FMおかざき76.3MHz



2006年12月14日掲載

環境への取り組み課題

石川 敏
【石川包材産業 代表取締役】

質問1.自社の最近の情報
  2.ほっとする時間
  3.こうなってる!2020年の岡崎

  1. ちょうど40年前、21歳のとき「石川紙業」として創業しました。紙の袋が中心でしたが、ポリエチレン、トレイなどが出回るようになり、そうしたものを取り入れてしだいに業績が伸びました。岡崎は個店が多い街でしたが、大型店の進出で少なくなり、代わって企業などに販路を拡大しました。
     包み紙は、家庭料理で言えば“調味料”のようなもので、目立たないが必要不可欠です。紙などは焼却処理できますが、生ごみは難しく、量も多くなっています。環境への取り組みが課題です。その一つとして2年前から企業向けの生ごみ処理機を販売しています。これからも、使ったあとは自然に返る環境にやさしい商品を扱っていきたい。

  2. 仕事でも趣味でも熱中している時。切り替えは早い方です。

  3. 岡崎城が見えるところにホテル、あるいはコンベンションホールが建っている。国道1号を迂う回して市内を一周できる外周道路が出来ている。

BACK
 

〒444-8691 愛知県岡崎市羽根町若宮30番地1
株式会社 エフエム岡崎

Tel:0564-55-8763 Fax:0564-55-8764