├その他団体

番組ゲスト出演申込
番組情報配信登録


グローカル・ニュース|不定期ビジネスニュース|岡崎商工会議所 メールニュース|Election News
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
中部経済産業局ベンチャー広場 かわら版【Vol.100】
  http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/index.htm
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★■2003/ 11/18 1430部発行■★☆
◆◆トピックス◆◆
□□イベント情報□□
▼「ベンチャープラザ中部2003」開催のご案内 〜中部経済産業局、中小企業総合
事業団、中小企業・ベンチャー総合支援センター中部〜
▼「第9回セミナー」のご案内 〜NPO新産業創造研究会〜
▼「第17回事業計画発表会」開催のご案内 〜東海ビジネスドットコム〜
▼「SBIRセミナー」のご案内 〜名古屋商工会議所・SBIR推進協議会〜
▼日本福祉大学50周年記念「起業家育成フェスティバル」のご案内
〜日本福祉大学〜

□□施策情報□□
▼中小企業優秀新技術・新製品賞 〜(財)りそな中小企業振興財団〜
▼「第3回日本バイオベンチャー大賞」のご案内 〜日本工業新聞社〜
===================================================================
□□イベント情報□□
 掲載内容についてのお問い合わせは、各イベントの照会先までお願いします。ま
た、イ
ベントに参加される場合は、必ず事前に主催者にお問い合わせ下さい。
▽「イベントガイド」〜現在募集中のイベント情報はホームページで閲覧できます〜
http://www.chubu.meti.go.jp/venture/hiroba/guide.htm
--------------------------------------------------------------------------------
●「ベンチャープラザ中部2003」開催のご案内 〜中部経済産業局、中小企業総合
事業団、中小企業・ベンチャー総合支援センター中部〜
 ベンチャー企業やベンチャー創業をお考えの方々と、投資家やビジネスパート
ナー
との出会いの場を提供する『ベンチャープラザ中部2003』を開催します。業務提
携・
販路開拓等のビジネスパートナーとして、ビジネスチャンスにご関心のある方は、
ぜ
ひともこの機会にご来場ください。
【日時】平成15年11月19日(水)・20日(木)10:00〜17:00
【場所】名古屋市中小企業振興会館 吹上ホール
○ビジネスプラン・ステージ発表会(10:20〜16:30) 15〜16社/日
投資家(ベンチャーキャピタル、銀行、個人投資家など)やビジネスパートナー(技
術
提携・販路開拓など)の皆様を聴衆者として、ベンチャー企業やベンチャー創業を目
指している方々がビジネスプランを発表し、聴衆者等との質疑応答を行いつつ、必
要
な支援・協力を求める場です。1事業者あたりの所要時間は、30分(発表20分、質
疑10分)です。
○個別商談ブース(10:00〜17:00)
ステージ発表者による、個別ブースでの製品等展示及び商談受付。
【申込方法】下記HPからお申込みください。折り返し参加証を発送させて頂きま
す。
http://www.vp-chb.jp
【申込先】「ベンチャープラザ中部2003」事務局
〒460-0002  名古屋市中区丸の内3丁目16番29号
TEL:052-951-3993  FAX:052-951-3994  jimukyoku@shinto-tsushin.co.jp
【照会先】中部経済産業局産業企画部新規事業課
〒460-8510  名古屋市中区三の丸2丁目5番2号
TEL:052-951-2761(直通) qchbns@meti.go.jp
【同時開催】2003中小企業ビジネスフェア in NAGOYA(入場無料)
http://www.bf-ngy.jp
-------------------------------------------------------------------------------
●「第9回セミナー」のご案内 〜NPO新産業創造研究会〜
 今回は、ベンチャーキャピタルのニック(株)より、現在話題となっているベン
チャー
企業のご紹介、また、慶應義塾大学シーズと中部地区企業をつなぐ為の初の試みと
な
ります、同大学知的資産センター (IPC)と共同で、シーズ紹介を致します。
