FMおかざき76.3MHz



2007年1月11日掲載

食育を進め魚に関心を

鈴木康夫
【岡崎中央魚市場 代表取締役】

質問1.自社の最近の情報
  2.ほっとする時間
  3.こうなってる!2020年の岡崎

  1.  昭和55(1980)年に設立しました。バブルのころで、正月2日間でタイが200匹から300匹も売れました。今では取扱量は半減です。
     今の子どもたちは魚のことを知らない。小学生が社会見学に来ますが、「この魚が回転すし店で食べたものです」と説明すると納得して帰っていく。それに骨のあるものは食べない。魚はヘルシーで栄養価の高い食べ物です。もっと食育を進めて魚に理解を深めてほしい。
     未明の3時30分に起床して名古屋中央卸売市場に買い出しに行く。相場は毎日違いますから、緊張します。

  2.  夕方、後片付けが終わった時。家に帰って日本酒を飲むときが一番のリラックスタイムです。

  3.  大学の先生たちと産学交流が進んでいますが、やはり行政の力が大切だと思います。岡崎はなんといっても徳川家康ゆかりの地です。観光客を誘致して個店が活性化すれば、まちににぎわいが戻ると思います。

BACK
 

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764