FMおかざき76.3MHz



2007年5月17日掲載

「地産地消」にも貢献を

早川勝博
【和田屋 社長】

質問1.自社の最近の情報
  2.ほっとする時間
  3.こうなってる!2020年の岡崎

  1.  祖父の善一が敷島パンで技術を学び、昭和8(1933)年、伝馬通りで岡崎パンとして創業しました。その後、康生通りで喫茶店「和田屋」を開業。41年には赤渋町にオカザキ製パンの本社工場を移転し、敷島パンと業務提携しました。現在、パンの直売店「リーベンデリ」と、レストラン・喫茶部門の和田屋を3店舗、焼肉の「豊造」6店舗などを展開。市内をはじめ豊田市、犬山市などでも学校給食を扱っています。食の安全、安心には「これでいい」ということがありません。ハード面はもちろん、従業員の教育にも力を入れています。また新商品を開発する中で、地元で採れたものを地元の人たちに食べてもらう「地産地消」にも貢献したいと思っています。

  2.  おいしい日本酒に出遭ったとき。

  3.  歴史と文化のかおりがする街づくりが大切。家康に関連した街とネットワークをつくり、生誕の地・岡崎にふさわしい新しい土産物も生まれてほしい。

BACK
 

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764