諸事ご多忙の折、まことに恐縮でございますが、何卒ご出席いただきますようご案
内
申し上げます。尚、今回のセミナーが任意団体としては最後のセミナーとなりま
す。
【日時】平成15年12月16日(火) 10:00〜19:00(開場9:30)
【場所】日本メナード化粧品(株)本社3F 会議室
(交流会 14F スカイラウンジ「ルパ」)名古屋市中区丸の内三丁目18番15号
【内容】
第1部◆10:00〜 開会挨拶 理事長 柳田博明 名古屋工業大学長
挨拶 中部経済産業局 産業企画部長 車田直昭 氏
第2部◆10:20〜 話題のベンチャー企業(新規公開企業など)2社紹介(ニック
(株)より)◆11:50〜 昼食・休憩
第3部◆13:00〜 慶應義塾大学シーズ紹介 「慶應技術移転フォーラム名古屋」
挨拶・講演 「慶應義塾大学における知的資産と技術移転の現状」
慶應義塾大学知的資産センター所長 清水啓助 氏
◆13:30〜 1.「マイクロチャネル粒子分離法」佐藤洋平 講師(分野:制御・計測)
◆14:10〜 2.「表面処理剤及び表面処理方法」朝倉浩一 助教授(分野:材料・化
学)
◆15:00〜 3.「ノンエレメントミキサー」植田利久 教授(分野:機械・制御)
◆15:40〜 4.「磁気センシング」椎木一夫 教授(分野:電気・電子)
◆16:20〜 全体質疑応答
第4部◆17:00〜 交流会
【費用】無料(交流会は3,000円)
【申込方法】12月10日(水) までに所定申込書にご記入の上FAX、又はE-mail
で申込下さい。
【申込・照会先】NPO新産業創造研究会 事務局宛
info@npo-dream.jp FAX:052-744-5351
http://www.npo-dream.jp/seminar/s009/s09_001.html
--------------------------------------------------------------------------------
●「第17回事業計画発表会」開催のご案内 〜東海ビジネスドットコム〜
【日時】平成15年11月26日(水) 14:00〜17:00
【場所】名古屋商科大学大学院 伏見キャンパス 3階大ホール
(名古屋市中区錦1-20-1   TEL:052-203-8311)
【内容】はじめに 14:00〜14:10 開会の挨拶・コメンテーターのご紹介
ビジネス・プレゼンテーション(プレゼンテーション30分、公開支援会議30分)
14:15〜15:15 (株)フェイスイン(女性専用フェイスシェービングサービス)
15:30〜16:30 (株)エーエムアール(微生物検査キットの研究開発及び販売)
16:30〜17:00 名刺交換会
【対象者】東海地区の企業経営者、投資家、公的機関、プレス関係者、学生等。
【費用】無料(要事前予約)【定員】130名
【申込方法】「第17回事業計画発表会参加」とお書き添えの上、御会社名・部署・
役職・氏名・参加人数をご記入頂き、メール又はFAXでお申込み下さい。
【照会先】東海ビジネスドットコム・ベンチャーサポート事務局
担当:高村・上坪・高矢 〒460-0003 名古屋市中区錦2-20-8 東栄ビル2階
TEL:052-219-5725 FAX:052-219-5726 venture@tokai-business.com
http://www.tokai-business.com/
--------------------------------------------------------------------------------
●「SBIRセミナー」のご案内 〜名古屋商工会議所・SBIR推進協議会〜
 SBIR(中小企業技術革新制度)は、技術開発力を有する中小企業を活性化
し、
新規産業・雇用の創出を強力に推進するため、関係省庁が連携し、中小企業の技術
開
発から事業化まで一貫して支援するものでございます。
 今般、名古屋商工会議所では、SBIR推進協議会(事務局:日本商工会議所
内)
との共催で同制度の啓発普及、及び会員企業の皆様の利用促進を目的に、下記の通
り
セミナーを開催することといたしました。
 つきましては、何卒ご参加いただき、貴社の技術開発にお役立ていただきますよ
う
ご案内かたがたお願い申し上げます。
【日時】平成15年12月4日(木) 14:00〜17:00
【場所】名古屋商工会議所 3階 第5会議室
【内容】(1)日本版SBIR制度の概要と補助金の説明<中小企業庁>
    (2)補助金の説明<中部経済産業局>
    (3)事例発表 @西島(株)(豊橋市) A(株)マクシス(名古屋市中区)
    (4)研究開発企業の経営計画の立て方
    (株)日本エム・シー・エー 代表取締役 妹尾晶夫 氏
【費用】無料 【定員】120名
【申込・照会先】名古屋商工会議所 中小企業振興部 安部・土江
 〒460-8422 名古屋市中区栄二丁目10-19 TEL:052-223-5749
-----------------------------------------------------------------------------
●日本福祉大学50周年記念「起業家育成フェスティバル」のご案内
〜日本福祉大学〜
【日時】平成15年12月4日(木) 13:30〜16:45
【場所】(社)名古屋銀行協会 5階大ホール(名古屋市中区丸の内2-4-2)
【内容】13:30:開会の挨拶
13:35:講 演「YOSAKOIソーラン祭り〜街は舞台だ!日本は変わる〜」
長谷川 岳(はせがわ がく)氏
(YOSAKOIソーラン祭り組織委員会専務理事、株式会社yosanet取締役)
14:20:日本福祉大学2003年度ビジネスプランコンテスト決勝プレゼンテーション
15:20:休憩
15:35:講 演「ソーシャルベンチャーの有望性について」
奥村 昭博(おくむら あきひろ)氏 (日本福祉大学マネジメント・スクール校
長、
慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授)
16:20:ビジネスプランコンテスト審査発表及び講評
閉会の挨拶 日本福祉大学学長 宮田 和明
16:45:終了
【対象者】東海地区の企業経営者、企業新規事業企画開発担当者、学生、近年注目
さ
れる社会的価値の高いベンチャービジネスに関心のある方
【費用】無料 【定員】150名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
【申込方法】「日本福祉大学起業家育成フェスティバル参加」とお書き添えの上、
貴
団体名、部署、役職、氏名、参加人数、ご連絡先をご記入いただき、メールまた
は、FAX
にてお申し込みください。
【照会先】日本福祉大学学務部学習支援・キャリア開発課 担当:佐野
〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田 TEL:0569-87-2321   FAX:0569-87-2273
career@ml.n-fukushi.ac.jp
------------------------------------------------------------------------------
□□施策情報□□
●「第3回日本バイオベンチャー大賞」のご案内 〜日本工業新聞社〜
「日本バイオベンチャー大賞」は、「科学技術創造立国」の実現こそ21世紀におい
て日本が進むべき道と提唱する日本工業新聞社が、“バイオで拓こう新世紀”を
キャッ
チフレーズに創設した表彰制度で、2002年3月6日に第1回、2003年2月5日に第2
回の授賞式を大阪で行いました。バイオテクノロジーをベースに果敢に新たな時代
を
拓こうとするベンチャー企業の独創的な研究開発、将来性に富むビジネスモデル、
斬
新なバイオ関連機器・事業などを顕彰します。
【表彰内容】日本バイオベンチャー大賞(グランプリ)、経済産業大臣賞、文部科
学
大臣賞、バイオインダストリー協会賞、日本工業新聞社賞、近畿バイオインダスト
リー
振興会議賞、大阪科学機器協会賞
【募集期間】平成15年11月10日(月)〜12月4日(木)
【審査】第1次審査 平成15年12月9日(火)(応募書類による審査)
    第2次審査 平成16年1月15日(木)
【発表】平成16年1月19日(月)予定
【授賞式】平成16年2月3日(火)=賞金・副賞を授与
【応募資格】@優れたバイオ技術、製品を保有し、その製造、販売を行うベンチャ
ー企業(企業内ベンチャー、学内ベンチャー含む)A優れたバイオ研究開発支援機
器・
システムを製造または販売するメーカー、商社
【対象分野】●バイオテクノロジーをベースにした医療・医薬・健康関連の製品・
機器・システム●遺伝子・タンパク質・微生物など生命科学関連技術の製品・機器・
システム●バイオテクノロジーをベースにした農業・水産・食品関連の製品・機器・
システム●バイオテクノロジーをベースにした環境浄化・リサイクル・エネルギー・
新材料・生産プロセス関連の技術・製品・システム    ●バイオテクノロジーとITと
の
融合技術・機器・システム
【審査方法】●第1次審査:バイオ技術・製品・システム・ビジネスモデルの「新
規性」「市場性」「将来の社会的貢献度」などに留意して、応募基準の充足性およ
び
審査項目を加点法で審査●第2次審査:第1次審査を通過した応募者を対象に、次
の基準に照らして総合的に判断し、各省の受賞者を決定する
【申込・照会先】「日本バイオベンチャー大賞」事務局
〒540-8277 大阪市北区梅田2-4-9 日本工業新聞大阪本社
TEL:06-6343-3213 FAX:06-6341-4773
---------------------------------------------------------------------------------
 ●中小企業優秀新技術・新製品賞 〜(財)りそな中小企業振興財団〜
中小企業が開発した優れた「新技術・新製品」と「新ソフトウエア」を表彰する。
【対象】
[技術・製品部門]新技術・新製品を自ら開発した未上場の中小企業、個人事業主お
よ
び異業種交流等のグループや組合。平成15年中に開発を完了、あるいは販売を開始
した新技術・新製品。
[ソフトウエア部門]新ソフトウエアを自ら開発した未上場の中小企業、個人事業主
及
び異業種交流等のグループや組合。平成15年中に販売を開始した汎用ソフトウエ
ア。
【支援内容】
[技術・製品部門]中小企業庁長官賞(副賞100万円)、優秀賞(副賞100万円)、優
良賞(副賞30万円)、奨励賞(副賞10万円)
[ソフトウエア部門]優秀賞(副賞100万円)、優良賞(副賞30万円)、奨励賞(副賞
10
万円)
【公募締切】〜平成15年12月22日
【照会先】(財)りそな中小企業振興財団 TEL:03-3444-9541
http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu1.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今号でこのメールマガジンも遂に100号を迎えることが出来ました。
これも皆様のご愛読の賜物と心よりお礼申し上げます。
これからも皆様のご期待に応えるべく、企画・構成に邁進してまいりますので、
引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
                           編集担当 冬柴
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


                  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
                  (事務局)中部経済産業局新規事業課
                        編集担当者 冬柴
                        TEL:052-951-2761
                        FAX:052-950-1764
                        E-mail:qchbns@meti.go.jp
                 「ベンチャー広場」会員登録・変更については、
                   こちらまでお願いします
                  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆(^-^)◆◇
NEW!!
【最新号】
バックナンバー
【Vol.99】
【Vol.98】
【Vol.97】
【Vol.96】
【Vol.95】
【Vol.94】
【Vol.93】
【Vol.92】
【Vol.91】
【Vol.90】
【Vol.89】
【Vol.88】
【Vol.87】
【Vol.86】
【Vol.85】
【Vol.84】
【Vol.83】
【Vol.82】
【Vol.80】
【Vol.79】
【Vol.78】
【Vol.77】
【Vol.75】
【Vol.74】
【Vol.73】
【Vol.71】
【Vol.69】
【Vol.68】
【Vol.66】
【Vol.65】
【Vol.64】
【Vol.63】
【Vol.62】
【Vol.61】
【Vol.60】
【Vol.59】
【Vol.58】
【Vol.57】
【Vol.56】
【Vol.55】
【Vol.54】
【Vol.53】
【Vol.52】
【Vol.50】
【Vol.49】
【Vol.48】


HOME

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764
番組等へのご意見ご要望は mail:suggestion@fmokazaki.jp
ホームページの問合せは mail:webmaster@fmokazaki.jp
Copyright:(C) 2001 FM-Okazaki All Rights Reserved.